特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:講演会( 26 )

講演会のお知らせ

講演会のお知らせ

 いきなりで申し訳ないですが、今日、講演会します。
 六本木ヒルズで。

 以下を参照ください。

時間ある方は是非!

【4/10(金)19時@六本木】日本元気塾セミナーに登壇 

e0046467_09125834.png

by japanheart | 2015-04-10 01:17 | 講演会 | Comments(1)

チャンスを生かす

チャンスを生かす

 今日も大阪の中学・高校生相手に講演をしたんだけど、 
私がいつも厄介だと思うのは学校での講演会。
 特に中学・高校はいつも厄介だと感じる。

 理由は明白で、自らの意思で聞きに行く普通の講演会とは違い、半強制的に椅子に座らされ聞かされる。
 今時の学生は与えられることになれていて、与えられるのが当たり前で、しかも受け取りたがらないからだ。
 子どもたちは、おそらくお腹一杯なのだと思う。
 生まれたときから親や世の中が至れり尽くせりで、そんなお腹一杯の子供たちに、何かを食べさせようとしても、食べようとしないし、食べてもおいしくない。

 だけど大人たち、教師たちは、子どもたちの将来のためにそれを食べておけという。

 ここで白羽の矢が運悪く私にたち、講演会で話すことになる。

 どこの大学の授業でも同じなのかもしれないが、全く世の中や異性のこと以外に興味を示さない人たちもいる。だから、寝ていたり、別のことをしていたりする学生も多い。

 これいつも言うんだけど、はっきり言って、私は聞いていなくても寝ていてもどうでもいい。
 聞きたくない人は聞かなくてもいいと、本気で思う。

 だから若い頃から人生に冷めてそこで寝ていろ!と思っている。
 どうせ自分がやってしまった責任は自分でとらされることになる。
 いい出会いや経験を拒否しておいて、まさか将来、自分がほしいときだけそれが訪れると思っているわけはないだろう??
 神様がそんな人間にいい出会いをくれると思う?

 しかしながらいつも思うのは、だからといって、別の場所に行けばいつもいつも自分の都合のいい場所や時間があるわけではないということだ。
 どこに行っても、目の前にある時間こそが、自分の人生であり、かけがえのない自分の時間なのだ。

 2時間そこにいやいや存在しているだけで、2時間自分の人生を失ったことになる。
 おめでとう!
 時間は何よりも大切だとやがて分かることだろう。

 人生とはこういう時間の連続でしかない。
 
 1000メートルの山に登ると考えてほしい。
 同じ1000メートルの山を登るのに、誰かに無理やり登らされてみてほしい。
 おそらく彼方は、登り続けている間中、その人間を恨み、文句をいい、景色なんぞ目に入らず、鳥のさえずりも、川のせせらぎも、心地よい風ですら、感じることができないだろう、きっと。

 でも、その1000メートルは絶対にあなたの義務なのだ。
 嫌でも登らないといけない。
 だったら、人に登らされず、自らの意思で登り始めることだ。
 自らの意思で登れば、誰も恨まず、文句も言わず、景色を楽しみ、風を感じることもできる。

 どちらを選ぶかはあなた次第だ。

 講演会の時間だって、同じなんだ。
 どうせ2時間以上、そこに座ってないといけない。
 だったら聞かされるのではなく、聞くのだ。
 自らの意思で、聞こうとするのだ。
 そういう時間を過ごすことを、時間を大切にするという。

 人生はこの連続だから。

 冷めた生き方の人間に自らの人生は微笑んではくれない。
 あなたたちがその冷めた目で見ているその景色は、あなたの人生そのものだと気付くことだ。
 他人を冷めた目で見ているのではない、見えているのは自分の人生そのものなのだと自覚することだ。

 私が小学校の6年の頃,音楽の授業で、打楽器の指導があった。
全員が椅子に座り取り囲む輪の中で、誰かが代表で弾いていた。
 教師が注意し指導する。このように叩き、このように弾くのだと。
 そのとき、数人が席を立ちそばにより、それをみていた。
 私を含め多くの生徒は席に座ったまま、遠くからその景色を眺めていた。
 その時、教師がこう言ったのだ。
 そこに座って眺めている人間は、絶対に上手くなどならない!

 何でも冷めて眺めてはいけない。反発してもいい。しかし冷めてはいけない。
 自分から関わるのだ。
 自分の人生に自分から関わるのだ。

 自分の人生はどこにある?

