「ほっ」と。キャンペーン

ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小児医療を考えるーその3

 小児医療を考える。
 さて、この管理者の罷免によって、小児医療はこの市民病院から撤収するということが予想できた。
 しかし、市長はそれを断行する。

 小児外科に関しては、数も少ないし影響はないというコメントだった。
 本当に、そんなことを言っていいのかと思った。
 たとえ一人でも二人でも患者がいるならば、その人たちの面倒を見るのも市民病院の役目ではないのか?
 でなければ、何のための公立病院なのか?

 市長のプライドと院長の怠慢、ついでに言うと多くの市会議員たちの無関心によってこの町の子ども達は見捨てられたのだと感じだ。
 結果的にはそうだろう。

 今でも、何とか週2日ぐらいどこかから派遣してもらってお茶を濁そうとしている。
 いいかげんにしないと、10年後はこの町では小児医療は崩壊する。

 そのとき市長もちろん、院長も退職金をもらってすでに蚊帳の外だ。

 6月中旬、私は市会議員の約半数を前に、講演した。
 今の医師・小児科・医療界を取り巻く現状や広島県の小児医療の状況、医局のみに頼る医師確保の後進性など。
 自分達の手で、しっかりとした市民病院を運営し、若い医者が自らそこで研修したいと応募し、そしてそこに残っていくような魅力ある病院運営をしなければ、崩れ行く大学医局の人事に振り回されながら、一緒に崩壊していくしかなくなってしまう。
確かにお金でやってくる医者もいるだろうが、そういう人はお金でまた去っていく可能性が高い。
何よりも市民のためにずっといいついてはくれないだろう。
だから、しっかり病院運営をして、院長を先頭にみんなが一生懸命に働き、そして若手医師たちをしっかりと呼べる病院にしなければならないと。

 しかし、しかしだ。
 おそらく彼らも動きはしないだろう。
 この町の、子ども達の健康を行政がいい加減に考えていると思う。
 まず守るべきは、それではなかったか?
 例え、成人の科が撤収しても (絶対にそんなことにならなかったと思うが、、、なぜならばすでにこの病院は長い間そこで働いている医師ばかりで、院長もまた、その病院の医師たちからは全く信頼されていないからだ)、小児の医療を守れれば、この時代は、最低限の正義が守られたことにならないか?

 しかし、市長をはじめとする行政は、それを見誤った。
 
 私は、そして静かに言ったのだ。
 「市政は、子どもを見捨てた。私たちはこれにて小児科の派遣を撤収する!」

 ある市会議員が言った。
「それでは、子ども達が困る。ぜひ、派遣を続けてもらいたい。」

 そして私は答える。
「派遣を私達に要請する前に、皆さんはやらねばならないことがあるんではないでしょうか?
 私たちは、近い将来、沈んでいく泥の舟には乗りません。」

 子どもを守れない市長や、行政関係者は退室させるべきだと思う。
 次の選挙まで2年ある。

 その間、きっと、市民病院にまともな小児医療は戻ってこない。 
 すでに、岡山の国立病院の若手の医者達は、この病院での夜間救急からの撤収を宣言した。
 30年以上の長きにわたり、彼らのサポートによって続けてきた尾道市民病院夜間救急小児科が姿を消す。
 一度やめれば、小児科が再興されても、夜間の小児救急の復興は難しいかもしれない。

 尾道の子ども達やその親は気の毒で仕方ない。

 7月から不毛なこの件の裁判が始まる。
 この市長は、医療のことは知らない。
 教師あがりの人間だ。
 
 知らないからこそ、ブレーンを雇ったのに、それを排除すればすでに裸の王様だ。
 誰も幸せにしない決断の誤りは、反省されることもなく、どうでもいい、自分の威厳とちっぽけな力を見せつけただけだ。

 尾道市の子ども達にこころから同情する。
 

 
 
by japanheart | 2013-06-28 08:49 | 活動記録 | Comments(2)
小児医療を考えるーその2

それは、市民にとっては突然の出来事だった。
それは5月のある日、この統括管理者を市長が突然、罷免するということが起こったのだ。
市長が大学の脅しと院長の懐柔に屈したのだ。

 院長に泣きつかれて、市長にプレッシャーをかけた大学関係者は、さぞかし自分の見せかけの影響力に満足していることだろう。
 それをさかのぼること1年前に、その大学からの小児科の医者は撤収している。
 それを持ってこの病院から小児科医はいなくなってしまった。
 この小児科医はこの病院唯一の小児科医で、夜間救急をするのを拒否していた。
 そりゃ、一人しかいないのに夜間救急は無理だろう。
 しかし、実際はこの小児科医が当直しなければならないのは週一回水曜日のみだった。

