特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:いのちの重み( 37 )

ミャンマー透析事情

ミャンマー透析事情

性格的に、いいと思ったことは躊躇しない、ということにしている。
何かやるとき、まあ、お金もいることだから、何でも首を突っ込むわけにはいかないが、
それでもできる限り、力のおよぶ限り。

最近は、人材不足に悩みながら、少しでも前に進もうとしている。
何でこんなにいい人材がいないのだろう?と悩む。
でもこれって大半の経営者が言っている台詞かも。

ところでミャンマーでは腎不全で透析の恩恵を受けれる人口は日本と比べれば、本当に一握りだ。
日本は週3回が基本。
ミャンマーではコストの面もあり、週2回が基本になっている。

もう少し透析が広まればもっと多くの人々が恩恵を受けれるはずなのに。

もう一つ、ミャンマーは世界で一番、蛇にかまれて死んでしまう国。
バイパー、コブラ、キングコブラまでいる。
この人たちが、もし緊急に人工透析を受けることができれば、死ぬ人数ももっと減る可能性が高い。

そこで思いついたっていうか、この計画にまたもや乗ってみた。

ミャンマーに人工透析を少しでも早く広めよう!
お金はかかるけどね。

ジャパンハートのスタッフたちは、これを聞けば耳をふさぐ人も多いと思うけど。
そこはそれ、世の中のためだから。

ということで早速、11月の下旬に、ミャンマーで中心医療機関の医者や看護師など医療者を
旧都ヤンゴンに集めて、第一回セミナーを開催する。
徐々に、ここから加速させ、実際の透析の広まりをスピードアップする。

5年くらいで、すべての地方中心病院で、透析が行えるようになるのが理想だ。

日本人たちよ、日本で文句や愚痴ばかり言いながら働くよりも、年に1から2週間、こんな活動に協力を
してみたらどうか?

医療に関しては、正に、何でもやることがあるし、意義もある。
私たち日本人が、開拓すべき無限の荒野が今、目の前にある。
by japanheart | 2011-10-31 07:27 | いのちの重み | Comments(1)
スマイル-スマイル その2

 ずっと前に書いたブログに、私が日本で小児外科の外科をやっていた頃、ガンの転移で失明して目が見えなくなってしまった子どもがいた。
 4歳か5歳か、そのくらいだったと思う。
普通の大人でもそんな風になったら、一体どれほど動揺するのだろうと思う。
この記憶を引っ張り出すといたたまれなくなるが、話を続けたい。
 この子どもがある日、突然病棟から消えた。
 病棟は上へ下への大騒ぎ。
 みんなでそこら中探した。

 数時間後だと思う。やがて、病棟の倉庫の片隅から、この子が出てきた。
 当時、私の上司は、本当に心配したのだろう。
 本気でこの子を怒鳴って怒った。
 私を含む多くの大人が、この光景を黙ってみていた。
 それが私の後悔。

 どうして、こう言えなかったのかと今でも思う。
「皆でずいぶん探したんだ。どこに隠れていたんだい?全然分からなかったよ。すごいね。」

 目が見えなくなった子どもが、ちょっと隠れんぼをしただけだった。
 毎日、暗闇の中で過ごすたった4歳か5歳の少年が、少しだけ冒険をしたのだ。
 みんなで、この小さなトム・ソーヤを囲んで楽しくいかなければならなかったのだ。

 この子はもうこの世にいない。
 そして私は今でも後悔している。

 この記憶が、スマイル・スマイル事業に反映されている。

 子どもたちの好きなところに行って、好きなことをさせてあげよう!

