ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

たくさんの応援

たくさんの応援

 皆さんからたくさんの応援をいただいている。
日本、ミャンマー、タイ、シンガポールなど。

とりわけ私たちを励ましてくれる出来事があった。
ミャンマーの日本人の人たちが数あるNGOのなかでジャパンハートのために寄付金を募ってくれているということだ。

彼らは知っているのだ。
どの組織に届ければいいのかを。

今回のことで悟ったことがある。
それは、こういう緊急事態のとき、どの組織であれ、普段のやっていることのクオリティがそのまま、現れるということだ。

 同じ医療の組織でも、その内容や成果は大きく違う。
 同じ物資の運搬でも、運ぶ種類も期間も対象も全て違う。

 多くの患者を診るたことを、誇る必要はない。
 たった数人でも、その患者たちが本当に医療を必要としている人たちかどうかが大切だ。
 
 私たちは災害後、2日目に医者を世界で始めて入れた。
 しかし大切なのは、いつ入ったかということよりも、なにをしたのかということだ。
 単にスピードだけの問題ではない。

 NGOの中には現地の政府に寄付をしたところもある。
 そのお金は、おそらく日本の寄付者からのお金も多く混じっていることだろう。
 本当に日本の寄付者たちはそれを望んでいるのだろうか?
 現地政府にいい顔をすることにあまりに躍起になることは、見ていて見苦しい。

 そういうことを日本の寄付者は知らない。でも現地の日本人は知っている。
 援助組織の中で、朝から出かけ夜中にようやく帰ってこれるほどに、本気で援助すべき場所を探し、援助すべき人々に届けたいと思っている組織は、ジャパンハート以外あるのだろうか?

 しかし考えてみれば、私たちはいつもそのように現地で働いてきた。
 それと同じ行動を今回もとっているだけかもしれない。
要するに、いつもの質そのものが、今回の緊急援助の質になっている。

 
Commented by アントノフ at 2008-06-13 12:05 x
どうも、初めましてorz。

リンクをたどってたどり着きました。
よろしくおねがいします。


さて、

日本からの寄付金を含めた寄付金をミャンマー現地政府に寄付するなど
言語道断ですね。

このような形で資金を渡しておかないと安全かつ、自由自在に、どのような妨害、嫌がらせを受けずに
確実な安全を確保して日本人、日本の集団が行動できるように圧力をガンガンかけていく事が必要不可欠だと言えます。




そのためには、

自衛隊や、

または、日本の団体、日本人が雇った民間軍事会社の護衛部隊(今回のイラク戦争などの紛争地帯で
米軍の代わりに戦闘、偵察、警戒、
米軍などの海外の軍などを護衛する活動をしていた種類の団体の事。)

をミャンマー現地に護衛として
十分な自衛用の武器を携帯して

国連の平和維持軍並みの世界的に当然に認められている自衛権を実際に現地で確実に使えるようにする、していく必要があります。


そのためにミャンマーに対して絶えずあらゆる圧力をかけ続ける必要がありますね。

Commented by アントノフ (前文の続き ②) at 2008-06-13 12:13 x
【 ※以下は、『 2008-06-13 12:05  』の続き。】


なぜならば、

「人間は 困った時にこそ誠実になる。 と言うか、困った時しか誠実にはならない」
という基本的な真理が世界的にあるからです。


つねに「右手では握手、左手にはゲンコツ」でしたたかに向き合う必要があります。

世界での他者との関わりではこれが当たり前になっているのに
日本だけ、危機管理意識が足りないのか
無関心な傾向が強い。




そもそも、

支援が無くて困る、体制が崩壊して既得権益、給与の全てを失うのは
ミャンマー側、ミャンマー現地政府側なのだから。
これを機会に踏み込んでいく必要がある。


拒否して困るのは現地政府側なのだから。
不正、腐敗を排除するにはいい機会です。


現地政府が拒否して被害者数、現地の経済損失が拡大しても
その全ての責任は

「人災を起こしたと言う意味で」

現地政府にしかなく、日本側には何の問題も存在しないのだから。

Commented by アントノフ (続き ③) at 2008-06-13 12:30 x
【※以下は、『 2008-06-13 12:13  』の続き。】


絶対に資金の無駄を防ぐ必要があります。
お金は降って湧くものではないし、
人々が地道に汗水を流して用意してくれたものなのだから。


アフリカなどの不正腐敗が官民含めてひどい地域でも
ミャンマーと同様に圧力を適正にかけます。



他に助け舟がなければ人は誠実になるものです。



華僑や中国、欧米、ロシア、インド、中東などのように
したたかに自国の権益、収益、国益を第一に確保し、
なおかつ、国際貢献も両立する形を目指す事が重要だと言えます。




日本には危機管理意識も、
中長期的で 狡猾でしたたかな国益拡大確保の戦略も、
したたかさも

基本的には存在しないのが致命的だと言わざるを得ません。

by japanheart | 2008-06-11 12:32 | 活動記録 | Comments(3)