ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

患者たちのこと

患者たちのこと

 時々、ふと思い出す患者たちの顔がある。

 私は自分であまり写真を撮りはしないが、スタッフの人たちは写真好きが多く、皆写真をよく撮っている。もちろん病気の写真もあるが、患者たちとの交流を撮っているものも多い。

 うまくいかなかった患者、うまくいった患者、転院していった患者、さまざま写っている。

 自分ではあまり過去の患者のことを気に留めないようにしている。
 うまくいかなかった患者のことを思い出したくはないからだと思う。
 どれも悲しい記憶として残っている。

 ここである子供が死んだり、傷ついたりする。
 日本に帰って、自分の子供たちと戯れているとき、ふとその子供たちのことを思いだす。
 自分だけ、子供とこのような時間を過ごしていることに、なんだか罪の意識すら感じる。
 自分の子供に向かって、心の中で、
 「お前の父親は、どうも医者には向いていないらしい。また、うまく助けられなかったよ。」と呟いている。
 そして最後に、いつも助けられなかったり、うまくいかなかったりした子供たちと、目の前にいる自分の子供の両方に、
 「ごめんね」

 と呟いてしまう。

 何年も医者をやってきて、ようやく医者らしくなってきたと思ったら、
いろんな悲しみが見えてきて、やっはり医者は自分には無理かなとふと感じてしまう。

 でもここで辞めたら、死んでいった子供たちに申し訳ないから、また、重い体を引きずりながら、前に進んで行きたい。
 
 
 
by japanheart | 2008-10-30 03:48 | 医者の本音 | Comments(0)