 大人が大人の価値で決めた場所や冒険ではなく、自分たちがしたい冒険の場所へ。

 がんと戦うたくさんの子どもたちが、これから冒険してゆくだろう。

 それを実現すれば、あの子は少しでも私たち大人を許してくれるだろうか?
 
by japanheart | 2011-09-02 13:24 | いのちの重み | Comments(3)
スマイル、スマイルーその1


 ガンや難病の子どもたち家族での思い出の記憶をとはじめたスマイル・スマイルプロジェクト。
 
 子どものいのちの未来は分からないが、病気で戦う子どもも、その親や兄弟にも少しでもいい思い出と生きる気力をもってもらうためにとはじめた。
 医療者がその旅行に付き添うこと、どこでも可能な限り希望の場所に行く、ということがこの特色だ。


 昨日、7月にディズニーランドに旅行に行った女の子のお父さんからメールが届いた。

 29日、この女の子はこの世を去ったという内容だった。
 でも念願のディズニーランドに家族でゆき、誕生日にはイチゴのケーキを食べ、、、、、、。

 本当に感謝をしてくれているようだった。


 しかしながらといっては何だが、やっぱり私は奇跡でもいいから子どもには生きていてほしいと思った。
 どんないい思い出をつくっても、ちょっとむなしい気がした。
 短い文章からでもこの父親が、どれほどこの女の子のことを愛おしく思っているかが、痛いほど分かった。

 何と私たちは無力なのだろうか。
 いのちに対して何と。

 せめてこれくらいのことしかできない自分がこころ苦しい。

 そんな気持ちを引きずりながら、それでもやってゆくしかない。
by japanheart | 2011-08-29 22:49 | いのちの重み | Comments(1)
だからやらねばならない!

昨日の続き。

ガンは日本人みんなの問題として捕らえる視点がなければならない。
明日あなたが、あなたの子どもがそうなるかもしれない。
その時に、社会が少しでも支えてくれれば、少しくらい助かるはず。
そういう相互扶助が世の中には大切。
このプロジェクトもその相互扶助のひとつ。
社会のセーフティーネットなんだ。
医師:石田健太郎と中田志織が指揮するスマイル・スマイル・プロジェクト。
石田健太郎が書くブログから今日の思いを、留め置かまし!




どうも、石田です。

さて、つい先日スマイルスマイルプロジェクトで
また一人の女の子の企画を実施しました。

個人情報のことがあるので
詳しいことは言えないのですが、
彼女はいわゆる「末期癌」でした。

頭には多数の転移が見つかっており、
片肺は癌性胸水のために水浸しになっています。

事前の主治医先生からの情報でも
かなり厳しい状態ですとのこと。
実施日を決めてはいたものの、
そこまでもたない可能性も
十分あるだろうということでした。

そんな彼女もなんとかその日を
迎えることができました。
家族5人のささやかなお出かけでした。
ずっと楽しみにしていてくれたのです。

今回は主治医と担当看護師の
お二人たっての希望もあり、
自分に加えてそのお2人が
同行したのですが、そこで
驚くことが起こったのです。

当の本人が見違える程
元気になっていました。
少しトイレに行くだけでも
息切れが激しかったその子が
妹の押す車いすに乗り、
誰も追いつけないようなスピードで
走り回っていたのです。

そして、興味がある場所には
車いすから降りて積極的に
自分で歩いて行きました。

終始笑顔だった彼女は食事も
もりもり食べて一日元気に
過ごしきりました。

それを見て医療者3人は
ただただ唖然としていました。
だって、変な話、この外出中に
何か起きて亡くなっても
おかしくないくらいの人でしたから。

ご家族も大変喜んでくださって、
「やってよかった」と思えるものになりました。

さて、ちょっと具体性に欠けてしまう
報告でしたが、言いたかったことは
「生命力はほんの些細な
目標にも大きく影響される」
ということです。

きっとこういう小さな楽しみのおかげで
その人が一時的に元気になれて、
家族で濃い時間を過ごすことができたら
もし寿命を縮めることになったとしても、
大切なことですよね。

