特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

想像すること。

想像すること。

前回、家族の苦しみはわからないと書いた。
わからないが、わかろうとする必要は医療者にはある。
それは伝わるものかもしれないが、責任からの重圧としてだけではなく、本当に人として必要なんだと思う。

 必死になって、必死になってやるより他はない。
 悲しむ顔は、見たくはない。
 
 治療が上手くいかないときは、心の中では、素人のように、右往左往する。
 なんとかならないか?
 なんとかならないか?と必死で考える。
 質問は夢の中まで持ってゆく。

 24時間心は休まない。
 そしたら、助かるかもしれない。
 それしか医者のやることはない。

 だから本当に医者というのは、大変な仕事で、まともにやっていたら命が磨り減ってゆく。

 本当はよく休み、よく働くほうがいい。

 若い頃は、患者を多く診て、経験を多くして、と普通の医者のように考えてきた。
 適当に診ていたのかもしれない。だから、元気で医者をやっていたんだと思う。
 しかし、最近は患者は多く診る必要も感じていない。
 とにかく、上手くいきますようにと、祈りながら治療をしている。

 だんだん自分の能力を知ると、祈らずにはいられなくなる。

 自分はたいしたことないのだと最近、よくわかるようになったからだ。
 
by japanheart | 2008-08-13 05:14 | 医者の本音 | Comments(0)