特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 うちの長男が中学受験をするらしい。そのためさまざまな事柄を、親が書かなければならない“申請書”の提出を求められているらしい。

e0046467_21384507.jpg


図々しくも長男が、日ごろの在り方の反省もせずに、それを書いてほしいとお願いしてきたので

「書くのは嫌だ!」

と言ったら

「それでも親か?」

みたいなことを言うので、1時間ほど説教をしておいた。

「お前は落ちたほうがいいと思っている」

と言うと、さらに

「それでも親か?」を通り越して「それでも人間か!」

のような表情をするので、大きく頷いておいた。



 そんな目先の利益しか考えていない人たちに、今日は是非に伝えておきたいことがある。

それは物事は必ず長期的視点で利益を目指せということだ。


目先の小さな利益や欲望は、長期的には損失を生じることのほうが多い。一時の大きな利益は、その後の人生や会社の運命を、全く不幸にしてしまうことなどざらにある。

人生ここが勝負というときに、100万円を惜しむ人は100万円に泣き、さらに大切な機会を失う。

目先の損得に飛びつかず、100万円を投資し新たな未来や機会を生み出す。すなわち可能性を生み出す。

自分のね。


極端な話、人生は小さなベストの合計が全体のベストと一致しない。かなり目減りすると思っておいたほうがいい。どこかの球団のようにスターばかり集めたからといって、必ずしも勝つわけではないということだ。


最善x最善x最善、、、、、、=最善

ではない、ということ。


パズルのように、雄ネジと雌ネジのように、上手く役割をかみ合わせた補強や協力、共生関係がはたらくと、より強固なチェーンを生みだす。

e0046467_17090254.jpg

もっと言うと、ある最善は別の最善を消費する、減力する。

例えば、年間100試合に出場することによって最高の成績を残せる人が、他のベスト選手に押し出されて30試合しか出場するチャンスをもらえなければ、その活躍はかなり目減りするということだ。


 私の考えとして、何事も全力で取り組める人間はその時点で救われているといえる。

試験に落ちようが、就職できなかろうが、それはその人にとってまずベストの結果を受け取っていると思っていい。もちろん、長期的な。

本気でやったけど医者になれなかったというのは、私から見ると“医者になる必要がなかった”と考えられる。

ちょっとした努力で結果を手に入れるよりは、一生懸命努力して失敗するほうが、得るものははるかに多いし、失うものははるかに少ない。

適当にやって結果を手に入れたということは、もともと低い跳び箱を飛んでいたに過ぎない。時間の無駄使いだ。


長期的な視点でー、

といっても未来のことは見えないし分からない。もちろん保証などどこにもない。

もしも疑うのなら、目先の利益に飛びついていればいい。

信じられないのは私の意見ではなく、自分の未来だと自覚をするのだ。


うちの子も本気で毎日それに向き合っていたら、黙って申請書くらい書いたんだけど。


とにかく、一旦立ち止まって、

本当にそれが必要なのか?

それを本当に求めているのか?

長い目で見たとき、自分はこのことによってどうなるのか?

本当はどうなりたいのか?

しっかりと自分に聞いてみたほうがいい。

胸に手を当てて自分に聞くんだ。

私の人生は本当にそれを求めているのか?と。


 60分間の我が子への話の中で私が伝えたことは、“親は本質的に子どもに伝えることは一つしかない”ということ。

それは、この世の真理の姿をわが身を通して子に見せること。


情けは人の為ならず。

自分と同じように人を大切にする人は人から大切にされる。

世の中を幸せにした人が幸せになれる。

奪う者は結局、損をする。

などなど、、。


これらのことを話し続けた。


生きてる時代も違えば、影響を受けたものも違い、未来も全く違う。

それを親たちは自分が未来でも見通しているかのごとく、子どもを自分の価値観に縛り付けようとする。

10年後のことも全く分からないくせに、こうすれば将来安全だし安心だと宣言する。

そして子も、それに従うことで安心する。

そのときは。


子どもの生きていく時代のことは親には分からないのだから、子どもの感性に任せる。

それが正解ではないのか?

