特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

病気を見極める

病気を見極める
今日本に帰り、4月下旬からスタートする活動のための様々な準備をしています。

昨日そういえば、従兄弟がおしりにできた良性腫瘍をとった後が思わしくないといって夜中におばさんに連れられてやってきました。2週間以上前に手術をしたが傷が治らず、激しく浸出液がでて、大きな空洞がお知りの脇にできガーゼがそこに突っ込まれていました。
 今かかっている手術をした他の病院の医者が、この手術はなめてやるべきでないのに、若い医者がやったのだろうとか言ったそうです。
傷が治らないのと痛みがあるのと、なんか怖い病気ではないかということもあって、おばさん曰く、本人は文句ばっかり言っているらしいのです。
私の前でもそんな感じでした。

私はしかし、病気に関してはいつもほとんど自分が原因だと考える人間です。日ごろの生活から、考え方、人間関係、身をおく環境、食べ物、遺伝、免疫力、自分が選んだ医者、病院選択にいたるまで、普通は誰にも強制されずに自分で選択しているからです。医者や病院を他人が進めたからといって他人のせいにしてはいけません。自分で決めたのですから。

総じて経験的にいうと、あくまで個人的な経験ですが、自分で責任を引き受けない人は問題が起こりやすいし、起こった後もスムーズにいかないように思います。
そしてそうするうちにあきらめて、どうして自分はこんなふうになったのかな?自分の生活も間違ってたのかなと考え始める時期に一致して、病気が治りだしたりすることも多いと思います。

そこで、今回、従兄弟に次のように言いました。
「この状況は、特に怖い病気だから起こっているわけではない。しかしひどい感染を起こしているので時間はかなりかかる。その医者が手術するとき、もう少し感染を警戒しておいた方が私はよかったと思うが、今の医者が言うように別に若い医者でなく、ベテランがやっても十分この状況は起こりえる。それより自分の生活一般を反省した方がいいよ。もっと腫瘍が小さい時期、もう2年以上も前に私は手術を勧めたね。それでも自分の責任で行かなかった。恐怖心は理解するけども。だからどんどん大きくなってお知りの穴に傷が近づいて、菌が感染を起こしやすいようになってしまったということ。だから半分は自分の責任だよ。ましてや同じ手術をしても起こさないような人もいるということは、君の免疫力にこの感染が依存する部分も多いのだよ。」

人は自分で責任を引き受けるには勇気がいるのだと思います。

全て自分の責任と考える人間のみが、より深く自分を知ることができると思います。
by japanheart | 2006-04-25 23:48 | 病と人間 | Comments(0)

否定を斬る

否定を斬る

心にわだかまる不安を一掃する。
そんな芸当が私にもできるのか。
心に興りくる否定を片っ端から一刀に捨てていく。
そして残心する。
今はそんな生活がある。

この国にやってくる色んな世代の人たちに私はあれこれというのだが、自分に対してはいつももっと厳しくありたいと思っている。
自分に何を課すか、私はすでに決心している。
これからの私にとって必要なものは何かを考えた。

五感を研ぎ澄まし、六感を練り、運命を引き寄せる。
そのための方法も決定している。

発酵・熟成を今の日本は失っている、という言葉をあるとき手に入れた。
発酵したり、熟成したりということは、すなわち時を錬るということだ。
日本の文化のエッセンス。

私は人として発酵し、そして熟成に入りたい。
そこからしか見えない世界がある。
by japanheart | 2006-04-18 00:09 | 医者の本音 | Comments(0)

進むかどうか

進むかどうか
今、この国は非常な制限体制を引いている。
政治には全く関与しないと決めているわれわれにもその影響は大きく圧し掛かかっている。
多くの外国の団体、国連なども入国制限のために入国できないような、また活動制限を強いられている。

多くの組織が規模を縮小あるいは停滞させている。ひどいところはこの国から撤退していく。
効率論からいうと、他の国に行った方が遥かにいいのかもしれない。
なぜ、ここでやるのかという意味を知っているか、どうかにかかっている。

そして新しい派遣者の入国許可がなかなか取れない状態が一方でわれわれにもある。
私たちは何でもスムーズにすすむことをイメージし理想としているが、いつもそんなにうまくいく必要は無い。
今年の派遣予定者には少し申し訳ないが、私にとってはうまくいっている時もそうでないときも最近では同様に楽しいと感じる。そのために働くスタッフがつらい思いをしているのをまじかで見ているが、どうしてもこの状態を楽しんでしまう。

