ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

感性を磨く

感性を磨く

感性を磨くにはどうすればいいのか?
危険を察知するにはどうすればいいのか?
どうすれば知らず知らずのうちに、危険をやり過ごすことが出来るのか?

感覚を研ぎ澄まし、理性の発動を極力押さえ、瞬間に感じ、そして動くしかない。
感性を磨かねばならない。

手術をする時も、指先からほとばりでる感覚がなければと思う。
手術に集中していても、何がその部屋でどれほど動き、誰がどこで何を話しているか。それが分るには分るが、まだまだ十分でない。
その力のなさが、今私の中で問題になっている。

私は現在、朝から夜中まで毎日手術を続けている。
あと数日。
今、体中の感覚を上げるために、断食に入っている。今日で丸5日間、水分以外は口にしていない。
体中の細胞が、能力を上げるように少しづつ、皮膚の感覚も鋭くなってきている。

もう少し自分を追い込んでみたい。
何かが変わるかもしれない。
Commented by kabu at 2007-04-02 19:33 x
わたしたちは日本にいて、吉岡先生の魂の波動を感じています。
先生が苦しければ苦しいほど、わたし自身の精神の断食を試みます。
お身体大切になさってください。
Commented by yukari at 2007-04-03 02:06 x
すべての出来事が必然で意味があり、その選択をした自分自身。多くを求めると足りないものばかりで、先の事など誰にも分からないけれど、自分自身を信じる「今」が明日を生きようとする意味に。
苦しんだ分、辛かった分そこから得るものは大きい。そして、人にも優しくなれるのだと思います。
断食。。。、心配です。
Commented by japanheart at 2007-04-03 23:44
ありがとうございます。今回のことで、こころの力が強くなった気がします。1週間くらい何も食べないことは、大したことでもないということが分りました。自分を高めるための方法は、無数にあるでしょうが、この方法もその一つなんだと思いました。だからこそ、昔から多くの先哲たちが挑戦してきたのだと思います。
by japanheart | 2007-04-02 02:47 | 活動記録 | Comments(3)