ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

手術終わる

手術終わる

今日全ての手術予定が終了した。
17日間に110~120件位やったと思う。
看護師さんたちの顔が嬉しそうにほころんでいた。
何かをやり遂げた感があるのだと思う。

私は7日間、全く食事を取らずにやってこれた。
何かが変わったというわけでもないが、強いてあげれば心の姿勢が変わったのかもしれない。気迫が全く違うような気がする。
修験道の修行者が感じる感覚も、この延長線上にあるのかもしれない。

勿論、感覚は十分研ぎ澄まされて来ている様な気がする。もう少し続けてみたいが、周りの人が、そろそろ心配しているので、余り続けることも出来そうにない。
毎日、食べろ食べろと煩くなってきた。何せミャンマー人は食べるのが何より好きだし、日本人達もここでは、食べることが唯一の楽しみだからかもしれない。

5日目くらいから、お腹が空かなくなってしまった。身体の力も十分あって、むしろ3日目辺りのほうが脱力感があった。
体重は少し落ちたが、健康である。

何かを本気でやるのは、幾つになっても悦びである。
Commented by yukari at 2007-04-05 01:46 x
お疲れさまです。その達成感はそこでしか感じる事が出来ないものなのでしょうね。
とてもたくさんの患者さんを診ていて、先生がおっしゃっていた「心のケア」は可能なのでしょうか?
是非、活動を実際を自分の目で見たい、感じたいと思っています。
Commented by japanheart at 2007-04-05 01:58
私が行なっているのは患者に直接、接する時間が多いスタッフのケアーだけです。その彼らがここの患者達にいつも励まされ、癒されるというのですが、二つのこころの作用は常に作用・反作用の動き方をします。
Commented by yukari at 2007-04-05 21:48 x
患者さんに癒され、考えさせられ、気づかされ、私達看護師が患者さんに注いだ以上のものを患者さんから貰っている事、私も感じています。やっぱり、いつも貰ってばかりですね。きっとそちらで活動中の看護師さんと同じだと思います。
反作用の動きとは?
また、お会いしてお話が聞けたら嬉しいです。
by japanheart | 2007-04-03 23:38 | 医者の本音 | Comments(3)