ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

私の中の「原因」

私の中の「原因」

 私の行う医療の現場で亡くなる人たち。
 多分どんな医療現場でも、多くの小さなミスがその治療の陰に交差する。
 もし常に最高の治療を繰り返していると豪語する医療者がいれば、それはウソだと言わざるを得ない。最高の治療とは、ベストのことを行うことであり、ベストだったとあとで思い込むことではない。
 一つ一つのベストが、最高の結果を生み出すとも限らないかもしれないが。
 
 医療をやっていて、ああすれば良かったのでは、こうすればよかったのかもしれないなどどと思ったことは数知れず。他人の手術を見ていても、私はああすればいいのにと思うことが多い。
どっちがいいかはわからないが。

 そして結果が、いい方に転べば、誰も何も言わないし、自分がした治療はベストだったと思いがちだ。しかし、結果的に治療がうまくいかず、死を迎えねばならなかったり、治療そのものが元の木阿弥だったりした場合、どうだろうか?

 患者の病気の発見が遅れたとき、ある医者が、診断医療そのものの限界です、と家族に言ったとする。そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

 そして、結果的に患者が亡くなる。もしかしたら、あくまでももしかしたら、発見が少し早ければ何らかの手が打てたかもしれない。

 多分、そのとき医者たちはベストを出したと、納得するだろう。

 本当にベストだったのか、そうでなかったのか。
 
 
 あるとき、術後の患者が死んだ。
 ベスト?の手術だった。
 顔面の奇形の手術。
 術後、高い熱が出た。ベスト?の抗生剤を投与し、その日の朝も回診をし、ほとんど熱以外は問題なかった。ミャンマーではそれ以上はないだろう。血液検査をしても、別に治療が変わるわけではない。ベスト?の抗生剤はすでに処方済みだ。
 患者の様態が昼頃急変する。
 1時間の間に呼吸停止、心停止まで行ってしまう。
 人口換気し、日本と変わらないベスト?の蘇生の方法を力をあわせて成し遂げた。
 しかし、患者は亡くなる。

 多くのスタッフは訳はわからず、しかしベスト?を尽くしたと信じている。
 患者の死は、悲しくないわけはないが、しかし訳がわからない。
 
 時間がたち、少しづつ皆の中で過去の記憶として記憶のかなたに遠ざかってゆく。

 
 幾つも言い訳めいた理由は、思いつく。
 真実は、どうかはわからないが。


 しかし、本当にそれでいいのだろうか?
 医療者たちは、それでいいのだろうか?
 医療者というものはいくら自分でベスト?を尽くしたように思っていても、いくらでも患者を傷つけている。程度の差はあれ。しかも知らない間に。
 だからこそ、謙虚さがいるのだ。
 他人の問題ではなく、自分の問題なのだ。

 
 私の中に求める「原因」。
 それを求め続けている。
 完璧などと、自己弁護しないで、思い込まないで。
 二度と知らぬ間に、同じ流れに乗らないように。

 今まで生き様の何が悪かったのか?
 日々の生活の何かが悪かったのではないか?
 朝起きてからの自分に問題なかったか?
 
 些細な出来事から危険を察知できなかったのか?
 もしかしたら、どこかにヒントがあったのではないか?
 風の音はいつもと違っていなかったか?河の色がおかしく見えなかったか?
 手術をやっているときの自分の感覚や指先は変ではなかったのか?
 何でもいい。
 何でもいいのだ。

 この患者を死なせずにすんだ何かのヒントが、どこかになかったのか?
 
 私はそう自分に向き合っている。
 全部自分の問題として引き受けている。当たり前だが。

 スタッフにもそれを望む。

 なぜなら、治療に関わる皆が、そういう境地になったとき初めてこの患者のような死が、可能性を小さくしてゆくと信じているからだ。
 ある患者の全ての責任は自分にあると認識しろ、というのはそういうことだ。
 
 患者が死んだとき、それは全て医者の責任か?
 医者は患者を治そうと治療しているのだ。別に殺そうとしているわけではない。
 看護師のそれと同じ。単に役割分担に過ぎない。
 看護師は医者の言いなりになる必要なない。
 一生懸命、勉強して、医者以上の知識を持つ自由は保証されている。
 だから医者が、自分の知識に照らして、おかしな治療すれば、治療への参加をしっかり理由を述べ拒否すればいい。共犯になる必要なない。
 しかし、いったん参加すれば、やはりともに責任を負わねばならないだろう。
 事故でも、ミスでも同じ。
 医療者とは、そういうものなのだ。
 そういう仕事なのだ。