 あとは、国立の岡山病院が30年にわたって小児科の当直を派遣し続けていた。
 その医者達によって全て当直がカバーされていた。
 それでも、やめろということだった。
 もしやめなければその医師の派遣元の大学教授が、小児科を引くぞと脅した。
 
 しかし、この罷免させられた管理者は今まで市民のために30年も続けてきた小児科当直をやめないと決定した。
 そしてその大学から小児科は撤収させられてしまった。
 その後国立岡山病院の医師たちが、入れ替わり小児科を支ええ続けてきた。

 実はこの話に裏事情があった。
 当の大学小児科は近年人気もなく入局医者数が激減していた。
 もう大学にも十分若手医師たちがいない状況で、何とか市中病院から呼び戻して大学を運営している有様だった。
 
 この尾道の岡山寄りに尾道市の3倍の人口の広島県福山市というのがある。
 この福山市こそ、この大学病院の守らなければならない関連病院があるところだ。
 実はこの大学は、福山市と広島県から5年で1億位円以上の寄付をもらい、福山市の小児夜間救急を安定させるという事業が始まったばかりで、とても尾道市民病院に医師など派遣できるレベルではないのだ。
 おそらく、チャンスがあれば撤収させてたかったに違いない。

 そして、夜間救急は継続されたが、市民病院小児科の常勤医は消滅する。

 あれから2年。
 この管理者の、度重なる要請によって、ジャパンハートはこの4月から2名の小児科医を派遣したのだった。
 1名では、入院に対するストレスが大きいためあえて2名を派遣したのだ。
 2名ならば、入院患者もしっかりとって市民病院としての機能と責任を発揮できるから。

 ただし派遣する前に、いくつかの条件を出した。
 1)しっかりと黒字経営をしてくれること。
 2)院長をはじめ、皆さんが一生懸命に働いていること。
 3)若い医者がここに来て働きたい病院であること。

 少なくともそれに向かってしっかりと進んでいること。

 という約束をした後、派遣を開始した。
 4月のことだ。
 小児科常勤医いなくなってから約2年。ようやく市民病院に小児科医と小児科が戻ってきた。

 そして今回の事件が起こったのだ。
 
 
by japanheart | 2013-06-25 17:20 | Comments(0)
小児医療を考えるーその1

 小児医療を考えてみたい。
 実はジャパンハートは、国内事業として離島や僻地に医療者を派遣する事業もしている。
 それ以外に、実は今年から私の恩師のたっての頼みで小児科医のいなくなった尾道市民病院に小児科を2名派遣していた。彼は市町村合併で統合された2つの市民病院の統括管理者になり、経営の改善を任されたのだ。

 尾道は人口15万程度の地方都市。
 病院勤務の医師は、JAの総合病院に8名いる。
 この病院は新生児もやっているから決して楽ではないだろう。
 
 この地域である事が起こった。
 尾道市民病院は、市からの繰入金によってようやく黒字。実質は赤字の病院。
 しかも、すでに数十億の借金がある。
 近い将来、病院建て替えもせまり、これにはまた100億単位の金額がかかるだろう。

 そこで、彼は経営改善のために奔走するが、院長が抵抗し始める。
 要は、もっと働けといわれ、嫌だと抵抗したという感じだ。
 実質赤字なんだから、もっと働けと。
 この院長はあと2年で退職金をもらってめでたく退官予定の内科医だ。
 
 そして、彼は出身大学に泣きつく。
 この病院はその大学からの派遣が多い。
 そこで、市長が大学病院に呼び出される。
 そこでおそらく、、、このままのことをしていると医者達を撤収させると脅される。
 ここで、市長がビビッてしまう。
 
 実際、大学にそんな力は今ない。
 誰がそう言って脅したか知らないが、そんな勝手なこと同じ大学の他の教授たちも、絶対に付き合わない。
 大体自分の知らないところでそんなことを勝手に約束していること自体に不快感を示すだろう。
 しかし、この市長は、そのことを知らない。
 時代はまだかつての大学医局全盛の時代のように考えてしまった。

