ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

選択

選択

これから世界で求められる人はと聞かれれば、間違いなく、欠点はあっても、特別な能力を持っている個人だと答える。
組織を頼ったり、そこに所属することを誇ったりする人間はあまり評価を受けない時代が来ると思う。

そういう話をここにきている学生にしたら、どうしたらそうなれるのかという呆れた質問が来たので、今までお金がなくて手術を受けれずにいた今手術を終わったばかりの口唇裂の子ども達のような子の為に、あなたの日本にあるお金を差し出しなさいと言ったら、それはまた将来と言って却下された。
親切にも、「極意」を教えたのに。
また今度と言って、本当にするか?

特別な個人になれる人間はお金がないときから、人の為にお金を使っている。
人のためにわずかでもという心がない人間は、結局何をしても自分だけのために生きてしまう。
人のために生きることは誰でも今からすぐに出来る。
全ては自分の心の中にある。
Commented by NAO at 2007-02-25 08:55 x
とある人が言った言葉に

自分のことしか考えない人は、
苦しみのうちに人生を終えます。
他人のことしか面倒を見ない人は、
考えなくても自分の面倒も見ています。

というものがあります。

人のためということは結局自分に返ってくるのでしょうね。
ミャンマーの人のためにここまでやってこられた吉岡先生は
自分のことしか考えずに生きている人には得られない、たくさんの
財産を持っているんではないでしょうか。
Commented by vivre at 2007-02-26 14:48 x
学生さんのエピソード、学生さんだけでなく、いい年をした人たちにも見られる「自分で思考せず、すぐに答えを求める傾向」だと興味深く読ませていただきました。私自身もアフリカの教育支援に従事していた限られて経験の中ですが、同じような思いを抱いたことが少なからずあります。

一方、吉岡先生のところに来られている、というだけでも学生さんは学生さんなりに問題意識をもっていらっしゃると思います。将来は今の自分の心のあり方と、行動の延長線上にあるだけで、ある日突然、何か劇的に変わるわけではないことを理解するには時間が必要で、気長に考えないといけないかもしれないですね。教育には時間がかかります。

先生の活動、私自身もたいへん励まされます。今、できることを迷わずやっていける心を持っていきたいです。お体にお気をつけてくださいね。
Commented by japanheart at 2007-03-03 03:56
ありがとうございます。今の人たちを見ていると、何かしら当たり前に与えられるという前提で動いているように感じます。
だから最近は来た人に、あなたはここで経験をもらおうと思ってきたようですが、私たちに何を与えてくれますか?と聞いています。
たったそれだけで、その後から自分の出来ることは何か考えてくれるんですが、でもね、、、、そんなことは聞かれなくてもそこへ行けば何が私に出来るのだろうと考えながら来て欲しいと思います。
学べるや、経験するは全て受け取る行動です。
Commented by yukari at 2007-03-03 23:45 x
人に誇れるようなものは何一つ持ち合わせていない自分、人に何かを与える事なく、貰ってばかりの人生で、そのくせ誰かに必要とされたい思いばかりが大きくて、これも自分がその価値のある人間であると実感したいが為の人から与えられたい思う称賛。誰もが持っている欲求だけれども、どこまでも与えられる事ばかり。唯一の救いは恩恵に感謝し、あたり前の事があたり前でない現実がある事を知っていることかもしれません。
by japanheart | 2007-02-24 01:37 | 基本 | Comments(4)