 いつも言っているではないか。
 チーム医療。チーム医療と、自ら。
 チームというのは、別に何かあったときに誰かに責任を負いかぶせて逃げる人たちの集団を指すのではない。
 たとえ誰かのせいで何かあっても、皆でその結果を受ける単位のことだ。
 
 本当のチームを実現したいものだ。
 そうしなければ自分たちを信じて、命を預けてくれる患者たちに申し訳ない。

 私がおかしいのか?
 そういうのには付いていけませんという、世の中がおかしいのか?

 私が意見をもらいたいのは、どうすればそういう患者の死をもっと的確に知ることができるのかというアドバイスなのだ。
 
 
 
 
by japanheart | 2009-10-30 00:45 | 随想 | Comments(4)
あるミャンマー人の言葉を頼りに

 ジャパンハート設立前の話。

 私の仕事は医者である。
 実際の患者を治療する医者である。

 私の活動に反対するある日本人は否定的な意味も込めて来日したあるミャンマー人の女性にこう言ったそうだ。
 「ミャンマーでも外国人が、ミャンマー人を治療して亡くなることをどう思いますか?それは迷惑ではないですか?」

 それに対してミャンマー人の女性はこう答えたそうだ。
 「ミャンマー人はたとえ亡くなっても、受け止めます。なぜなら、多くのミャンマー人が医療を受けられずに亡くなっています。どれほどその家族も残念なことでしょう。おそらく多くのミャンマー人たちがその人たちに感謝することでしょう。」

 その日本人は黙ったそうである。

この言葉は、今でも私を支え続ける。

 それでもいろいろなことは起こるのだ。

 そのたびに全てほり投げてやめてしまいたくなる。
 しかし患者たちが、私の元へ何日もかけてやってくる。
 最後の頼みだとやってくる。


 そのたびに、彼らの悲しみを知る。苦しい環境を知る。

 それを本当に知れば、やめれるわけはない。
 だから何があっても、現地のミャンマー人スタッフは私を守ってくれる。
 彼らは自身の国の状況を本当に理解しているからだ。

 私に何ができるだろうか?

 せめて自身を研ぎ澄ますしかない。少しでもミスを減らすために。
 誰が何と言おうが、たとえ原理的といわれようが、緩めるつもりはない。
 私が最後の砦なのだ。
 私の緩みは拡大再生産され、やがて大きな影を落とすことになるだろう。

 それほど自信があるのか?
 ある分けない。あるわけなどないではないか。
 患者の様態が変化したとき最もオドオドしているのは若い医者や看護師ではなく、この私だ。

 何人も患者をとりこぼした人間は、誰でもこうなるのだ。

 私の代わりをしてくれる人がいれば、いつでもこの席を譲る。
 


 
by japanheart | 2009-10-27 23:13 | 活動記録 | Comments(2)

盲目にならない

盲目にならない

 盲目とは、目が見えないことを今回は言わない。

 こころの目のこと、意識の目のことについて話してみたい。

 この組織も、組織ゆえ、多くのものが来て、そして去ってゆく。
 去り方は様々。

 本当に卒業した人もいれば、そうでない人もいる。
 そうでない人の多くは、多分、多く不満がある人たちかもしれない。

 何かにこころを占拠されてしまうと、自分の考え方以外は、すべて排除してしまう習性が人間にはある。
 何か自分を大きく変えようとするとき、必ず苦痛が伴うものだ。
 今ある精神的安定、今までの自分がつくり上げた常識、関係性、基準など全てに修正を迫られるからだ。だから人は大きく反発する。今までの自分の安定にしがみ付こうとする。
 その反発の仕方は、人によっていろいろ。
 他人を攻撃するものもあれば、組織を揶揄するものや、自分より弱い立場の人間に当たるものもいる。