もうひとつ感じることがある。
このような状態はたとえば、表面的には一方で私やこの国の環境であるが、もう一方では派遣者自身の問題であると思っている。
許可が取れないというのは、天が彼らにその許可を出していないと見ることもできる。
彼らの心が、まだまだ自分の中にのみ留まっていて、この国の人たちのためにという思いが不足している。天を説得するにはその両方がいる。自分の幸せと他人の幸せ。その両方が満たされたとき天運が味方する。
by japanheart | 2006-04-15 09:46 | 活動記録 | Comments(0)

まじめにやる

まじめにやる
とにかくまじめにやる。
それが大切だと思っている。
ここに来る多くの若い世代は、日頃お世辞にも緊張をする生活を送っているとは思えない。会ってみても、溢れ来る緊張感が伝わってこない。それが、すなわち日本という国の、生き写しだと思う。若者はその国の鏡である。
だれた生活からは、人の心を打つようなものは生まれにくい。
一見だれているように見えても、研ぎ澄まされた感性を宿していないとダメだ。
若いうちはゆるみという状態から鋭さを生み出すことはできない。
歳を重ね、経験を重ねることによってこのゆるみが、所謂、ためになりより大きな鋭さを生み出す。
だから若いうちはとにかくまじめに、直線的に生きてみることが大切だと思う。
時期が来れば、やがて生き方が弧を描けるようになり、人としてのうまみが出てくる。
私は今でも直線的に行き過ぎて、人から疎まれることが多い。
まだまだ、未熟なのだと思う。

若い人は私よりもっと直線的な生き方をしてもらいたい、と思っている。
      あっという間に10年くらいは過ぎていく。
by japanheart | 2006-04-07 12:46 | 基本 | Comments(0)

ポテンシャル

日本人のポテンシャル
今年1年を振り返り、ここにやって来た人たちのことを思う。
医師や看護師合わせて、のべ30名くらいがここに無償でやって来てそして働いてくれた。
医療の専門家でもない人たちも数十名がボランティアに来てくれた。
中には、この人はといういう人たちもいるにはいたが、総じて皆まじめで、頑張る人たちだった。
朝早くから、夜遅くまで働いてくれていた。

そこに日本の希望がある。
弱っていく祖国を遠くから眺めながら、やはり日本の希望は日本人なのだと思う。
年老いていく人たちがあまり幅を利かせてはいけない。
少なくとも若い人たちが進む道を開けていなければいけない。
米寿を過ぎてもなお、しゃしゃり出ている人がいるが美しくないと思う。

美しく生きるという美意識は、私の最も大切にするものだ。
幾つになっても美しく生きたい。
by japanheart | 2006-04-05 13:07 | 医者の本音 | Comments(0)

そろそろ

そろそろ-一時帰国
そろそろ一時帰国の時期がやってきました。
この時期に、ジャパンハートはまとめてスタッフの入れ替えをやります。
そして4月下旬、再びスタッフが徐々に入ってきます。

内科的な疾患はここの病院スタッフに任せ、私たちが帰ってきた後、再び外科的な疾患の治療も再開となります。

長い間続けて行こうという活動なので、先を焦らず、日本人達の状況も加味し、ミャンマー人の状況も加味し、全てバランスを整えながらやっていきたい、そう思っています。
小さな無理を重ねると、やがて将来の大きな障害となります。
人の体や人生と同じ。組織も人が集まりできたものであるならば、そう考え、短い間ですが一旦休ませます。

後数日、病院に残る患者達を全て退院させ終わったら、我々もここからヤンゴンに上がっていきます。
by japanheart | 2006-04-03 12:33 | 活動記録 | Comments(0)
来る人あらば、また去る人あり

今日、約1年間ここで働いていた高橋医師とその妻で看護師の雅代さん、そして彼らの子供リキ君が今日ここを旅立って行きました。
この1年彼らはどのような時間を過ごしたことでしょう?
そして私との出会い、ミャンマーやそこで暮らす人々の出会いが彼らの何を変えたのでしょうか?

何事にも’さなぎ’のような、いわゆるincubation periodといものがあると思います。
彼らのここでの経験が、彼らの中にゆっくり沈み、そして血肉になるのにはまだ数年の時間がかかるでしょうが、必ずや彼らはここでの様々な経験から、人としての大きな正に正道にその歩みを近づけることになると思います。

今年もまた多くの人がここに歩み来て、また多くの人が過ぎ去ってゆく。
巡るべく季節のように、新たなる歳を重ねてゆきます。

     去る日とが落とせし種をながめつつ
         また咲き来る 春の新しき日と

by japanheart | 2006-04-01 02:00 | 活動記録 | Comments(0)