「ほっ」と。キャンペーン

ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

赤ちゃんの運命

赤ちゃんの運命

 はじめに講演会のお知らせ。

 
【吉岡秀人講演会・開催】今、伝えたい「生きること」

日 時 2014年12月8日 月 16 30 18 00 開場 16 10 会 場 早稲田キャンパス 国際会議場第一会議室

 
さて、本日のブログですが、
 
 先日、2ヶ月の赤ちゃんのヘルニア(脱腸)の手術をした。

 病院側の麻酔に対する不安感のために私は手術を別の先生に任せ、麻酔のサポートに入ることにした。
 手術は、時間は大きい子どもよりも少しかかったが無事に終了した。

 しかし術後から、39度の発熱に悩まされる。
 術後の感染を疑い、抗生物質を投与する。
 2日後、解熱。
 ひと安心した。そして私はラオスに手術に向かう。

 3日後、ミャンマーに帰国。
 昨日はから再び39度の発熱状態だと言う。

 手術中に私たちが予期せぬ出来事が起こっていたのか??
 針で腸を刺したのかも??
 何らかの理由で腹水に感染が?
 点滴からの感染か?
 抗生物質アレルギーによる発熱か??
 
 お腹の触診所見はそんなに悪くないのになぜにこんなに熱が出るのだ??

 一体、熱の原因はどこにある???

 理屈がつながらない?
 何かを見落としている?

 子どもは既に1週間以上の発熱期間になり、ミルクを飲む力も弱まってきている。
 今日は一日中寝ている。

 親の顔もまさに不安に包まれている。
 このままでは大変なことになるのではないのか?

 レントゲンをとる指示を出す。
 一度目のレントゲン。
 子どもを横にした状態で撮影する。
 私が望んでいなかった体位での撮影で、ほしかった情報が集まらない。
 再び、スタッフに赤ちゃんを支え立たせた状態での撮影のレントゲンの指示を出す。
 夜、レントゲンを見せるように言うと、今日は撮れなかったという。
 医師と一緒に説明したが親が取りたがらなかったと言うではないか、、、。

 私は、そのスタッフに怒ったんだ。
 何かあったらお前が責任取れ!と言ったんだ。
 こっちは、もしもの状態を恐れながら一日中、子どものことを考えている。
 医学的にそれは大切な情報だという認識がないのだ。
 もしかしたら命を左右する大切な検査になるという認識もない。
 こっちは必死だった。
 申し訳ないけど親の一時的な感情に付き合っているほどこっちには余裕も能力もないのだ。

 そしてレントゲンが返ってきた。
 サブイレウス!(不完全腸閉塞)
 これか!!!
 ようやく熱源を突き止めたと思った。

 生まれつき腸の神経が一部欠損している病気(ヒルシュスプルング病)という病気の軽症タイプではないかと疑わせた。
 腸の神経がないと腸が動かず便がたまり、そこに細菌が繁殖し激しい腸炎を起こし、敗血症で亡くなる可能性もある。
 流れの悪い水溜りに薬をまいてもばい菌が繁殖するように、腸の中の細菌が異常繁殖するのだ。

 私は翌日日本に帰らねばならない。
 ぎりぎり間に合った!
 言葉の問題から私たちに上手く伝わっていない情報があった。
 実はこの赤ちゃん、生まれつき便が出ないために人工肛門を手術をして造られる予定だったらしい。
 親はそれを嫌がって無理やり病院を退院してきていたらしい。
 なんと、私がようやくこのこの熱源に気付いたその夜に家族がその時の入院中のレントゲンを持ってきたのだ。(早く言ってくれよ!!!と思った。)

 腸の動きをよくするためにいくつかの処置を行い便通は劇的に改善した。

翌日から一切熱も下がり、元気に先日退院していった。

 言葉の問題、習慣の問題、風俗の問題から上手く情報が集められないことはしばしばある。
 そのために医療のリスクは格段に上がる。

 それでも止められない。

 1週間、こっちもよく寝れなかった。
 本当に人の命を預かる仕事は気が重い。

 
 

 
by japanheart | 2014-11-24 10:42 | 病と人間 | Comments(0)

