特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:医者の本音( 101 )

人格以上の医療はできない

 まあ、しかし、と最近考えることがある。
 
 結局、医療というのは人格以上にならないのではないだろうか。
 
 医療技術という側面からいうと、そうでもないのだけど、人を癒すという側面における医療は、
 人格以上にはならないと、思う。

 面倒なことを嫌う人間が行う医療は、ミスが多い。それは多分、観察が足らない、あるいは情熱が欠如するのかもしれない。
 上から目線で、人を治療する医療者は、知らない間に患者を苦しめている。精神的に圧迫している。

 分からないことをそのままにできる人間は、患者の病態が理解できなくてもそのまま、適当に治療してしまう。
 これは今まで何度も目撃してきた。

 私は、若いくせに年寄りに、敬語を使えない医療者は嫌いだ。
 ため口を利くような医療者も多いが、なんでそんなに偉そうにいうのか分からない。
 患者である、あるいは施設入居者である老齢の人間は、受け身である上に寛容になっている。
 
 いつも言っているが、言葉が人生を造る。

 だから、年寄りに敬語を上手く使えない人間は、そのような人生を形造っている。
 簡単に言うと、傲慢になっている。

 私は、若い人対しては、結構、傲慢に振る舞う。
 上からの圧迫や上への反発こそ、大切な上昇の力を生む。
 いい気持ちではない人も多いのは、確実だけど。

 悔しかったら、いつでも私を抜き去ってもらいたいと切に願う。
by japanheart | 2011-05-18 09:29 | 医者の本音 | Comments(1)

この国の行方

この国の行方


 多くの被災地への志願者がいる。
 が、しかし、行政側が混乱を畏れてその行動の抑制を呼びかけている。

 私の考えでは、若者を中心とするこのようなある意味、衝動的な行動が次の時代を生み出すエネルギーだと思う。
 だから、本当は抑制などをさせてはいけない。
 それは大人たちの都合であり、意見だと思う。
 なぜかというと、本当はこのような緊急的・非常時にはどのように人や物流、エネルギーをコントロールし、運営してゆくかを大人たちがあらかじめ考えておかねばならないからだ。
 それを大人たちが、できないでいてそのつけを、若者たちに押しつけているようにしかみえない。
 今回の災害は、想定外だったというが、そんな大げさなことではない。

 大きな地震や津波は、あらかじめ予想しておかねばならないことだ。
 アジアやミャンマーでももう甚大な被害を出しているのは経験しているはずだ。
 対岸に火事のように思っているから、我が身に降りかかったときに準備ができていないのだ。

 原子力の問題も同じ。
 近隣国が盛んにミサイルの発射をしているのだ。

 当然、想定はできていないといけない。

 こん回は、この2つの組み合わせに過ぎない。

 これから若い人たちに新しい時代を創ってもらわないといけない。
 それにはどうしても大人たちの正しい誘導がいる。

 私は、若者たちは現場に直行し、混乱するなら何もせず黙ってみていろといいたい。
 それだけでいい。
 目の前の現実を知り、何もできないフラストレーションが、やがてエネルギーに変わる。

 もっともぶった賢い意見は、何かしら嘘くさくて、私は好きでない。
 
by japanheart | 2011-03-20 08:19 | 医者の本音 | Comments(2)

手術結果

手術結果

 断じて、言うが、私は自分が手術が上手いと思ったことは一度もない。
 多分、普通の医者よりは多くの手術をこなしてはいるが、それはそれで上手いということとは少し違う。

 まさに、頭から足の先までできうる限り、何でもこなす。
 産婦人科でも、小児でも、整形外科や時に、脳外科の範疇でもやれるだけはやる。
 ここでできなければ、貧しい人たちはもう行くところがない。
 諦めるしかない。

