ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

子供のいのちの重さーその2

子供のいのちの重さーその2
手術用ベッドに静かに寝かされた12歳の少女は、痛みに耐えながら上を向いていました。
ゆっくり腰から麻酔薬が注入され、その後、血管麻酔薬が打たれました。
大変な手術になりました。
5時間を超えた手術の末、ようやくこの少女の運命が死から生へその舵を切り返しました。
大きな石が総胆管を圧迫し、胆嚢も閉鎖していました。
生まれつきこの肝臓からでている管が、すい臓から出ている管も合わせて異常であり、それに貧血を起こす病気も抱えているようです。

この管も激しい炎症が起こったために癒着が激しくなかなか大変な手術でした。
途中2時間を過ぎた辺りで、腰から打った麻酔が切れ、ガス麻酔に切り替えました。これはつい数日前、東大阪中央ロータリ-クラブが寄贈してくれたものでした。
本来、このような手術は呼吸をはじめ筋肉の動きを止めてやるべきものですが、私たちは人手の関係でそれが出来ないのではじめから腰からの麻酔を選択していました。しかし、手術が予想以上に困難だったために仕方なくガス麻酔を使い、呼吸は止めずに意識と痛みのみをとるという方法で手術を続けました。

総胆管という肝臓からの管を切り開き、続いて十二指腸を切り開き、最後に胃に穴を開け、内側からお腹の壁に縫いつけました。肝臓から十二指腸、そして胃へと細いチューブを通して、お腹の外に胆汁という消化液を導いています。

今、手術後4日目、この少女は元気です。
今更ながら、一人の人間の命を助けるという作業は大変なものだと感じています。
by japanheart | 2006-02-25 23:03 | 子どものこと | Comments(0)