特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

責任を取るということ

責任を取るということ

 人には責任を取るということができないでいる人が多い。
 
 自覚できない、自覚したくない。
 忘れる。
 転嫁する。

 どれも惨めなものだと思う。


 ある患者が死ぬ。
 最後の引き金は何かわからないが、その一部にでも自分が関われば、それは全て自分のせいかもしれないと自覚しなければならない。
 もしその過程に、自分の行為がなければ、おそらくその時間、そのタイミングで患者の死は、起こりはしない。
 すなわち自分の行為も、患者の死の”縁”となっている。

 当然自分の代わりに誰かが同じことをしても、同じ結果にはならない。
それが縁起というものだ。

 だから患者の死の責任は、全て自分のせいと言い換えることもできる。
 そう考えてもいいのだ。

 そんなことを言っていたら何もできないが、そう考える、そう受け止める勇気はいる。
 
 今いるスタッフ、やめていったスタッフの多くは、悲しい現地での患者の死を経験しているはずだ。
 防げる可能性のあった死である。

 しかし、その患者たちの運命は、もうどうしょうもないのだ。死は固定されている。
 せめて、ほかの現地の人たちのためにその経験を生かし、何かをなし続けるしかない。
 それが唯一、その死に報いる方法だと思う。

 しかし現実はどうだ?

 辞めていった人たちはどうだ?
 自分が、自分がと、そればかりではないか。
 今いる人たちもどうだ?
 自分のことばかりではないか?

 自分の人生すら、上手くコントロールできないのに、どうして組織や他人を自分の思いどうりにできようか。

 自分が、自分が言う前に、あの亡くなっていった患者たちへの責任はどうなった?

 少しくらいつらくても、苦しくてもその人たちのためにがんばり続けることが、責任の果たし方ということではないのか?

 責任など自覚せず、自分が関わった患者の死もひとつの過去の出来事にして、他人のせいにしている人たちには、何を言っても無駄なのだろう。


責任も取れない人が、それすら自覚できない人が、他人を批判したり、吟味したりすることはばかげている。
責任のとり方も知らない人に、いい人生など高嶺の花だ。

人生もまた然り。
責任に見合った報酬が与えられる。





 


 
Commented by 異常な思考ですね at 2009-10-18 12:52 x
万能感的ですね。
あなたがどの程度の医者かは知りませんが、医者ごときが奮闘しても、神様が決めた寿命をどうすることも出来ませんよ。
Commented by T-yama at 2009-10-18 17:36 x
横合いから口を挟んで申し訳ないですが、
吉岡氏のブログや書いたものを一通り見ていると医者に出来ることは極めて限定的だと彼ほど痛感している人物は稀だと感じられます。

では、なぜそこまで全部背負い込むようなこの記事の書き方になるのか?と思ってのコメントなのでしょう。
医師として患者にしてあげられることは限られているそれは判っている、だけれども自分のために懸命にやってくれた人が居るというのが、その患者さんの人生にささやかではあっても満足の花みたいなものを咲かせる事ができるのではないのか?と。
そういう事なのかな、と私が想像するにつながるよな氏の記述があった記憶があります。

寿命はある、人間死ぬときは死ぬ、その通りですよ。
でもそこで何かをしたい、してやりたいと思うのが人だってのも事実です。
その気持ちに答えようとするならば、これくらいの覚悟を持てと、死んだ人の命や思いを少しでも引き継ぐ事が、亡くなった方への手向けだと。

えらく長くなりましたが、ちょっと違うなと思ったので書きました。
Commented by 通りすがりの医療者 at 2009-10-27 08:45 x
私も「万能感的」って思いましたよ。
この方は現在の仕事に、異常なほどの自信と熱意と使命感をもっている。そのことは素晴らしいが、それについて来れない人間が全て「無責任」であるかのような書き方はどうなのでしょうか?
少なくとも普通以上の使命感を持って、活動に飛び込んできた人材が燃え尽きてやめていく。それに対して一方的に人格攻撃しているだけのように思いますけど。
使命感に燃えた人材を、いわば使い捨てにしているともいえる。
自分はさほど有能な人材とは思いませんが、私はとてもこの方にはついていけませんね。
Commented by tetsue at 2009-10-27 22:39 x
援助の世界は、失敗しても「頑張ったんだから、仕方ないじゃん」と、仲間内で慰め合い、責任を曖昧にする傾向があります。
これは、ODAだけでなくNGOにも同じ事が言えます。
所詮は、日本を遠く離れた途上国で起きたこと。
素知らぬ顔で、帰国すれば、誰も後ろ指を指す人もいないでしょう。
でも、どこにも逃げられない、その地域の人達にしてみたらどうでしょう。

別に吉岡さんは、自分に付いてこられないことを責めているわけではないでしょう。
そうではなく、自分が関わった失敗から逃げようとする、その姿勢が問題であると言っているのでは。
そもそも、そういう覚悟がないのなら、援助や医療にだけでなく、他人の人生を左右するような仕事には就かない方が良いと思います。
Commented by 通りすがりの医療者 at 2009-10-29 17:51 x
tetsu様
NGOとかの活動に興味がないので、どのような問題点があるのかは存じません。ただ、活動が拡大するほど、比較的モチベーションの低い人(あくまでも「比較的」です)もうまく使っていく、育てていく必要があるわけですが、元のブロクからはそのような視点は微塵も伺えないように思われます。
また、この吉岡氏の文章だけを見れば、自分の活動が全てであるように読めます。このNGOの活動経験は、他の仕事場では役に立たないのでしょうか?
Commented by tetsu at 2009-10-29 21:21 x
通りすがりの医療者様
吉岡さんは、NGOの責任者で、その活動についてのブログなのですから、NGOにご興味がないのでしたら、ここで議論するのは止めましょうよ。
もし、私に直接ご意見があるのでしたら、
shinaiketotaアットマークgmail.com
までメールを下さい。
直接、お話ししましょう。
by japanheart | 2008-10-14 01:53 | 基本 | Comments(6)