 だから、ここは最後の砦。
 いのちの砦。
 人生の質の最後の保証場所。

 勇気を持って突き進んできた。
 時には、いろいろな人たちにも誹謗されたりしたこともある。
 まあ、どっちでも良いことだが。

 現地で、子どもの「鎖肛」という、いわゆる生まれつきに肛門がない腸閉塞という病気を何回も手術をしてきた。
 ところが、なかなか上手くいかなかった。
 日本では、そこそこかな?と思っていたが結果が良くなかったのだ。
 いつも罪の意識を感じながら、自分の技量のなさを嘆いていた。

 今年に入って、恩師の青山先生率いる小児外科チームが、カンボジア-ミャンマーとまたいで子どもたちの手術を行うためにやってきた。

 
かなりハードなスケヂュールこなしながら、ミャンマーではこの「鎖肛」という病気を何例も手術して帰ってくれた。私なんかより、この人たちにやってもらった方がよほど、幸運だから。
いつもの私のように、手術自体は、うまくいった。

 ところが、やった結果がやはり、私のようになってしまう。
 結果が付いてこない。
 彼らも結果を聞いて、困惑する。

 日本では全部上手くいくのに、なぜだ??
 なぜ、こうなるのだと、、、。

 そして、わかったことがある。
 それに今まで私も気づかなかった。

 その正解は、何と術後に使う抗生物質の質の差だった。
 現地では、中国製かインド製の薬がメイン。
 日本では日本製。
 この質の差が、こんな結果の差を生み出していたとは、気づかなかった。

 術後、ひどい感染を起こし、みんな傷が開いたり、糸が外れたりする。
 そのために、結果が悪かったのだ。

 自分のやっていることが、それでようやく相対化された。
 ここを改善すれば、結果が付いてくる可能性がある。

 これから、子どもたちにもっと良い医療をできるという可能性に、幸せを感じる。
 
 


 
by japanheart | 2011-03-04 07:12 | 医者の本音 | Comments(6)

もっと良い人生について

もっと良い人生について

もっと良い人生ってなんだろうか?

 いま、国境からエイズで両親が亡くなったり、貧困で人身売買の危険にさらされている子どもたちの施設
「Dream Train」をつくっている。
 ここの子どもたちの人生について少し考えてみたい。

 生まれてから貧困が当たり前、毎日食べるものにも事欠き、両親が苦労している姿をもの心ついてからずっと見てきた子どもたちのなかには、自ら売られてゆく子どもたちもいる。
 それが彼らの美徳であり、悲しい幸せの形でもある。
 ミャンマーだけでなく、タイや、昔の日本だって同じだった。
 昭和の初め頃の恐慌で、東北地方の女の子たちは飢える家族のために、自らそうした行動を取った子どもたちもいた。

 あるとき国境の町で、通訳が私に言った。
「このむき出しのレンガの家、決して立派ではないですけど、この程度の家と引き換えに、彼女たちはエイズになってみな死んでゆきます。」
 家族のために外国に出て、体を売り、一時、このような家を建てるほどのお金を得て、つかの間の幸せと親孝行を味わう。そして、エイズになる。

 エイズになって、このぼろ屋を家族に残して、死んでゆく。

 親より先に死ぬ。
 親にとってそれほどつらいことはない。


 私は、もっといい人生があることを教えたい。
 決して急には豊かにならなくても、エイズのような病気にかからず、勉強もして、仲間もできて、そして最終的には、自らの才能を生かした収入の道を得て、自分も家族も共に豊かになる道があることを教えたい。
 時間はかかっても、その幸せのほうがいいのだと教えたい。
 
 彼らが信じている美徳は、十分な幸せのあり方ではないのだと、知らせたい。

 Dream Trainにきて、時間はかかるけれども、その幸せを知った子どもたちは、多分、刹那の豊かさや命の危険を冒した幸せの形など求めないと信じている。


 100メートルの景色ではなく、1000メートルの景色を子どもたちに見せたい。

 人は、自分の才能や能力が目覚めることをこころの底では、懇願している。
 もし、起伏のない、何も起こらないような人生を望んでいるならば、すでに豊かさを失っている。
 これくらいで良いというならば、自分の人生を大切にしていることにはならない。
 「足るを知る」こころは自らの才能を殺すことではない。

