ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

発信する男になる

発信する男になる

 今日、活動地サガインからヤンゴンへ。
 まったく浦島状態で、世界中の情報網から取り残され感がある。
 ミャンマーのド田舎で、川風に吹かれながら過ごしていると、それはそれなりには気持ちいい。

 私が発信する男になってから、もうどれくらい時間が過ぎたろう?
 発信するというのは、まあそれぞれに目的があってやっていると思う。
 現在はさまざまな、発信ソースがあって、世の中の人たちと少なからず繋がることはできる。

 私の場合は、どうしても伝えたい衝動っていうのがあって、ブログを書いたり、書籍を出したりしている側面が強い。
 私の映像や書籍を見て、前に進んでくれた人たちもきっと多いと信じている。
 一方、まあ、明るさあれば暗闇ありのごとく、批判をする人たちもいる。
 いちいち気にしていられないので、無視しているが、他人を批判するのは結構、簡単。
 神様だって、よく批判されているのだから無理もない。
 あなたも一度くらい、「神様、何でこんな目にあわせるんですか!」っていったことあるかもしれない。

 文字は所詮文字だから、というと語弊があるが、まあ100%正確にはニュアンスは伝わらない。
 書籍は、それの著者以外に、その編集者の意図というか、思いというか、癖も反映される。
 これほど、本が売れない時代には、あえて挑戦的な表現や文体を使う編集者も多いので、なおさら、意味合いにずれが生じる。
 まあ、仕方ないが。

 しかし、結果的には、発信する男でありたい続けたいと思っている。
 私の場合、発信するという行為には、影の部分よりも明らかに光の部分が多いと感じるからだ。
 多くの人に自分の得た知恵を使ってもらいたい。
 たとえば、”理性の声を聞く前に、動け!”っていう言葉もそう。
 こんな感覚は、皆感じているはずだが、多くの人は、これを言語化できない。
 だけども、それを聞いてはっ!とするのは、皆の中に同じ感覚があるからだ
 こんなもの、私だけの専売特許であるはずがない。

 でも本当の、私の感覚を理解してもらうとなると、やはり私と同じ境遇・状況にいてもらえると、ぴんとくると思う。

 私の本を読んで、例えば、ボランティア賛美だとか、自分のためにこそやっている(と私は常々、言っている)ことは、ちょっとな??ていう人たちもいるから。

 そういえば、私はボランティアっていう、表現は自分には使わない。
 私の中でのボランティアっていう人たちは、あくまでも余力を使ってやっている人たちを指す。
 私は、全身全霊で向かい合っているので、この仕事は、私のミッション、すなわち天職だと感じている。
 
 私は現地に入ると、1週間でも2週間でも、固形物は取らない。
 水分のみで過ごす。塩分も取らない。(かつては水だけのんでいたが、周りが結構白けていたので、最近は日に2度、紅茶を飲む。時々さし入れられたコーラも飲むこともある)
 その間にも、手術は普通にする。寝るのはいつも明け方になる。
 このような境遇を、一緒に過ごしてもらえれば、きっと私の言わんとすることが、狂いなく感覚として瞬時に伝わると思う。

 しかしながら、
e0046467_1384219.jpg
日本でだれた生活をしている人には、うまく伝わらないかもしれない。
 
 



 
 
by japanheart | 2012-11-26 01:39 | 基本 | Comments(1)
ミャンマー北部地震について


 先日ミャンマー北部で発生した地震。震源地から最も近い都市シェボーは地震後、いくつかの建物の被害はあったがそれほど大きな被害はなかったようだ。
 鉄橋の工事が行われていた場所で、橋が落下し、作業員が死亡した。

 震源地に近い村村はそこから数十キロ。
 さらに、被害を受けた村5ヶ所を回った。
 大きく被害があった村はそのうちのひとつ。人口約700人くらい。

 そこではすでにミャンマー政府の医師をはじめとする医療チームが派遣され治療に当たっており、その地域で治療不可能な患者たちは、シェーボーそして大都市マンダレーに搬送されている。