そう子どもに伝えた。

e0046467_17251151.jpg

「お前の人生は今から自分で決めろ。親に従うことは正解ではないと思う。」

たった12歳の小学生の子どもに、そう伝えた。

親がそうしてほしいから受験をしたり、公務員になったり。

親想いのいい子だけど、本当にそれでいいのか?

親がいなくなった後も人生永い間続くぞ?!


本当に受験したいのか?

それはなぜ?

本当に公務員になりたいのか?

それはなぜ?


それを自分の心に手を当てて聞いてみて。

それで心がそういうならば、もちろん損得はなしで、そのまま進めばいいと思う。

しかし、少しでもわだかまりがあるのなら、一旦止まってみるべし。

期限までにそれが解決されないならば、それはやはり進むべき道ではないと思う。



 器の小さい人間は、その小さな器に人を無理やり押し込もうとする。

気をつけないと。

もちろん、自戒もこめてね。

大体、持ってる時間それ自体が、可能性の塊みたいなものでしょ。


私には残りせいぜい30年の時間しかないけれど、AI時代の長男には残り90年の時間がある。

時間は三倍だけど、それっていったい何倍の可能性の差なんだろう?





by japanheart | 2017-12-26 19:27 | 子どものこと | Comments(1)
『ものごとの達成には二つの能力の結合が必要だと思う。』


先日、ミャンマーで長い手術を終えた深夜1時頃、スタッフたちを集め、話した内容だった。



 こんな果てまで、お金と時間を使ってやってくる人たちがたくさんいる。

「人の役に立ちたい」「自分を変えたい」「もっと自分の能力を開花させたい」と願ってやってくるのだろう。

深夜まで働いて彼らはすっかり疲れ切り、私の話を子守唄に居眠りをはじめる者までいる…。


その様子を見てふと思うのだ。

この人たちは大して人の役に立つこともなく、自分をさほど変えることもできず、能力も大して開花などしないのだろう…と。


なぜかって?

それは、彼らが決定的に勘違いしていることがあるからだ。

スポーツの選手じゃないのだから、体力を鍛えても仕方がない。

もっというと、スポーツも究極は同じなのだが。


体を動かし働いたと勘違いしている。

満足している。

そりゃ、“感じ”としてはそうかもしれないが、歳をとれば体力なんてものは、当たり前のように落ちていく。

20年もすれば、若い人たちに比べて働けなくなった自分を見て、きっと落ち込むことだろう。


昔は私もすごい働いた。

しかし、私はもう若くないから、、、

と自分に言い聞かせながら。


それじゃ、何を鍛えればいいのか?

身体じゃなくて何を?



脳を鍛える!


これに尽きる。


e0046467_18280171.jpg


脳を如何に鍛えるのか?

すべての人生の成果はこの一点にかかっているのだ。



ミャンマーの医療現場は、脳を鍛える場所であって、身体を鍛える場所ではない!

脳を鍛えるには?

脳を鍛えるには?

脳を鍛えるということは?

「この状況で、脳を鍛えるというのはどうすることなのか?」


といつも自問自答していなければならない。

身体をマニュアルや経験に沿って動かしているだけなんて、どうかしている。

そして疲れ切って居眠り…。脳を、ここぞ!というときに休眠させているなんて正気の沙汰ではない。



海を渡りここまできて、少なからずお金や時間を使って、この場所で自分の人生に向き合っていこうと本気で思っている人間に、私は、目先のテクニックや知識など、そんな安っぽいものを学んで帰ってほしいなんて、微塵も思っていない。

たとえそのとき、辛い思いをして、惨めになっても、あるいは挫折を味わったとしても、一生を通じて宝になるような経験や知恵を身につけてもらいたいと思っている。

そのためには、素直な心、謙虚な心、学ぶ姿勢を用意しなければならない。ねたみや比較など、つまらない過去の自分の殻に閉じこもって動かないような人間には、学ぶ資格すらない。