 せっかく生を受けたのだから、せめて自分の人生を大切に、そして信じて、可能性や才能を発揮させてあげたい。
 才能は、努力によって開花する遺伝的な能力だ。

 それが開花しはじめたとき本当のもっと良い人生が目の前に出現する。


 
 
by japanheart | 2011-02-03 22:16 | 医者の本音 | Comments(3)
新年にはじめ、スタッフに伝えたいこと

 今日、スタッフにあることを伝えた。
 
 それはいつも言っているが、何のためにこの活動に入ったのか?
 特に、何のために海外医療の門を叩いたのか?

 お金のためか?
 じゃないだろう。じゃあ、金のことは言うな。
 
 休むためか?
 でもないだろう。じゃあ、休みたいと思うな。

 いい加減な仕事をするためか?
 でなければ、とにかく不細工でもいいから、一生懸命何でも自分から関わり、積極的に生きてみる。

 将来、使うか使わないか分からない様なことでも、出会ったからにはその時々は、本気で知ろうとしろ。
 全てに、そのように生きる。ジャパンハートに参加した間は、何も考えずに一生懸命生きて、駆け抜けろ!
と伝えた。

 少しずつの、小さな心の姿勢が、総体で自分の人生の姿勢をつくる。
 小さな努力を惜しむものは、総体としてずぼらな人格を生み出す。
 勝手にそうしたい人は、そうすればいいけど、医療人にはなるな!
 
 病院にいて、患者の訴えをめんどくさがって聞かないくなる。
 適当に薬を決めたりすることもある。
 適当な報告や治療によって、人生が狂わされる患者も多い。

 めんどくさがったり、適当に生きていれば、それは自分の子どもにだって伝播する。
 可哀想に、金に汚い親の子どもは、金に汚い人間の心理を異常だと感じずに、受け入れ、そして守銭奴によって傷つけられる。
 全部、親のせいだ。
 めんどくさがった人生を親が歩んでいると、子どもはめんどうくさい人生や手抜きの人生が、もったいなく、自分の可能性を台無しにして、才能を埋もれさせていることを自覚できもせずに、人生を終わってゆく。
生まれた時から、それが子どもの人生というものの基準になるからだ。
 親の罪は深い。

 一生懸命生きて、自分を大切にすることは、患者を守り、わが子を守り、子孫を守る。
 一生懸命生きてもいない人間が、未来の地球の事を心配する必要もない。
 
 今日、日本からはなれた遠い国で、日本人と現地人に、まずはいい人間になろうといった。
 その人間がする医療はきっと、そうでない人間がする医療よりも少しましなはずだと。
 あなたの人生を、もっと質高くする。
 それは別に難しいことじゃない。

 目の前のことに面どうがらずに、一生懸命に取り組む。
 分からないことは、いい加減に放置しないで、必死に解決しようとする。
 そしてコレを繰り返す。

 これ以外の方法など、私は知らない。
 
by japanheart | 2011-01-02 02:48 | 医者の本音 | Comments(3)
現地への訪問あるいは参加


 ジャパンハートでは現地への参加者が多く、調整に手間取っている。
 申し込んでくる人は、自分のことしかなかなか考えられないが、対応はたいてい一つのスキームに対してひとりで行う。たとえば、ミャンマーの短期受け入れは、たったひとりでやる。
何にもでやると、情報の不均衡が生じたり、対応に不公平が生じたりするのを避けるためだ。

 まあ、しかし受け入れる方は手間も含め大変なのは確か。
 そこを理解していくれないと、お互い上手くいかない。

 しかし、これの参加には前提がある。
 それは、ジャパンハートの方からは一切の申し込みをしていないということ。
 ジャパンハートのスタンスは、あくまでもがんばって調整し、受け入れるように努力します。
 