 それらは全て上の段階に行くまでの過程ということもできる。人間は弱いものなのだ。

 しかし、このモーレツな負のパワーに屈して辞めてしまったとき、元の世界に戻ることになる。
 それは1年前、2年前に自分がいた世界だ。
 
 人は時として盲目になる。
 たとえば、ジャパンハートという組織に不満を抱いて辞めてゆく人間は、悪いことばかりしか目に付かないし、それ以外の意見を受け付けない。だから不満を言ってくれる人たちといるのが心地よい。みっともない話だが。

 もしそのとき、両目を開いてみたら、片目で過去が見える。
 1年前、自分がどのような思いで、この組織の門をたたき、そしてどれくらいの人が自分のその思いのために力を貸してくれたのか。そしてどれほどの人が、何も力のない自分を励まし、陰で支え、それを成さしてくれたのか。

 もう一方の目で、未来を見る。本当はどんな自分に成るべきだったのか。どのような世界に身をおき生きてゆきたかったのか。そしてどんな自分に成りたかったのか。

 この世は自分が差し出した以上のリターンなどない。
 不満があれば、自分が差し出したものは大したことがないということだ。どんなに自分が出したつもりでいても。

 両目を塞いでいるから、今の自分のことしか見えない。

 私はあることに気づいている。

 それは、このようみ途中で挫折する人間には、概して、未来のビジョンがないということだ。
 自分がどうなりたいのか?
 何を目指しているのか?
 どのように世の中を変えてゆきたいのか、あるいは、世の中と関わりたいのか?

 漫然として、はっきりしないのだ。
 

 そしてそのことで自分を責めることもなく、不満をさらけ出す。
 そして去ってゆく。
 そして元の世界に戻る。
 かつて自分がいた世界だ。さぞかし心地いいことだろう。

 厄介なことに、その人たちは、それでも自分だけが正しいと信じている。
 たとえ2,30年の人生でも、ただ不満のための不満に終始して、最終的に何か建設的な事を成したことなどほとんどないと知っているはずなのに。

 それで幸せなのかね?
 
 

  


 

 
by japanheart | 2009-10-27 00:24 | 医者の本音 | Comments(2)

患者来る

患者来る

 情熱大陸で放送された脳瘤の子どもがやってきた。
 岡山の医療センターで手術が10月28日に行われることになった。

 思えば、初めてミャンマーから患者を日本に連れてきたのは6年前だった。

 当時は患者を急いで連れ出すということなどは、考えられないことだった。
 パスポートすら簡単に発行されない時代だった。
 たった6年、隔世の感がある。
 今では、わずか1月ほどで発行される。
 
 お金も時間も手間もかかるこのような非効率な医療を敢えて行ってゆきたい。
 このような活動はきっとジャパンハートのスタッフ自身にひとり一人の人生が大切なんだと自覚させてくれるに違いない。

 いつも忙しく働いているうちにどうしても日々をこなすことだけに精一杯になり、数、量の世界にどっぷり引きずり込まれてしまう。

 非効率な医療と効率的な医療、うまくバランスを取る。
by japanheart | 2009-10-24 23:02 | 活動記録 | Comments(0)

人事を尽くすとは

人事を尽くすとは

 昔の話。

 1995年頃、初めてミャンマーに来た。
 1996年、診察と治療をある町で始めた。

 医師としてまだまだ未熟な私と、病状が進行し、どうすることも出来ないような病気の患者たち。

 その中で何とか私の出来る範囲の治療を始める。
 多くの患者たちがやがて私の元に治療を求めてやって来るようになった。


 人の運命とは何なのだろうか?
 一生懸命、私が寝食を忘れ治療しても亡くなってゆく人たち。
 一方、ミスを犯しながらの治療であっても、どんどん回復してゆく人たち。

 私の存在は何なのだ?
 何度も自分に問いかける。

 人には運命というものがある。
 人が生きて、そして死ぬ。
 それはその人の運命で、私には分からない。

 目の前に患者が現われる。
 死ぬか生きるかそれは分からない。
 でも私は悩み、もがきながら、一生懸命に患者に向き合う。

 結果は神のみぞしる。

 しかし私は一生懸命治療する。

 生きる、死ぬ。
 それは患者本人の寿命かもしれない。
 それは全て、私には不確かなこと。
 私の手の内にはない。

 でもたった一つ、確かなことがある。
 私の手の内にあるたった一つの確かなこと。

 それはその患者にどう向き合ったか?
 どのような態度で、どのようなこころで、向き合ったのか。
 ということが、まぎれも無く、私自身の人生の時間であるということだ。