 ミャンマーでも2008年に大型のサイクロンが襲いおそらく10万人以上が津波で亡くなった。
 さらに2011年にも国境のほうで、大きな地震が発生し、死者を出している。

 このような経験を経て、この国でも災害時の支援体制は、徐々に整ってきたのだと思う。

 今回は死者もそんなには多くは発生したとは発表されていない。

 私たちジャパンハートの現地人医師・看護師などを派遣し、調査に当たらせている過程で、いくつかの悲しい話はあったらしい。

 大きな亀裂が大地に生じ、その中に3人きょうだいのうち2名、2歳と6歳の子どもが落ち込む死亡したそうだ。
 残ったのは8歳の長女のみだったらしい。

 ミャンマーは外国人を入境を制限する地域が、数多くある。
 今回もその地域で起こった地震だった。

 幸い、私たちには現地人医師や看護師がいる。
 たとえ日本人たちが、そこに入れなくとも彼らにミッションを与え、そこに入っていける。

 常日頃、活動しているという地盤の大切さを、痛感する。
 そこに拠点さえあれば、何とかなる。
e0046467_033537.jpg
e0046467_03372.jpg
e0046467_032948.jpg
e0046467_0311352.jpg
e0046467_030889.jpg
e0046467_0292573.jpg
e0046467_0283387.jpg
e0046467_0263979.jpg
e0046467_0235142.jpg

 
by japanheart | 2012-11-18 00:34 | 活動記録 | Comments(1)

人生:五輪の書

人生:五輪の書

 かつて剣豪 宮本武蔵は死に近き時期に、洞窟に籠り自己の剣術・人生の集大成の書を書き上げた。
 いわゆる「五輪の書」のことである。

 人生生きていれば良いことも悪いこともある。
 時に自分の存在を消滅させたくなるほどのつらい目にもあう。
 私はいつも自分の子どもにはどんなときも人生を生き抜いていける知恵を与えたいと思っている。
 決して楽して生きろと言うつもりはないが、どんな過酷な状況をも生き抜き、子々孫々まで、私の遺伝子を伝えていってもらわねばならない。

 今後、何百年も私の子孫が生き抜けるような家伝を、内々に書き上げようと思っていた。
 そしてそれを静かに残して逝きたいと思っていた。

 構想としては、上下の2巻にし、子どもにも直感的にわかりやすく、そして親が見てもその深い意味をすぐに察知できるほどのものにしたいと思っていた。

 あまり早く書くと、武蔵のごとく死んでしまうかもしれないので、まあ慌てずという感じで将来書いていきたいと思っていた。


 しかし、、、。
 
 先日、ある出版社の人と話していて、こんな話をしたらぜひ今の日本の子どもたちの状況に少しでも光をということで、もしかしたら人生:五輪の書を出版するかもしれない。

 本当は、吉岡家の秘密の家伝にしたかったんだけど、仕方ないから上の巻は世の中に公開することにした。

 例えば、こんな感じ。

  「時間を味方にせよ!」

 「自分より明らかに強い相手には、立ち向かわず、一旦、逃げよ」
 そして
 「自らの中の戦いの時間を、引き延ばせ」
 「1年、2年、そして10年以上の戦い期間に引き伸ばせ」
 「やがて時がわが方に傾いたとき、一気に攻める」
 「10年、20年、30年静かに勝機を伺う」

 説明:あなたの子どもが学校でいじめられていたとしよう。
 あなたは言うだろう。「がんばって学校に行け」「話し合え」そして「がんばれ、がんばれ」と。
 しかし私なら、子どもに、聞くだろう。「どのくらいの力の差を感じるかと」
 
 そしてこうアドバイスする。
 「引っ越そう(逃げよ!)」と。

 「しかし、あと20年たったときには必ずや形勢を逆転させるのだ」と。

 もし男の子で、明らかに力や体の大きさに差があれば、逃げたほうがいい。
 精神的に追い込まれているなら、避けるか逃げるほうがいい。
 10年もすれば体の大きさも大小入れ替わる可能性がある。
 もっと強い友人たちができるかもしれない。
 20を過ぎれば、経済的な状況も力のひとつになってくるし、30を過ぎれば強さそのものの概念すら変化する。
 強さとは、人間力だ、サバイバルする力だとも認識もできるようになる。

