特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日は広島で

今日は広島で

今日広島に行ってきたのだが、ダライラマのインド亡命政府からの若者を支援し看護師にしようと試みている団体の人に会うためだ。
 組織として、何かお手伝いできるかをこれからゆっくり考えてゆきたい。

8月終わり頃、一度ミッションを出す予定にしている。

今日は移動に、長い時間がかかったこともあって、私は、誰を最も幸せにしなくてはならないのかというテーマについて考えてみた。
もちろん一番は自分を大切にすることだが、やはり家族かなと思う。そして私の周りに集う若い人たちで、その向こうに現地の人々が浮かんできた。
 自分を大切に出来ない人が他人を幸せに出来ない道理は、人は他人を自己の延長線で自覚するからだと思う。自分が怪我をすれば他人の怪我の痛みが分るということだ。
自分との重なりがあればあるほどに、大切にしたくなる。
ここが肝要なところだと思う。
現地の人々を本気で幸せにしたければ、自己の一部と少しでも重なり合わすより他に方法がない。それが出来ていないにもかかわらず、現地の人々のためにという人が多いが、それは欺瞞だと思う。頭(理性)ではそう思っても、心がついていかない。

現地と人たちの人生と自己の人生を重ね合わせねばならない。
それにはどうしても時間が必要だ。
遠くにいて机上では無理な話だ。

ものには順番があって、まず家族を幸せにする。友人を大切にする。仲間を大切に思う。そして、その向こうにある人々のために頑張る。
仲間や家族をないがしろにして、自己は幸せにならない。幸せでない人間は人を幸せに出来ない。たとえ出来たとしても一時のことだ。

いつも自己点検がいる。
自分は周りを幸せに出来ているのだろうか?
驕りはないだろうか?
Commented by 奈々 at 2007-07-29 19:02 x
先ほどテレビ放送で先生の事を見ました、素晴らしいと思うが
先生頑張れ!!
Commented by sumire at 2007-07-29 19:07 x
TBSの「夢の扉」を拝見しました。先生が無料で人を助ける姿勢に、とても感動しました。先日TVで眼科医でやはり海外の貧しい国で無料で手術を行っている日本人の医師の方を見て 小額でも寄付したいと思いましたが、名前も何も覚えておらず寄付も出来ませんでした。
私は決して裕福ではありませんが 少しでも寄付していけたらと思っています。 これからもお体に気をつけて 頑張ってください。
Commented by at 2007-07-29 19:31 x
僕も先ほど先生のTVを拝見させて頂きました
前職で旅行代理店に勤めていまして仕事で戦没者慰霊の目的で住職20名ほどと一緒にミヤンマーを訪れました
日本人の方でこんなに活動されている方いらっしゃるとは思っても見ませんでした 
現在は、裕福な暮らしは出来ていませんが少し業者さんに当たってみます
医療器具とか少しでも寄付できたらと思っております
Commented by shiho at 2007-07-29 19:58 x
先ほど、テレビを拝見させて頂きました。私は、現在高校生です。私も将来、発展途上国の子供たちを救う小児科になりたいとおもっているため、今日の「夢の扉」は、とても興味深いものでした。
今将来ために日々努力しています。
必ず夢を叶え、少しでも多くの子供達を助けたいと思っています。
 
Commented by PTS at 2007-07-29 20:30 x
私も先ほどテレビで先生の活躍される姿を拝見しました。私はまだ学生の身なので貧しい国の人達のためにできることは少ないですが、いつか先生のように、十分な治療を受けられない人達に「お金はいりません」と言えるくらいの大きな医療人になりたいです。
先生もスタッフの方々の体調にお気をつけてこれからも頑張ってくださいね。ミャンマーの全ての子供達が笑顔で暮らせるようになることを祈ってます。
Commented by tomo at 2007-07-30 10:44 x
私も同じく「夢の扉」を拝見した一人です。編集関係で先生の中で「すっきりしないもの」があるかと思いますが、多くの視聴者が感動し、このような日本人が存在することを大変誇らしく思ったことと思います。
当方、小さな会社を経営しています。利益の一部を少しでも寄付していけたらと夫婦で話し合っております。
Commented at 2007-07-30 12:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-07-30 19:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かのつね at 2007-07-31 03:34 x
子供たちと一緒に拝見させていただきました。
まだ、4歳、2歳ですから、理解できない部分もあるかと思いましたが、ずっと真剣に見入っていました。
医者になりたい夢を、あきらめてしまって、違う人生を歩み、もちろん、幸せなのですが、先生の活動を拝見し、自分の人生を再び考えさせられてしまいました。
ただ家族がいる場合、自分の思うことと、大切な人を守ることを両立させるのは、大変ですよね。先生にももちろん、敬服しますが、奥様にも、大変感動させられました。

私も、私なりにできること、いまから模索していきたいと思います。
そのような機会を与えてくださり、ありがとうございます。

先生とスタッフ、ミヤンマーのみなさんの、活躍と幸せを祈っています。


by japanheart | 2007-07-21 00:10 | 基本 | Comments(9)