頭では分かっていたことだけど、
やっと心に響いて理解できました。

付き添ってくれた担当看護師さんは
報告に帰った病院に到着すると、
安心と嬉しさで泣き出してしまいました。」

「先日「生命力」というブログを書きましたが、
そこに補足したくなることが起きました。

今日聞いた話だと、その子の企画実施後に
病院に戻って検査をしたところ、
肺に溜まった胸水が減っていたそうです。

彼女の胸に溜まっていたのは悪性胸水で
専用のチューブを胸腔内に留置して
排液しても、すぐにまた溜まってきた
どうしようもないものでした。

まぁ、我々のお陰だと声を大にして
言えるようなものではないにしても、
もし役に立てたのならば、それって
すごいことですよね。

いやー、何にせよ人間ってすげー。」
by japanheart | 2011-02-23 12:48 | いのちの重み | Comments(2)
DREAM TRAIN -私にできること

 子どもたちの施設Dream Train 。

Dream Train
 (過去記事)
DREAM TRAIN
がんばります!
DREAM TRAIN ー経過
 


 できることは誰にでもある。
 誰にでもあるが、まずは教育や職業訓練の前に、子どもたちのためにご飯を与えてほしい。
 だから、子どもたちのための食費を少しでも、Japan Heartに振り込んでほしい。
 余裕がある人はさらに教育にかけるお金を振り込んでもらうと子どもたちは、自覚はしないだろうが、将来助かると思う。

 でも食べることが最低ラインで、あとはそのあと考える。

 これさえ確保されれば、誰が現地を訪れ子どもたちのために一緒に遊んでもらっても、何をしてもらっても
 いいと思う。
 個人単位では大きなことは誰しもできないが、小さな個人の集まりがやがて大きな成果を残すときがくる。


 もう10年以上前、日本で小児外科をしていた頃の話をしてもいいだろうか。
 あるとき、裕福な医者の家系にはじめて子どもが生まれる。
 しかし、子どもはダウン症だった。
 そして、鎖肛という、生まれつき肛門がない病気で、生まれつきの腸閉鎖だった。
 母親は、どんな子どもが生まれたのか全く知らなかった。
 知らされていなかった。子どもは生まれてすぐにICUに入院したからだ。
 知らないのは多分、家族が死産ということにしていたのかもしれない。一度も母親を見なかったと思う。
 父親とその父方の家族は、その家に生まれた子どもがダウン症である事実を決して認めようしない、受け入れなかった。かわいそうなこの子は、生まれてすぐに家族に捨てられたのだ。
 そして、そのまま鎖肛という病気で死んでくれることを望んでいたのかもしれない。
 すぐに人工肛門をつくらないといけない。
 が、家族の許可がでない。何度か話し合いがもたれたが、家族の承諾はなかった。
 日に日に、子どもは状態が悪くなる。
 お腹が、パンパンに腫れ上がっている。

 もうどうしょうもない状況が続き、治療をしないという結論が繰り返される。
 結局、父方のいとこで病院経営をしている医者がいて、そこへ引き取られていった。
 その後どうなったかは、分からないが、多分死んだだろう。闇に葬られてしまった。

 実は、私は、あのとき、本当は自分の子どもとしてその子を引き取りたいと思っていた。
 許されるのならそうしてあげたかった。
 しかし、私自身の担当患児でなかったこともあり、全ての流れの中でそれを切り出せなかった。
 結局、見捨てることになった。

 今も後悔している。
 勇気がなかった自分を悔いている。
 今なら、堂々と言えるのだ。
 「じゃ、私が自分の子どもとしてそだてましょう」と。
 だから、余計に悔しい。

 過去のマイナスの力で、現在や未来をプラスに変える!


 だから今回は、躊躇しないとこころに決めている。
 あのダウン症の子どもの代わりに、この子どもたちの面倒をもっともっと見たいと思っている。

 過去を挽回したい。
 
 私の過去の記憶が、このプロジェクトを前に進めている。
by japanheart | 2010-10-19 08:52 | いのちの重み | Comments(5)

耐えられぬ死

耐えられぬ死

 最近よく考える。
 私にとって「耐えられぬ死」というのはどういう死なのか。

 二つの死が、私にとって耐え得ぬものだと分かる。

 一つ目の耐え得ぬもの
  それは、自分の患者たちが、おそらく自分の医療技術の未熟さ故に、亡くなってしまったとき。
  今まで何度も経験している。
  その度に、嗚咽するほど苦しむ。
  もう医者を、やめて楽になりたいとこころから願う。
  しかし、目の前には、私を求める患者たちがいる。
  私は一体どうすればいいのか?