 10歳のときに戦ったら、木っ端微塵であったかもしれないが、勝負を捨てなければ、30になれば立場は確実に逆転する。すごい強さを持った人間になるんだといつも意識してこの20年過ごしてきたからね。
 相手とのあまりの差に、勝負すべき相手とも思わなくなる。

 だから今、無理に戦わなくてもいい。
 戦いたいなら、本気でやらずに軽く戦って軽く負けておけ。
 いちかばちかの勝負など人生1度あるかないか。何回もするやつは馬鹿だ。

 時間を自己の中で引き延ばせ。


  
e0046467_97543.jpg

  
 


 ってな感じかな。こういう知恵が集まった本にする。


 
 
by japanheart | 2012-11-11 09:07 | 子どものこと | Comments(1)

時間を買って生きろ!

時間を買って生きろ!

 年年歳歳、歳をとるほどに時間の大切さを実感する。
 時間が、もっと手に入ればといつも思う。

 最近よく若い人たちに、「時間を買え!」とアドバイスする。

 時間は買える。
 お金で買えるならば、買ったほうがいい。
 若いときの時間ほど価値が高い。だから若いときこそ、時間を買う。

 あなたが、例えばジャパンハートの看護研修に参加する。
 参加のために決して少なくない単位の、お金を払う。
 これは、時間を買ったことになる。
 
 バスではなく、飛行機で東京から福岡まで行く。
 航空券のお金とバスのお金の差額が、あなたが時間を買うために支払った金額になる。

 ある時、ミャンマーに長期間いる看護師が、日本からやってきた別の短期の看護師にこう言われた。
「何で、お金ももらえないのに、この活動に参加するんですか?ましてやお金を払ってまで」

 長期で働く日本人看護師は、時間をお金で買う人。
 短期の看護師は、時間をお金のために切り売りする人。

 長期の看護師は、お金をはらって人生の大切な時間と経験を買ったのだ。
 
 病院で、やりがいもなくだらだら働く。
 給与のために、毎日不満を抱きながら働く。
 これは時間を切り売りしていることに他ならない。
 こんな人生は、どんどん時間がこぼれ落ちていく。
 気がつけば、定年を迎え、気がつけば、病にたおれ、気がつけば死の床にある。

 何も印象に残らないが、ただ享楽的に生きていけるかもしれない。
 うまいものを食べ、贅沢な日常を送れるかもしれない。
 しかし、決定的に人生の深い記憶が欠落する。
 歳をとっても思い出すのは、旅行や食べ物のことばかり。
 
 自分が、必死になって確かに生きていたんだという記憶が、ないのだ。
 何かに果敢に挑戦した思い出や苦しみの中から持って帰れた経験や知恵などという果実もない。

 時間をわずかなお金と引き換えに、切売りしていった結果。

 若いときは借金をしてでも時間を買わねばならない。
 いい経験、いい出会い。
 
 いい服やいい食事はいくら買っても、時間のセーブにはならない。
 こんなものは歳をとってから買えばいい。
 若いときの5時間の時給は、歳をとればわずか1時間で達成される。

 私は、いつも人を見るときこの視点で見ている。
 この人は、時間を売る人。
 この人は時間を買う人。

 時間を売る人とはなるべく、コンタクトしないようにしている。
e0046467_1323844.jpg

by japanheart | 2012-11-07 01:33 | 基本 | Comments(0)

新刊のお知らせ

e0046467_0123173.jpg
新刊のお知らせ

 新しい書籍をすばる舎から出すことになりそう。

 今月21日(11月21日)が発売日になります。多分。

 タイトルが、結構長くて????


 「1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない……そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ

 てな感じになっています。

 アマゾンではすでに予約ができるようです。

 またお知らせします。

 
by japanheart | 2012-11-05 03:01 | 随想 | Comments(0)