特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そろそろ時間です。

そろそろ時間です。

そろそろ本格的に活動を再開する日がやってきました。
最近、講演会で話をするとどうも、医療自体の内容から逸脱し、若い世代の人たちに向かって

「自分の力だけやっていく勇気を持て」
「権威や権力区をはじめから当てにするな」
「お金に支配されるな」
「もっと感性を磨け」

などといっています。


たぶん自分自身に対して言っている側面もやはりあり、今更ながら全部大切なことだなと思います。

ひとことで言うと
    自分を信じろ
ということなのでしょう。
いつも私は自分を信じようと自分に言い聞かせているのだと思います。
by japanheart | 2006-05-24 09:14 | 基本 | Comments(3)

歩いてゆく私

歩いてゆく私

なんとなく日々過ごしている、そんな人たちが多いのに驚かされる。

私は最近、朝起きて今日はどんな楽しいことをしてやろうと考えるのが日課になってしまった。
まず最初は、昨日見た夢を朝、もう一度反芻し、その中に何か大きな意味づけを発見しようと探ってみる。

ゆっくり時間を楽しむ。
ゆっくり事柄を味わう。

昼寝をする場合も、楽しんで昼寝をしようと思ってしまう。
何でも楽しまないと、もったいない気がする。

先日大学の同級生たちと数人でご飯をいただいた。
皆そこそこ、いい大人になって安定している。しかし、いつも何かにおわれていて少し窮屈な感じがする。窮屈という不自由さの中にいるのかもしれない。

いつも私は自由に生きてみたい。ただひたすら好きなことをして、人を喜ばし、自分も喜び。
そんな生活ができればきっと多くの人も同じように生きてくれると思う。
少なくとも目の前の将来への不安や地位やお金を忘れ、権威を恐れもせずに。

まず、私がやってみよう、と思う。
始める者は多くの困難に出会うが、喜びも独り占めできる。
多くの人がこの困難な国際医療ボランティアの道に進んでこれるように。
by japanheart | 2006-05-16 22:28 | 医者の本音 | Comments(0)

変化を読む

変化を読む
最近、何事につけこの”変化を読む”という事柄を意識している。
何事にも流れがあるという前提に物事を判断するようにしている。
その流れの延長線上で、一気に変化を直観で読み取る。

たとえば、近い将来この人ともめる事になるとか、この店は壊れてしまうとか、この人は病気になるだろうとか、そういうこともわかるような気がする。

自分自身のこともそうで、朝起きて小さなリズムの違いを読み取る。それは枕の位置の微妙な違いかもしれない。聞こえてくる鳥のさえずりの変化かもしれない。しかし、読み取る。
そして意識して、リズムを整えていく。少しづつ整える。
小さなリズムの乱れの重なりが大きな損失をもたらす。
小さなリズムの乱れのうちに修正してしまう。

今日車走っていると、事故に出くわした。
軽自動車の車両は大きく破損し、救急隊員たちが運転席から女性を運び出そうとしていた。
すでに女性の意識はないように見えた。
もし、私が彼女であったなら、今日の朝、小さな変化からそのことを予見出来たろうか。
不安は残る。

しかし、私は心でも深い意識で決心していることがある。
私は多くの人々のために役に立ち、そして家族を幸せにし、周りの人たちを幸せにしていく運命を背負った人間であることを。
そこから運命を考えている。
そうして変化を読む術を見につけた。
だから、喜びがあっても生きることに不安はない。不安は残ってもすぐに煙のごとく消え去る。
そして、再び煙の向こうから満たされた自分が現れる。
いつも幸せである。
by japanheart | 2006-05-04 12:03 | 医者の本音 | Comments(5)

再出発

再出発ー第1陣
先日2006年度の活動再会に向け、第一陣の看護師2名が出発しました。
本格的活動再会に向け、準備を整えつつ、現在以前、治療を受けた患者さんたちを見てくれています。
彼らにとって今年はどんな年になるのだろうか、
と考えます。

人の運命は他人には変えることができない、ということを考えると、彼らの運命
は彼ら自身の手の内にあるといえるのだと思います。

1年後ここを訪れる人たちが何を持って帰るか楽しみです。

今年のキ-ワードは
         自由
です。

地位や名誉からの自由。お金からの自由。しがらみからの自由。思い込みからの自由。
そして勇気のなかった今までの自分からの自由。

楽しみです。
by japanheart | 2006-05-02 11:09 | 活動記録 | Comments(0)