 だから、是非、多くの現地見学の人たちはエチケットを持ってほしい。
 一つの見学が成立するまでの間に、スタッフが一体、ひとりあたり何回、その人とやり取りをし、現地と調整するのか。それは決して、簡単ではない。

 ある日、参加したいです。
 そしてある日、やっぱり都合が悪くなったので、やめますでは。
 
私は3歳の子どもにでも、ありがとうとごめんなさいとかいいなさいと教えているし、自分が悪ければ多少損するのは当たり前だと教えている。
それとこれは違うかな?社会人なんだけどね。
 一言の心のこもった言葉が、お互いのためにはいいんだけど。

 スタッフの払った時間や労力は何だったのか?と気の毒になる。

 ジャパンハートは参加に際して寄付はもらっているが、ビジネスでやっているわけではない。
 長期のスタッフも最初は皆、お金を払って参加する。
 これはジャパンハートの決めた、参加する人、日本で応援する人も皆、お金を払ってこの活動を支えましょうということである。

 だって参加する人は、その活動があって参加ということになっているのだから、それを拒否するというのは、どうかと思うだけど。その活動を支える気がなくて、ただ自分がそういうことをやってみたいだけ?の人に、ジャパンハートが場所や機会を提供する必要がある?

 まずは活動に対する賛同。それが最初でしょ?
 
 何度も言うけど、ビジネスじゃないから、活動に賛同できない人は来てもらわなくてもいいわけで、他の団体を当たってほしいと思うけど。

 横柄に聞こえる?

 あと、スタッフにいつも言っていることがあって、それは海外に慣れていない人や、ジャパンハートの活動地は、危険だと思っている人も多い(実は、全然そんなことはないけど)から、自分がその立場に立って、親切に対応して下さい、ということ。
 自分もはじめはそうだったんだから。

お互いに気持ちよく、参加し、参加されの関係をつくるために今、規約をもっとしっかり作り始めた。

まあ、しかし、自分の人生を変えようとしたり、刺激したければ、お金を惜しんでいたらだめだね。
自分に対する投資だと位置づけないと。

本当は、お金では買えないほど、いい経験なんだけど。

お互いにエチケットをね。


 
 
by japanheart | 2010-12-16 01:05 | 医者の本音

趣味

趣味

 よくよく聞かれることに、趣味は何ですかって?

 何だろうかと?いろいろ考えてきたけど、ないという結論に。

 私には趣味なんてない。

 する時間もなければ、する気もない、余裕がない。
 ついでにお金もない。

 いつもいつも活動のことだけで精一杯で、24時間そのことだけしか考えていない感じすらする。
 読書をしても、全てそこに直結している。
 もちろん家族のことは考えているけど。

 そんな人生つまらないと思うかどうかは、個人の嗜好の問題で、私自身は結構満足しているから続いているのだろう。
 かつて書いた、副作用の法則で、もう抱えきれないくらいのものを受け取っている。
 何をかっていうのは、自分で経験してみるといい。
 驚くほど、人生は豊かになる。

 この活動をして、得た一番の副作用とは何ですか?と先日質問された。

 そりゃ、すばらしい友と家族です。
 この活動を志したから、今のようなすばらしい家族や友たちに出会えた。
 結局、自分と釣り合った人としか引き合わないから、自分が少しでも高く成長するしかない。
 そして共に成長できればさらにすばらしい。

 そういう意味では、まあまあいい人生かもしれない。
by japanheart | 2010-12-03 23:51 | 医者の本音 | Comments(0)

技術というもの

技術というもの

 最近、医療行為以外に忙しくなってきたのは、もう何度もこのブログに書いてきた。
 毎日手術をするのと、月に半分手術をするのでは、自ずと同じ人間でも差が出てくる。

 私は、多分、最高時より技術力が落ちているかもしれない。
 そう最近思うようになった。
 そう感じているが正解かもしれない。
 
 今はまだ、手術に失敗し、ということではなく、簡単な凡ミスをする。
 たとえば、尿道近くの手術をするときに、尿道から膀胱へいれるチューブをいれ忘れる。
 同じような手術をしても、以前より少し出血量が多いかもしれない。