 ここから、ことは尾道市という範囲を飛び越えて動き始める。
 
 まさに時代錯誤のような事態が起こり始める。

 この管理責任者は、大赤字だった国立病院を日本一の黒字国立病院にわずか4年でしてしまった実績を買われて、尾道市政がいわゆる三顧の礼を持って迎えた人間だった。
 
 ここで押さえておかなければならないのは、なぜそのような人間を迎えなければならなかったか?
 答えは明白。
 誰も、病院経営ができないからだ。
 特に、院長はすでに、病院経営に失敗している。

 ところが、、、、。
 
 実質、管理責任者の権限の制限が始まる。

             尾道市民病院
e0046467_10545886.jpg

 
by japanheart | 2013-06-22 10:56 | 医者の本音 | Comments(0)
中・高生向けスタディツアー

 ほぼ定員が一杯らしい。
 中高生のときに、実際の医療現場をみて、不遇な人たちのために働くことは将来の投資だ。
 語学留学やホームステイもいいけど、こういう形も、時代が生み出した新しい教育の形だ。

6歳と8歳のわが子たちはすでに何度も医療現場に訪れているが、日本の子ども達にも機会を提供したい。

 若かりし頃、自分より大人のおじさんおばさんたちが(医者や看護師たちのことだけど)、一所懸命に汗水たらして、必死な形相をして朝から晩までただひたすら、貧しい人たちのために働いている姿を目撃することはきっと、将来子ども達を助ける大きな経験になる。

 若かりし頃に、こういう活動に時間とお金を割くべし。
 残り少ないが、こぞって参加して欲しい。

 その最後の説明会がこの日曜日にある。

 ぜひ参加を!
 話を聞くだけでも、参加する価値がある。

ツアーは
 2013年7月29日(月)成田空港発 ~ 8月6日(火) 成田空港着 8泊9日
*前日 7月28日(日)に東京にてオリエンテーション

【説明会日程】
第三回:6/16(日)13:30~15:30(質疑応答含む)
説明会終了後、15:30頃より1時間ほど、ご希望の方を対象に、本スタディツアーに関する相談会を実施。



【予約・問い合わせ先】
ジャパンハート東京事務局
〒110-0016 東京都台東区台東1-33-6 セントオフィス秋葉原10階
TEL:03-6240-1564
FAX:03-5818-1610
email : japanheart@e-mail.jp

以下のページから説明会に申し込みを。

説明会申し込み
by japanheart | 2013-06-15 00:29 | 活動記録 | Comments(1)
ミチナ国立病院手術ミッション終わる

 ようやく国立病院での手術ミッションが終わった。患者たちは全て子ども。
 240名の外来患者、85件程度の手術を4.5日の間に終わらせることが出来た。
 
 手術は朝9時から始まり夕方の5時過ぎには終了するという、いつもよりのんびりした環境になった。
 まあ、医者達も公務員だから、仕方ない。
 公務員が就業時間を守らないと、誰も守らなくなってしまうだろうから。

 カチン州という州都にあるこの病院は、300ベッドの中規模病院で、ミャンマー北部ではおそらく最も大きな病院のひとつになる。

 ミャンマーの各州には、政府があり首相もいれば大臣もいて、比較的独自に運営されている。
 そういう様々な政府が連邦制を取って、今のミャンマー連邦が出来上がっている。

 今回のミッションでは、首相も大臣もやってきて子ども達をみまわっていた。
 病院スタッフも最初は、面倒くさそうだったが、偉い人たちが次々にやってくるので仕方なく働き始めた感じ。

 しかし、どんどんやっている間にモチベーションは上がり最後には、お互いにいい仕事をした感じで終われたし、互いに信頼も少しは生まれたようだ。

 日本からも数社マスコミが取材に入ってきたので、もしかするともうすぐ日本でこのときの映像が見れるかもしれない。

 
 私は何か新しいことをするたびに、自分の昔のことを思い出す。
 そしていつも最後に、「あの私が、マジか?」って。

 良いも悪いも併せ持ったどこにでもいる普通の人間としての私が、今ではこんなことやっている。
 あるいは、自分ひとりの力じゃないことも分かっているが、何がしか出来ている。
 じゃ、誰だってこんなことくらい出来るんじゃないか。
 病弱で、赤面症で、いつも何をやっても長続きしないと怒られた私がずっとこんなふうに続けている。
 
 まだまだ、まだまだ、自分の満足には程遠いけど、少しでも理想に近づくように。
 
 この同じ景色を一人でも多くの人たちに見せてあげたい気持ちで一杯だ。

 この景色を見に来る気はないか?

 
by japanheart | 2013-06-06 16:00 | 活動記録 | Comments(2)