 人生とはあなたの今、目の前にあるそれのことだ。
 
by japanheart | 2014-12-10 02:10 | 講演会 | Comments(0)
2013年3月 学生セミナー

 1月19日(土)東京で4回目のセミナーを開催する。
 関東の皆さんはぜひ参加を。

 いつも東京でばかりのセミナー。
 そこで、西日本の学生を対象に、じっくりセミナーをやることにした。
 2013年3月に2回。
 
第一行程は
 3月14日(木)神戸港を船で出発、翌日、大分港着。 船の中で夜はじっくりみんなでディスカッションしたい。
  15日は朝食後、午前、午後、2回のディスカッションを予定している。夜はみんなで宴会予定。ホテル宿泊。
  16日(土)は朝から 総括を行い、お昼前に現地解散する。

第二行程
 3月15日(日)昼過ぎ集合し、ディスカッション。夜は宴会。ホテル宿泊。
 16日は午前・午後とディスカッション。夕方の大分港発の船で神戸へ。再び船内でディスカッションと総括。
 17日、神戸港で解散。

ってな感じで考えていますよ。

 どちらでもいいほうで参加を。
 ジャパンハートのスタッフにも参加して大いに盛り上げてもらいます。

 そして費用はなんと、19800円!!

  船代、全食事代、宴会代そしてホテル代全て込みの値段です。

 しかも、ホテルは私が大分で常宿にしているあるホテルです。
 ここは源泉かけ流しの温泉がわき、しかも完全個室のビジネスホテルです。
 (あまり教えたくないけどそこにしました。)
 
 一度に定員は15名程度。
 西日本・九州の学生はぜひ参加を。
 もちろん、東日本の学生や一般の人でもぜひ参加したい人は、いいでしょう。

 今、大分の知り合いに頼んで大分や九州の学生とディスカッションするための調整をしています。
 現地、大分でみんなで盛り上がれればいいですね。

 おそらく先着順になるかもです。
 募集は1月上旬から中旬頃、ジャパンハートのHPとブログでします。

 お楽しみに。

 このためにわざわざ私はミャンマーから帰国するんだから、よろしくね。
e0046467_1445467.jpg

 

 


  
 
by japanheart | 2012-12-22 01:46 | 講演会 | Comments(2)
USTREAM-社会貢献とは何かを、NPO代表が問う!


 1月21日 13時~15時 (JICA地球広場より)

  http://www.ustream.tv/channel/jplivetv-japanheart
by japanheart | 2012-01-21 01:09 | 講演会 | Comments(0)
1月21日は 講演します

 
吉岡秀人の想いを誰もが聞けるように、
そしてその想いを若者と共通できるように、
USTREAM放送という場を用意しました。

┌───────────────────────────────────────────┐

*番組視聴者のFacebookイベントページ*
https://www.facebook.com/events/234860523259121/

└───────────────────────────────────────────┘

ぜひ、1/21(土) 13:00-15:00は時間を取って、生放送をご覧下さい。

e0046467_0392086.jpg

by japanheart | 2012-01-20 00:45 | 講演会 | Comments(0)

第2回学生セミナー

第2回学生セミナー

12月18日の日曜日、第2回学生セミナーを開催する羽目に、否、ことになりました。

前回結構評判よかったらしい。
けど、いまいち私と話せない人もいたようなので、今回は懇親会まであってゆっくりと話をできるようにしたらしい。

内容は私は全く知りませんが、みんなで準備を進めている様子。

国際協力に興味がある人はぜひ参加を。

何せ私は、後進を育てることが、今の使命だと勝手に認識しているので。
性格的には、ちょっと面倒くさがってやりはしているけど。

とにかく損はないから、学生の間に、本気でやっている大人たちとつきあう時間を作ってみるのは大いに意味があるから。

名誉や形や、ステータスだけで生きている人間を将来、決して憧れたり尊敬したりしないようにするためだから。

人間はどこまで行っても、本質主義、実利主義がいいよ。

段位などないけど、本当に強い武道家を目指すか、10段の段位はあるけど、大して強くもない武道家になりたいのかという問題。

生まれてきたからには本当に強い武道家を目指せ。
by japanheart | 2011-11-04 11:10 | 講演会 | Comments(1)
7月3日 講演会のお知らせ


 7月3日大阪で講演会をします。
 講演は、対談形式によって進められます。

 対談のお相手は バイオリニストとして著名な枝並千花さんです。
 数々の賞を若くしてとっている人で、すごいらしいですが、
 またまた私は、クラシック知らずで、お恥ずかしい限り。



