ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

経験について、もうひとこと

経験について、もうひとこと

 経験することについてもうひとこと、付け加えてみたい。

 経験する事というのは、どれ程大切なのか分るだろうか?

 少なくとも、いのちの現場と関わる私たちにとっては、このいのちへの哲学的アプローチをなくして医療を行うことは罪なことだと思う。
 海外で医療を行う上で、いのちと向かい合うということは如何なることなのか。これの答えを自分なりに、経験から抽出できてはじめて、その他へ目を向けた方がいい。
 
 実際の経験がなければ、知識は智恵へと昇華しない。
 たとえば、素振りもろくにしていない野球選手にいいコーチがついてアドバイスしても、ろくなものにならないように。
 型だけしか知らない武道家たちが、実践でいとも容易く敗れ去ってゆくように。
全ての型は、いのちを懸けた実践の中から生み出されている。

私たちも実践に人生を懸けて、何かを掴み取らなくてはならない。それを体系化するときにこそ、知識が必要になる。体験さえあれば、知識はその時手に入れればいい。


最近、多くの人たちが私の元にコンタクトしてくるが、なまじ大学院で知識を学んでいたり、そこに行くつもりの人たちほど、礼儀を知らない。
 吉田松陰の言葉を借りるまでもなく、知識を付ける最終目的は人格形成のためにある。
より高い知識をつけようとする者たちが、それより低い者達よりも、礼儀や作法がなっていないとは、笑止千万。それが出来ていないような人たちは、私のもとに来てもらわなくても結構。どうせここで少し参加しただけでも当たり前のように履歴書に記載するだろうから、私も迷惑する。

 だから私はそういう人たちを相手にする気すら起こらない。

私の中では、経験が知識の圧倒的上位に位置づけがある。
だから経験の少ない人は、知識がいくらあっても対等の関係は結べない。
by japanheart | 2008-02-12 10:00 | 医者の本音 | Comments(0)