 どうやって技術力を維持するか。大きな問題で、最近よく思い悩む。

 外科医としての人生は、あまり長くないかもしれない。
 外科医たちが聞けばこれからではないかと、驚くかもしれないが。
 まあ、世間の常識はどうでもいい。
 早めに、誰かに移転してゆきたい。
 
 そうしてまで私にはやらないといけないことが見えてきたから、仕方ない。
 山は高く登るほどに遠くまで見通せるものだ。
 
 人生、1にタイミング、2にタイミング、3にタイミングだと認識しているから、とにかく上手く時間の流れを理解してゆきたい。

 今は自分が武蔵になり自ら剣を振るうことではなく、武蔵が軍団を率いて戦う姿を目指している。

 
 
by japanheart | 2010-11-13 02:47 | 医者の本音 | Comments(3)

質という考え方

質という考え方

 他人の人生や生死に長く関わってくると、少しでも多くの人の境遇を何とかしたいと多くの人は思う。
 それは、当たり前のことで、それはそれでいい。
 
 人間、生きてなんぼ!ということだ。

 しかし、、、。

 多分、それに私が全面的に賛同していたら、私が目指す”たとえ死んでもこころ救われる医療”という概念は,生まれなかったろう。

 私は、一人でも多くの人を救おうと活動をしている人間から見れば、まあ、あまり歓迎されることはない存在だ。
 必ず否定的な意見を、どこかしこで言われている。

 実は私、昔この活動をはじめた16年前、押し寄せる患者たちにたった一人の医者として立ち向かった。
 少しでも多くの人のために!とこころと体にむち打った。
 本当に過労死するかと思った。ちょうど、30歳の頃。今なら死んでいると思う。
 朝の5時から働き、夜は12時まで毎日働いた。
 そしてわずかな睡眠時間も、上手くいかない患者たちの治療の夢を見ている。
 それはそれで幸せだったかもしれない。

 でもあるとき、こう思ったのだ。

 ”私って,本当に幸せ?”
 ”これが私が本当にしたかった在り方?”

 そして長く考え続けた。
 答えは”NO”だった。

 数量の概念に,支配された私の人生は、あまり幸せを感じていなかった。
 そこで重大なことに気づく。
 こんなに多くの人に、少しでも幸せを振りまいているのに、自分の人生がなぜか痩せている。
 本当は私は、私が幸せになりたくてこうしているはずなのに、私のこころはあまり幸せだと思っていない。

 私にとってもっとも大切にしなくてはならない,かけがえのない、たったひとつのもの。
 ”私の人生”

 それが、ないがしろになっていた。

 誰よりも,現地の人のために働いていた。
 多分、誰よりも。
 けれど、思ったより幸せにはなれなかった。

 そして、再び考え続け、ある結論に達する。
 どうして、幸せになれなかったのか。
 、、、ただ数におぼれ、患者の人生の質に、踏み込めずにいたから。

 他人の人生の質を無視することは,自分の人生の質をないがしろにしていることなのだと気づいた。

 それから、数量よりも、質をいつも意識してここまで来た。
 
 当たり前だが、質という限りは、どう考え、どのような態度で、こころで,技術で患者に相対するかということが、自分の人生には大切になる。
 ただ、数を助ければいいというなら、こんな活動はしていない。
 知り合いの優秀なマラリアの専門家の先生にお金を全部預けて,一人でも多くの人を助けてもらう。

 ただ、それでは自分の人生が痩せるのだ。
 そして痩せれば痩せるほど、たったひとつの大切な自分の人生が豊かさを失うのだ。

 一人でも多くの人を救うことが、何にもまして大切だと思う人間はそうすればいい。
 別に、それを否定はしない。
 ただ一緒には仕事をしないだけだ。

 今日本も、30兆円を越える予算を医療に使っている。
 その中で,果たしていくらが人命に関わることに使われているだろうか?
 
