ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

1週間の終わり

1週間の終わり

 この地へ帰ってきてからようやく1週間。手術も何とか終了しつつある。
子供の手術も多く、病棟は子供がウロウロしている。
日本と違いなかなか清潔な環境も保てないため、医師や看護師が苦心して環境保持に勤めている。

 今日はスタッフで乳がんの患者達について話し合った。
ここは保険制度が無いので、全額自己負担。おまけに村の患者達の現金収入は少ない状況がある。
 乳がんの宣告をされても、手術以外の抗がん剤等の治療を数年単位で続けることは出来ない。そして、仮にある程度お金があり治療を受けれる場合でも、その副作用にも耐えれる人は少なく途中で治療放棄してしまう。
 日本での治療成績を見ても、彼等に家・田畑を売り払い、更に借金を重ねて、治療を受けに行きなさいとは言えない。

 医療は経済活動の一部だと思う。
建前は誰でも知っているが、現実を無視するわけにはいかない。 
だからここではここの医療の形があると思う。

ここでの乳がん治療の基本は、手術だけ。抗がん剤は基本的に無理。成績も悪いだろうが、現実である。

心から同情するが、私に出来ることは何かを考えてやっていくしかない。
私には全てに人は救えない。私が救える可能性があるとしたら、たったひとり。今、目の前にいる患者だけだ。
Commented by 酔いどれカズ at 2007-07-31 10:43 x
先日、先生の出演されているTVを拝見いたしました。
やはり発展途上の国では医療に解決されがたい壁が存在することを知りました。
今まで孤軍奮闘されていて、現在でも先生が救える患者さんは目の前にいる一人ですが、同じ志を持ったスタッフも増加している今、必ず先生の頑張りは次世代に受け継がれきっと大きな輪になることを願っております。
Commented by UME at 2007-07-31 18:00 x
TVを観させて頂きました。自分の手のひらの幸せや 一部のものに頼られているという日々の暮らしに浸っている私が 何が出来るのだろうと恥ずかしい気持ちがいたします。
そちらで応援する事はできませんが 些少なりとジャパンハートのほうへ募金させていただきます。お身体気をつけて 活動なさってください。
by japanheart | 2007-07-31 07:59 | 活動記録 | Comments(2)