いのちの行方

いのちの行方

 今日はある青年の話をしなければならない。
 この青年は生まれたときに膀胱が破裂し、ペニスも真っ二つに割れしかも、しかもかなり小さな大きさしか生涯にわたってもてない運命にあった。
 膀胱からは尿がダダ漏れで、いつもおしっこの臭いがしていた。
 手術も何度も受け、多くの時間を病院で過ごさなければならなかっただろう。
 尿道括約筋というものが生まれつき欠損しているせいで、破裂した膀胱は治せても尿は漏れ続けていた。

 自分の不遇をどのように受け止めていたかは知らない。
 彼は家族から離れ、お寺に住んでいた。
 それはおそらく自分の精神の安定を保つためであったのかもしれない。
 ミャンマーでは僧侶たちは生涯、独身を通す。
 
 彼が私の前に現れ、自分の尿の漏れとペニスの修復を望んできたのはもう6年ほど前かもしれない。
 スタッフや彼の家族の協力も得て、日本での治療を行うことになった。
 ほとんど容積が30ccしかなかった膀胱は、腸を使った再建術によって生まれ変わり、二つに裂けたペニスも一つになり、尿漏れもほとんど防げるようになったものの、時々、膀胱や尿道に石ができそれで苦しんでいた。ペニスは勃起はぜず、とても小さいものだった。

 最近は尿道に留置カテーテルをいれてることが多くなった。本当は自分でチューブを尿道から日に数回、適時入れておしっこを出すとその必要もなかったが、痛がってそれをしようとはしなかったからだ。

 彼には口癖があった。
 いつも、「死にたい、死にたい」と言っていたそうだ。

私たちの治療はほぼこの時点で終わっていたと思っていた。
医学的には、既にやれるべきことはやっていたと思う。

敬虔な仏教国ミャンマーではほとんど自殺はしない。
28歳になったある日、彼は、お寺にある自分の部屋に行って少し休むと言って、しばらく部屋に来ないように周りに告げた。
ミャンマーでは、一人部屋はあまり多くないので、数人で部屋に住んでいたのかもしれない。

1時間後、誰かが様子を見に行くと、静かに死んでいた彼の肉体がそこにあった。
彼はおそらく自分でいのちを絶ったのだ。
彼は肉体のある程度の修正では救われていなかった。

 仏の道に入っている僧侶たちでもない彼はやはり、一人の男としていきたかったのだろうと思った。
 若い男たちがそうするように、女を好きになり、恋愛もして、家族も持ち、、、普通に生きたかったのだと思った。

 このとき私は「しまった!」と思った。
 彼はその程度の肉体の修復では、心が救われなかったのだと自覚したからだ。
 だから彼は死んでしまったのだ。
 こころが救われなければ肉体が救われていても、仕方ないではないか。

 ではどうしたら彼のこころを救うことができたのだろうか?
 この答えも、私にはすぐに思い当たる節があった。
 それが私の後悔をさらに大きくした。

 ”自らの肉体の不遇な経験を持つ人のこころを救うには、他者の肉体の不遇を改善し、そのこころを救う行為によって、自らのこころも救われていく。”

 これが私が、自身の人生から得た教訓だった。
 肉体の苦しみは、自身あるいは他者の肉体の救済によってのみその苦しみから解放される。
 自身の肉体が完全に救済されないならば、他者を救済していくしか方法はない。
 貧乏で、ひもじい思いをした経験のあるものは、物質的な豊かさを獲得し、自身および他者に施すことによってのみ、そのトラウマから開放される。