 弱き医師は、おどおどしながら、結果も分からず、ただ一生懸命に、目の前に現われた患者に尽した。

 それは今でも変わらない。

 せめてミスを犯すという縁起を、もって患者の死というの系に、関わらないと誓っている。
by japanheart | 2009-10-19 04:50 | いのちの重み | Comments(6)
この国でも、どこの国でも

 この国では、多くの子どもたちが、日本に比べて亡くなってゆく。あるいは障害を抱えたまま生きてゆかねばならない。

 このような状況だから、子どもを亡くした親も、昔の日本でそうであった様に、それが子どもの運命だったと、自分にも言い聞かせてその死や障害を納得しようとしている。

 でも、たぶん本当のこころの中は違う。と思う。


 今日外来で、水頭症で髄膜瘤の1歳位の子どもが母親に抱っこされていた。

 水頭症の為、頭は普通の子どもの1.5倍ほどに大きくなっている。
 また髄膜瘤(背中の骨が生まれつき割れていてそこから神経の一部が皮膚直下まで出てしまっている病気)のために下半身は麻痺して、生涯たぶん動かない。

 そしてこれは想像だが、たぶんお金が無くて病院にはかかれないでいた。この親だって、この子が普通でないのは分かるから。

 水頭症を治さなければ、どんどん頭は大きくなる。そしてそのうち死ぬだろう。
 この病気には、脳内に溜まった水をお腹の中にチューブで流し、お腹の中で腹膜を通して吸収させる方法を取る。この病気に時々遭遇する私は、何とかこのチューブをこの国で手に入れようとしたが、店は外国人には売ろうとしない。何か起こったときに責任を取るのが恐いのだろう。

 仕方ない。
 私には何も出来ないということだ。


 今日、その子どもを抱く母親に、治療の話をし、その治療ができる現地の病院に行くように言った。
 治療費をこちらで何とかするからと、付け加えた。

 まだ若い母親から止めどもなく、涙が流れ落ちていた。

 この国でも、親は親。
 我が子のいのちは、運命だから、という想いでは割り切れない。

 何年か経って、多分私はこの親子の事は忘れていることだろう。
 しかし、この母親は、多分、日本や日本人のことを大切に思っていてくれるだろう。

 
by japanheart | 2009-10-17 03:22 | 子どものこと | Comments(2)

カンボジアーミッション

カンボジアーミッション

 カンボジアを3日間訪問した。
 なかなか軌道に乗らなかったカンボジアの事業が少し形になりだした。
 カンボジア政府との公式調印も終わり、いよいよ保健事業に正面きって乗り出す。

 まずは保健事業。
 そして、12月から貧困層への医療活動も始まる。

 計10名程度の医師看護師がカンボジアへ向かう。

 今カンボジアで活躍しているのは、ミャンマーで研修を終えた看護師たち。

 国内の僻地・離島へ、そしてカンボジアへと研修修了者が活躍してゆく。

 たった5年でここまで来た。

 先日ある人に、いよいよスタート地点に立ちましたね、と言われた。
 私としては、大変な思いもしたつもりだったので、その言葉にはっとしたが、全くそのようだと思った。

 私の目標地点ははるか彼方。

 他人のペースは関係ない。

 今ようやくスタートする。

 もっと早く、もっと高く、飛んでみたい。

 多くの志ある人々が後に続くことを望む。
 
by japanheart | 2009-10-11 23:41 | 活動記録 | Comments(1)

カンボジア事業

カンボジア事業

 いよいよカンボジア事業が本格的に準備を終え、始まろうとしている。
ミャンマーとは全く違うコンセプトでやってみるつもりだ。数人の看護師を中心に活動を組み立ててゆく。
 ジャパンハートでやっている国際看護研修もセキュリティーの問題をかんがみながら、カンボジアへシフトしてゆく。

 今までは私が考えて、それを形にすることがスタッフの仕事だった。
しかしこれからはスタッフのオリジナルを生み出し、自らそれを実現してゆくことで、ジャパンハートの未来もさらにいいものになる。