 さて詳細ですが、以下のようになります。

 東日本震災復興チャリティライブ 吉岡秀人 大阪講演開催


「  
日時 2011年月7月3日
    13:30 開場
    14:00 開始  
    17:00 終了
場所 東大阪市立市民会館 (大阪府東大阪市永和2-1-1)
主催 エンジェル布施
構成 2部構成

   <1部14:00~15:30 予定>
   開演 14:00
   講演 吉岡秀人&枝並千花 トークショー
   (社)ガールスカウト日本連盟大阪府支部の子供たちとのQ&A
   演奏 枝並千花バイオリンコンサート
   枝並千花オフィシャルサイト

    <2部15:45~17:00 予定>

   開演 15:45予定
   ダンスF.D.S"PON-PON"(八尾ダンス協会)キッズダンス
   音楽 Destiny Cloud
   ダンス・音楽 Re:D
   ミュージカル ECO&粉もんファミリー(エコミュージカル)
   音楽・歌 椿 彩綺
   トーク&歌  久本 朋子
   音楽    全体合唱
       (順不同・他参加者)
   
       
入場料   特別席 5000円
      A席 3000円
      B席 2000円  (当日席あり)
     
チケットはお振り込みとなります。振り込み手数料はご負担下さい。
なお、チケット代金は全て支援金となります。

振込先
エンジェル布施チャリティークラブ 野中みやこ
三菱東京UFJ銀行 小阪支店(415)
口座番号 0035362


場所 東大阪市立市民会館 (大阪府東大阪市)


問い合わせ
エンジェル布施チャリティークラブ
椿(つばき) 09083683850

または
ジャパンハート東京事務局

                       」
by japanheart | 2011-06-16 00:53 | 講演会 | Comments(0)

講演会 -東京大学病院

講演会 -東京大学病院


 昨日は東大で講演があって、話をしたんだけど。
 東大救急部主催。

 改めて思うのは、日本の医者たちは忙しいってこと。

 こんな人たちがたとえ少しでも海外医療を実践してくれたら、日本の医療は変わるだろうなと思う。
 
 私の前に東大の先生が救急医療について話をしましたが、この国際医療というのは、ある意味、究極の救急医療ですって。
 どんな場所であろうとも、限られた環境の中で、できうる限りの最善なる医療を提供してゆくということらしい。


 救急やっている医者や看護師がみんなきたらいいのに。
 究極の海外医療をするためにね。
by japanheart | 2010-12-02 20:51 | 講演会 | Comments(3)

最近の講演会

最近の講演会

 最近の講演会の予定を少しアップ。

 10月21日 藤田保健衛生大学
     23日 東北大学 学園祭
     29日 柏市 クリスタルホール 14:00 
     30日 堺市市民セミナー  13:30
 
 11月11日 高校(東京)
    27日 堺市(大阪)
    30日 東京大学
by japanheart | 2010-10-26 22:59 | 講演会 | Comments(0)

講演会について

講演会について

 最近、講演会が徐々に増えて、まあ、結構やっているかもしれない。
 自分の経験を、軽々しく話すのには何となく、腰が重い。

 誰でもきっと一生懸命生きていれば、苦労はしているはずで、別に私だけが特別苦労しているわけでもない。
 海外で医療という特殊性はあるかもしれないが、別にきわめて特別なことでもではない、と認識している。

 毎年、同じようにするところがあって、その度に昨年と同じことを話しては申し訳ないと思っているので、できるだけ違う話をするように心がけている。
 ということは、その1年で話すに値する経験や洞察をしなければならないということで、それは私にとっては良いプレッシャーになっている。
 海外医療などという世界は所詮、評価のない世界。
 あっても私の知る限り、きわめていい加減。

 だから、人のこころを打ち、生き方そのものに影響を与えれるような1年を過ごす。
 それができているうちは、人前で話す。
 なくなれば辞退する。

 たとえば、1年で1万人の人間を助けました、と話しても「すごい」と多くの人は思うかもしれないが、人のこころは打たない。
 たった一人助けても、人のこころを打つ話がある。

 そこに、こころを込めたか、人としてのストーリーがあるか。
 物語のあるところに、ひとはこころを同調する。

 高校生や中学生が多分私の話を聞くことは、意味があるのだろう。
 本当は、誰もみんなに聞かせたくはない。
 こころがこっちを向いているそんな若者に語りかけてみたいとは思う。
 そうでなければ、お互い迷惑な話になる。
by japanheart | 2010-06-09 00:57 | 講演会 | Comments(1)