 彼を医療者にすべきだったと悔いた。
 看護助手ならばミャンマーの現行制度の中でも可能だった。
 
 病気をある程度治したらそれで患者は満足しているのだろうと考えるのは、よくない。
 患者のこころの中をも静かに思いやる医療者でなければ。

 この経験が、彼の死が私の中で次のやるべきことの一筋の光になると思う。


 
e0046467_0175923.jpg

 
by japanheart | 2014-11-17 00:19 | いのちの重み | Comments(1)
マイノリィティーマインド


私の中に人間が能力を開発しやすい環境というものがあるという自覚がある。
その環境とは、ひとことで言うと、マイノリティーマインド(少数派的精神状況あるいは弱者的精神環境)をもつということになる。

これは私の造語だが、これの反語なる言葉は、マジョリティーマインド(多数派的精神状況あるいは強者的精神環境)となる。
途上国で人材育成をしてみて大切なのは、もちろん個人的な情熱や能力ということもあるが、それを発揮する上でも大切な前提がある。
それがマイノリティーマインドだ。
ジャパンハートの活動に参加してくれた人間ならば分かると思うが、ミャンマーをはじめカンボジアでも、一般的なイメージと乖離するくらい現地人の中に優秀な人間が育つ。
なぜならば、彼らにはトレーニングする環境が現地人にあるにもかかわらず、マイノリティーな状況下なのだ。
多くの日本人の中の、少数の現地人という環境。
それが秘訣となる。

アジア人は一般的に日本人よりも働かないと思われている。
それはアジアという海外ではおおむね正解である。
なぜなら、彼らが自分の国で、サボっても手を抜いても自分を大甘にみてくれるの環境をよく分かっていて、それに甘えているからなのだ。

ところが海外にいるミャンマー人やカンボジア人は本国にいるその人々よりもよく働きよく学ぶ。
そして結果的に優秀な人材になる傾向が強い。
日本人だってそうだろう。
単身、アメリカやユヨーロッパなどに留学や働くために乗り込んだ人間は、そのようにがんばるものだ。
だから結果がついてくる。
ブラジル移民やアメリカ移民がすごい成果を残すのはそういう理由からだ。
自分の存在や能力を認めてもらうためにそうするしかないのだ。
同じ人間が本国にいると、そう簡単には上手くいかない。
なぜならば、人間は多数派的環境になるとそれに甘えてしまうからだ。
海外へ英語を学びに行っても、話せない人は折角のマイノリティーな環境を捨て、日本人たちでつるみはじめ、結局、マイノリティーマインドの利点を生かせないまま能力を開花させずに終わってしまう。
その結果、危機感を失い、精神的不安定感や圧迫感を嫌い、努力をしなくなる。
だから1年経っても話せない。

言ってしまうと、海外へ行ってもマイノリティーマインドをもてる人間は、国内にいてももてる可能性が高いので、わざわざ今の時代、語学を学ぶために留学する人必要はないのかもしれない。
まあ、習得がスピードアップはするし、問題点や文化も理解しやすいのでそれなりのメリットもあるが。

話を戻そう。

マイノリティーマインドは、たとえ自分がマジョリティーの状況でも、持ち続けることができればきっと人間の能力は思ったより開花する可能性がある。
常に孤独に耐え、自己の存在の危機におびえ、時間を惜しみながら事柄に対処する。

もっと大切なのは、マジョリティーマインドの弊害に陥らないことだ。
多数派になると人間はエゴが拡大しやすい。
エゴの拡大は個性の発揮とは違う。
個性の発揮とはすなわち、先天的素質の開発。
エゴの拡大とは後天的くせの増長だ。
気をつけなければならない。

多数派でないと思っている人間が、いじめはしない。

人は知らず知らずの間にマジョリティーマインドをもってしまう。

もしいつもどこでも自分の能力を目覚めさせたいと思うなら、このマイノリィティーマインドを心がけるといいと思う。
自分はいつも少数派で弱い立場なのだと自分にいいきかせ、自分を制御するといい。

また逆に、人を育てたければマイノリティマインドを持たせるような環境を用意するといい。

これは私が現場で得た知恵だ。

是非、お試しあそばせ。
by japanheart | 2014-11-11 11:01 | 活動記録 | Comments(0)