 自分の国でも、多くは直接、人命に左右する医療に使っているかどうか怪しいのに、海外だからといって,人命至上主義は、私には納得できない。
 風邪程度で、病院にかかるのはやめましょう。
 骨折は,死ぬ病気ではありません。
 生まれつき顔の変形があっても大丈夫ですよね。
 皆さん、なるべく生死に関わる人にお金を使いますから、どうかそうでない人は医療を受けるのは,ご遠慮ください。などなどと。
 
 いったい、誰か言ったやつはいるか?

 人にはそれぞれに自分の人生を最も大切にする権利がある。
 だから、風邪でも,骨折でも,変形でも、医療を受けることを非難されたりする必要はない。

 海外医療だけに、なぜ人命至上主義が,はびこるのか?

 私は30歳の頃、自分のいのちを賭けて、挑み、そして自分の人生の質と患者たちのいのちや人生の着地点を見つけた。
 だから、せめて多くの人には、安全な場所にいて、裕福に守られる環境からの発想ではなく、そのくらいの人生を賭けた挑戦から得た知恵の言葉や思いを聞かせてもらいたい。

 私にはできたから、誰でもできると思う。
 やるかやらないかだけ。

 修行もしないで、本ばかり読んでいる僧侶のことを信用するか?
 実際に厳しいトレーニングもせず、知識だけたくさんあって、現場で活躍もできないアスリートのアドバイスを聞くか?
 お金だけ動かし、システムをいじっても、いっこうに国民を豊かにできない政治家の言うことを信用するか?

 
 
 


 
 
by japanheart | 2010-07-07 03:03 | 医者の本音 | Comments(1)

環境を造る

環境を造る

 こういう活動をしてゆく中で、しばしば私に対して指摘される事柄がある。

 この活動をはじめて、この活動からは私は幾分かの給与ももらったことはないし、今後ももらわないと思う。

 それは私のこだわりなので他人に強要はしない。

 ただ自分の生き様を,金銭に置きかえたくはないという、やせ我慢かもしれない。

 時間をお金で切り売りしないという,私なりの美学がある。

 今までも、そしてこれからも多分このように言われるだろう。

 「あなたがそのようにできるのは、奥さんが働いて,子どもを養い,生活の面倒を見ていてくれているからだ。」

 その指摘は多分、正しい。
 今の形のあり方は,妻の献身があってのことだと思う。

 私はたとえ妻と出会っていなくても,この活動をしていた。
 しかし、自分の身を支えたり,子どもがいれば、その生活を維持するために,日本で働いていたと思う。
 飢えない程度、最低限は。

 だから今のような状態は,妻の協力なしには成立しなかったろう。
 
 だからといって、そうでなかったとしても、この活動から直接、報酬を受けるつもりはない。
 それが、私の美学だから。

 ここで敢えて言いたいことがある。
 
 それがあるから私が安全であり、自分たちはそうでないと思う人たち。
 私だけが恵まれており、自分たちは経済的なことも含め、もっと困難な状況にあると考える人たち。
 そういう人たちに、私からのメッセージ。


 もし、私のような境遇さえあればと思うならば、そういう人を伴侶にすればいい。
 そういうパートナーを獲得すればいい。自分の力で。
 私は運がよかった?
 まあ、そうかもしれない。
 運も実力のうち?という使い古されたフレーズがある。

 他人の境遇を羨んでも仕方がない。
 ああ、もっと裕福な家に生まれたらと思って生きていても、裕福にはならない。
 裕福になりたければ,そのように行動するしかない。
 それほど当たり前のことを言っている。

 ぜひ、多くの人が,最高のパートナーを獲得することを願っている。

 最初にすることは、自分の魅力を上げること。
 類は友を呼ぶから。
by japanheart | 2010-07-06 02:10 | 医者の本音