 創造するときは、型を忘れた方がいい。

 喧嘩がめっぽう強い暴れん坊が、柔道や空手を始めて弱くなることが多い。型がなければ相手は動きや呼吸を読みにくい。しかし、ある武道を始めれば型にはまり、その型から繰り出される動きは相手には想定内の動きであることが多くなる。そうして武道を習い始めた暴れん坊は、いとも簡単に倒されてしまう。彼が強くなるのは、ずっと後のことだ。

 自分のやることを型にはめないという極意がある。
 それで行けるとこまで行く。やがて壁にぶつかるときが来る。そのときが型を必要とするタイミングだ。その後、しばらくは創造性は封印され、まるで土に栄養をためるように、思い通りにならない
時期がある。
そうした後、春がやがてゆっくり訪れ、才能が新たな開花を始める。

 今ジャパンハートにいる多くのスタッフには、まだ型は必要ない。
 その前に存分に暴れまわってほしい。
by japanheart | 2009-10-07 09:58 | 活動記録 | Comments(0)

スタッフの出入り

スタッフの出入り

 今、ミャンマーの地方から来ている若い女の人たちを看護師にするべく徐々に受け入れている。
 しかし、まだ十台の子もいて、前いた子は結局寂しくなって地方に帰ってしまった。

 残念だが、自分の人生はたとえ幼くても、自分でけじめをつけないといけない。そして、きっちり責任を取らされる。

 今いてる子たちには、なんとしてもがんばってもらいたい。
e0046467_1023946.jpg

by japanheart | 2009-10-06 10:39 | スタッフと想い | Comments(0)

嫉妬

嫉妬

 ミャンマーを知る上でどうしても、知っておきたいキーワードが2つある。
 ひとつは”アナレ”という言葉。これはまた機会があれば説明したい。
 
 そして、もうひとつが”ジェラシー(嫉妬)”という言葉。
 95年からことあるごとにミャンマー人から、発せられる言葉。
 
 いろいろ事がうまく進まず、どうして彼らはそう考えるのだ?と私が聞けば
 それは”ジェラシー”ですと答える。
 なぜミャンマー人のある人は、あのような邪魔をわざわざするのだと聞けば、やはり
 それは”ジェラシー”ですと答える。
 ことあるごとに、この、それは”ジェラシー”ですというフレーズが聞こえてくる。

 私たち日本人には到底意味不明で、支離滅裂なマイナスの言動が彼らにある場合はその多くがこの
 それは”ジェラシー”ですという感情でミャンマー人にはしっくり来るらしい。

 私たちの活動は、それは”ジェラシー”ですというミャンマー人独特のそれとどううまく折り合いをつけていくかに多くの時間と労力を奪われる。
 本当に様々なレベルでこれは蔓延する。

 ある日、病院の電気屋が自分の知り合いを連れてきた。多くの患者を差し置いてすぐに手術してほしいという。 が、予定が立て込んでいて、ほかの人と同じように1月後に手術予定に入れる。
 間違いなく、その日から宿舎は、1週間程度の停電になる。
 
 ある時、何日も不休で患者たちを手術、治療する。患者たちには大変感謝され皆スタッフも満足している。ところが、病院側から突然、手術中止の勧告がなされる。
 日本から来た若い医者に、訓練をさせている。あるいはミャンマー人を実験台に練習している。
 と内外の現地の医者が普段にない、いい連携を見せて言いがかりをつけてやってくる。

 まあ、こんなことがずっと続くのだ。
 こんな意味不明の言動は、日本人には回路がないので彼らのその思考過程がうまく理解できない。

 そこで私たちのミャンマー人スタッフに、どういう風に脳が動いたらそういう風になるのだと私が尋ねる。
 すると現地人スタッフの答えの始まりは必ず、それは”ジェラシー”です、と帰ってくる。

 手術がうまいんじゃ?と恐怖して嫉妬する。日本の医療が進んでいると知っていて、なんとなく恐怖して嫉妬する。お願いを聞いてもらえないと、他人に比べて軽く見られていると恐怖して嫉妬する。

 これを理解するには10年はかかる。
 これも慣習や風俗の一部だと認識すまでに。

 自分たちでは気づかないが、日本人にも日本人独特の嫉妬がある。
 こういう感情をうまく使えば、国すら支配できる可能性がある。

 歴史を少し覗けば、そう思えてならない。

 他人を見て大いに自己を省みなければ。
 


 
by japanheart | 2009-10-03 00:22 | 基本 | Comments(4)