時間とお金がもったいない。


「ここを掃除しろ!」といわれれば、「なんで掃除しないといけないのですか?」と聞く前に掃除を始める。

掃除をしながら、なぜ私は「掃除をしろ!」といわれたのかを考える。そして、必死に考え、わからなければ聞く。

そういう姿勢が大切なのだ。


前置きが長くなったが、それを持っているという前提がなければ、以下、あえて読み進める必要はない。




 『ものごとの達成には二つの能力の結合が必要だと思う。』


e0046467_17532777.jpg


 一つ目は「気づきの力」。

これが低いとその時点で成果は望めない。

気づきの力とは、情報力であり、感度であり、予想力である。自分の内部世界の変化を興す力。

これが突き抜けると、後に出てくる2つ目の力が弱くても、まず成功すると思う。

しかしその場合の、突き抜けた気づきの力は、通常の力とは次元が違う。突き抜けたその力を例えるとすれば、いつもすごい占い師がついているような状態だといえるかもしれない。つまり、多くの人にはわからないし持つことはできないのだ。


 ある手術を、経験豊富な医者と若い医者が行っている。

このとき、二人はほぼ同じ空間でほぼ同じ画面(光景)を見ている。

ところがその同じ光景から得ている情報量には、想像をはるかに上回る差が存在する。

その情報の差を元に、次の手技が行われるとしたらー。

結果も全く違うものとなることが理解できると思う。


 一流の棋士とそうでない棋士との差も同じ。

何百手先まで読める人間と、そうでない人間が将棋を打てば、どうなるのか?


 ある患者のベッドサイドへ行き診察したとき、能力、すなわち脳力が高い看護師とそうでない看護師では、どのような違いを患者にもたらすのだろう?


この力は鍛えることができる。

そして効率よく鍛える方法もある。

今時の人たちは、皆、恵まれて育ってきたのでこの力が弱い気がする。

この力の成長を妨げる最大の障壁は、“過去の自分”であると心得ておいたほうがいい。

また、経験の浅い人間、自分に自信がない人間、成功体験の少ない人間のほうが大きくこの力を手に入れることになる。

 

なんだか、浄土真宗の開祖、親鸞上人の悪人正機のようではないか。



 そして二つ目の力、それは動く力。

これは、自分の外部世界を変える力。

この力の発動の大敵は、時間ということになる。

時間を空ければ迷いが生じ、力が弱まる。

思いや意志もエネルギーであるので、時間の経過とともに弱くなり、やがて崩壊する。

動き出すまでの時間、これは長くなってしまってはいけない。もちろん動き出してからも、そのスピードが遅いと、ゆっくり振り下ろした刀のように切れが悪いのだ。

心と身体がともに刀に乗り、一気に振り下ろす。そういうイメージのあり方がいい。

この二つ目の力も効率的に鍛える方法はある。


この一つ目と二つ目の力は別々に存在し、別々に鍛えることとなる。

この二つの力はまったく性質の違う別物なのだ。

だから、別々に鍛えなければならない。


だが、その合力で事を成す。


e0046467_17524043.jpg


ネクラだとか、内気だとか、はずかしがりやだとかいって、嘆く必要もない。

やれば、どちらの脳力も上げることができる。


たとえば、うちの次男は一つ目の力は優れているのに二つ目の力がかなり平均を下回る。

ところが長男はまったく逆。

それぞれの性質や性格の違いからであろう。

それが理解できていると、どちらに重点を置いて導いていけばいいのか、どんなアドバイスや励ましを与えればいいのかもわかってくる。




本当に自己変革する、自己の可能性開花したい、目先の薄い成功や知識や技術ではなくて本当に役に立つ実力を付けたいというのならば身体以上に脳を使う必要がある。
身体以上に使える脳を用意する必要がある。

だからこそ、脳を鍛える。


脳を鍛えにきたのだと理解していない人間は、ただ身体を動かしてここを去っていくことになる。




by japanheart | 2017-12-13 18:23 | スタッフと想い | Comments(0)