ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

流れを読む

流れを読む

今の日本はどうなるのか?大げさなことを考えていたら、そういえば最近は政治家の人も、いったい誰に相談しながら、アドバイスをもらっているのだろう?と思ってしまう。
昔は、それ相応の人がいて、陰で政治家たちを指南、大局を指し示していたのに。
それが無いから、目先のことに奔走するのか?
しかしまあ、そういう人を生み出せないのも、今の日本人のレベルが低いということだから、甘んじて受け止めねばならないのかもしれない。

そんなことを考えていたら、今の状況を、把握しどう動くのかということを自分なりに分析してみた。

 私はいつも天の声、人の声をしきりに聞こうと考えているが、これは実は難しく、後になっていつもそうだったのか、そういう意味だったのかと残念がっている。
 だから別に特別な能力があるわけでもなく、ごく普通に挫折しながら生きている。

 しかしながら、一つ参考にしている感覚がある。
 誰でも例えば、賭け事で、負けるときの感覚、すなわち負けこむときの感覚だ。
 一つ失敗をし、取り戻そうとして再び失敗、伸るか反るかで最後にやっぱり失敗。
 この感覚、体験は、だれでも知っている。
 次は次はでは傷がどんどん大きくなるという知恵だ。

 こういうとき私は早めに3つの行動のうち、どれかを選択する。
 1、一旦、止める。
 2、方向を変える。
 3、本当にやめてしまう。

  その判断は、3点を見極めるという一言に集約できる。
 多くの人は1点のみで全てを判断するので、いつやめるか、進むのか、など全く
勘や感情
に流されてしまう。

 私は 1点で判断しない。
 2点を刻めば、方向が見える。
 3点刻めば、流れが見える。

 流れを見極めて、全てを判断している。

例えば

  1、朝起きて、歯ブラシを落とした。
  2、病院に行き、入り口でこけかけた。
  3、患者が、少し微熱がある。

  私は、この患者は手術をするかどうか悩まず、すぐに中止にする。

 そういう流れ感覚のことだ。
Commented at 2009-02-04 09:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by japanheart | 2009-02-03 23:06 | 基本 | Comments(1)