 二つ目の耐え得ぬ死。
  それは我が子の死。
  それは想像できない。
  やはり人は、生まれてきた順番に死ななければならない、と思う。
  我が子の死を、みおくることは耐え難い。

 私は、自分の死に関しては、多分恐怖はあっても、それは上の二つの死以上の苦しみではない。
 自分が消滅しようとも、苦しくはない。
 悲しみはあっても、そこに苦しみはない。

 私の父親が亡くなった。
 父親と私はちょうど30歳、離れている。

 この親の、生きた証が私に宿っているのだと認識している。
 その父親の死をみおくり、私はこころでこう誓ったのだ。
 

 あと30年間、暴れ回わります!
 
by japanheart | 2010-10-14 21:26 | いのちの重み | Comments(2)

国際送金

国際送金

ミャンマーという国が、経済制裁を受けて久しい。
経済制裁はほとんど効果が無いのに、形だけ続いている。
アメリカがそうしたいからだ。

情けないことに、他の国はそれを半ば強制されている。

それで逆に、貧しい人たちが被害を受けている。

そして、なんと国際送金ができない。
人道援助(人の命がかかっている)のためにと説明しても、日本の大手の銀行は拒否する。
なんと建前とは、裏腹な行動か?
情けない。
いつからこういう占領下の様なメンタリティーになってしまったのだろう。

ユダヤ人を人道的な立場から国の方針を無視して逃したかつての日本大使のような矜持は今はない。
民間人だって、 政治家のことばかり悪く言えるか?

目の前で人の命が左右されているのを見たら、本当にそんな決断が下せるか?

いつもいいことばかり言って、頭の中で考えて、自分を守ることだけ考えて、、、、。

そんな力が、日本国内に向かっても働いていると思わないのか?

そんなことで日本は良くなるのかな?
by japanheart | 2010-08-16 06:59 | いのちの重み | Comments(0)

家族のこころ

家族のこころ

 今日は2009年最後の日。
 この年の終わりに、少しだけいい話をプレゼント。

 先日妻から届いたメールの中身を紹介したい。

 先日、小児科医であるの妻の病院で、ある子どもが亡くなったそうだ。
 その子は、小さい頃、ベッドからうつ伏せに落ちて、家族が気づくのが遅く、脳性麻痺になったしまった。
 父親も母親も、祖母も本当に悔やんでいて、いつも悲しんでいたそうだ。
 その日からずっと、一生懸命に皆で、その子の事を看病していた。
 しかし、先日亡くなったしまった。残念ながら。


 昨年7月、私が情熱大陸の放送でで最後に語った言葉を覚えているだろうか?
 先生が目指す医療とは?という問いに、私はこう答えたのだ。

 「たとえ死んでも、こころが救われている医療。」
 「助かっても助からなくても、その人の事を大切に扱う。大切に扱われるでけで、人はきっと生まれてきて良かったと思える。、、、、、、」

 この子の家族は、その言葉が、その亡くなった子どもからのメッセージに聞こえて、皆で泣いた。
 子どもは、父親や母親、祖母やみんなに感謝していると感じたそうである。

 私は今まで多くの患者に接してきて、そして死にざまを見送ってきた。
 きっとの子は、私を通じてこの家族にメッセージを届けたんだと思う。
 子どもは、感謝している。そう感じる。
 子どもがそうなったのは、誰のせいでもない。その子ども自身の運命のように、そうなったのだ。
 誰も自分を責める必要ない。
 そうなった自分の為に、家族はずっと寄り添ってくれた。尽くしてくれた。
 それ以上、何を望むだろう?
 満足している。その子は満足して、あの世に帰って行ったのだと思う。
 
