ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

子供たち

ミャンマーの子供たち
今日もミャンマーの子供たちにつぃてお話します。
私が子供のころ、よくテレビで欧米の子供たちが出てきて、大人顔負けのませたことを言っていたのを思い出すのですが、当時日本の子供たちは私が今いるミャンマーの子供のようにいわゆる子供らしかったと思います。
現在、日本の子供たちはかつての欧米の子供たちのようになってしまったというのが私の印象です。どちらがいいというのではなく、子供らしいというのは、文化のある側面なんだということがわかりました。人にはその時期、時期にそれぞれなすべき役割、学ぶべき事柄があると思うのですが、いわゆる段階を踏みつつ人は生きていると子供時代は今のミャンマーのようになるのだと思います。かつての日本の子供がそうであったように。ですから、どこかその段階を踏まず飛び越え跨いでいくと今の日本や欧米の子供のようになるのだと思います。
子供が愛くるしさを、かわいらしさを失えば失うほど、度を越した虐待などの問題も多くなるというのが私の意見です。虐待は親個人の資質という各論的問題と同時に文化的問題のような気がします。
この「、、、らしさ」はとても大切だと思います。
by japanheart | 2005-09-12 10:53 | 子どものこと | Comments(0)