 子どもが死んでちょうど49日目のその日、この家族がそろって、私が出た情熱大陸を見たのは決して偶然ではないだろう。

 そして私を通じて、子どもはメッセージを送ったのだ。

     「長い間、ありがとう!」
by japanheart | 2009-12-31 16:53 | いのちの重み | Comments(2)

人事を尽くすとは

人事を尽くすとは

 昔の話。

 1995年頃、初めてミャンマーに来た。
 1996年、診察と治療をある町で始めた。

 医師としてまだまだ未熟な私と、病状が進行し、どうすることも出来ないような病気の患者たち。

 その中で何とか私の出来る範囲の治療を始める。
 多くの患者たちがやがて私の元に治療を求めてやって来るようになった。


 人の運命とは何なのだろうか?
 一生懸命、私が寝食を忘れ治療しても亡くなってゆく人たち。
 一方、ミスを犯しながらの治療であっても、どんどん回復してゆく人たち。

 私の存在は何なのだ?
 何度も自分に問いかける。

 人には運命というものがある。
 人が生きて、そして死ぬ。
 それはその人の運命で、私には分からない。

 目の前に患者が現われる。
 死ぬか生きるかそれは分からない。
 でも私は悩み、もがきながら、一生懸命に患者に向き合う。

 結果は神のみぞしる。

 しかし私は一生懸命治療する。

 生きる、死ぬ。
 それは患者本人の寿命かもしれない。
 それは全て、私には不確かなこと。
 私の手の内にはない。

 でもたった一つ、確かなことがある。
 私の手の内にあるたった一つの確かなこと。

 それはその患者にどう向き合ったか?
 どのような態度で、どのようなこころで、向き合ったのか。
 ということが、まぎれも無く、私自身の人生の時間であるということだ。

 弱き医師は、おどおどしながら、結果も分からず、ただ一生懸命に、目の前に現われた患者に尽した。

 それは今でも変わらない。

 せめてミスを犯すという縁起を、もって患者の死というの系に、関わらないと誓っている。
by japanheart | 2009-10-19 04:50 | いのちの重み | Comments(6)
新著  「死にゆく子どもを救え」 のカバーの絵

 前回のブログの新著「死にゆく子どもを救え」 のカバーの絵はある写真が元になっている。
 実際の写真は、書籍に中にある。

 その子どものことは今も忘れはしない。
 口腔からの悪性の腫瘍だった。
 まだ生後1年もたっていなかったと思う。

 どんどん大きくなる腫瘍に、やがて口が塞がれ、おっぱいが飲めなくなってしまった。
 あの国の現実を見ると、どうせ死ぬとわかっている。
 わかっているがどうしても、もう一度おっぱいを吸ってもらいたかった。
 医者のわがままだったかもしれない。
 母親の、家族のわがままだったかもしれない。

 手術をして、腫瘍を取った。全部とりきることはやはりできなかった。
 術後、子どもは元気におっぱいを吸っていた。
 母親も満たされていた。

 私は、手術前よりもっと悲しかった。
 できれば私の前には現れないでもらいたかった。
 
 この子は、確実に近い将来死ぬ。
 どうせ、もうすぐ前のようにおっぱいを吸えなくなる。
  
 偶然、看護師がとった写真だった。
 
 その光景は、後光が差したように美しかった。
 

 ピカソの描いたおっぱいを吸う赤ちゃんとその母親の絵がある。
 ベービー・フレンドリー・ホスピタル、すなわち母乳で育てることを積極的に推進中心している病院に対してユニセフが認定してその名前を与えている。
 あの絵は、元気な子どもだったのだろうか?
 もうすぐ死ぬ子どもだったのだろうか?

 冨山房インターナショナルの方が、描いてくれた今回のカバーの絵は、もうすぐ死ぬ子どもだった。
 日本人は、滅びの美しさを知る人々だ。

 今回の書籍のカバーの絵ひとつにも、赤ちゃんの短い人生の物語がある。
 
 
by japanheart | 2009-07-01 16:35 | いのちの重み | Comments(0)