ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

上を見るな!下を見ろ!

上を見るな!下を見ろ!


世の中にはすごい人間は五万といる。
私も若い世代には特にチャレンジしなけりゃ将来やばいよ的な話もよくする。
マジで日本社会ほどぬるい社会は最近私はあまり見ていないような気がする。
良くぞここまでこういう社会を作り上げることができたなとむしろ感心する。

私がいるミャンマーでは雨季になると数年に一度は川が氾濫し家も土地も全てが川のそこに消えてしまう。
そうすると農民たちは何かが川から這い出してきたように水かさの上昇に合わせて上に上にと
高いところに家畜と共に簡易の住処を移動させながら高い土手の斜面に小屋を構え、飯を炊き、
挙句には、商売を始めそれはもうたくましく生きている。
e0046467_1917585.jpg


政府からの助けなど端から期待していない。だからそういう環境であっても笑いが絶えず、嘆いている人はほとんどいない。
一方、ある時、ある日本の地方が洪水になり地方の体育館で過ごす、第二次世界大戦を経験した大変な時期を過ごしたはずの日本のお年寄りがインタビューに答えて曰く「もう丸1日もテレビも移らないので不安で仕方ないです。」
日本はこの70年、何て安全ないい国をつくってきたんだろうと感心してしまう。
そして今や、こんなにもぬるい世の中を実現してしまった。
まあ、日本以外のアジアの国々との比較だけれども。もちろんアメリカももっと厳しいでしょ。

そんなぬるい社会で若者に向かってがんばれ!上を目指せ!といってもなんとなく暖簾に腕押しになってしまう。
ホントはがんばらないと日本の失速と共に自分の相対的な位置も落ち始めて果てはどんどん色んな意味で貧しくなっていくのだが。
日本人はある東アジアや東南アジアの国の人間を指して素行が悪い、行儀が悪いと馬鹿にするが、
その人たちのほうが将来、収入も地位も上になってしまう。そうするとどちらが社会から重宝されるのか考えてみるとなんとなく情けなくならないのかな?

そんな若者に私からアドバイスをしてみたい。
そんな若者にあえてこう言おう!
「上を見るな!下を見ろ!!」

そう、すごいやつなんて目標にしたらいつまでたっても動けない。だろ?
すごいやつはいつの日か射程に捕らえるとして、今は敢えて、「下のやつを見ろ!」と言いたい。

人間誰でもこいつにできるんだったら自分にもできるんじゃないかと思う他人がいるはずだ。
こんなしょぼい人間にこんなことができて自分にできないはずはない、と思える人間を探してみてはどう?
本当はそいつは、かつてのそいつではなくて今やすごい人間かもしれないが、あなたが見るべきはかつてのしょぼかったそいつのイメージだ。
こいつにできて自分にできないわけがないと、自分に言い聞かせとにかくその人間と同じレベルくらいのことにチャレンジしてしまう。
現実は厳しく、そんなに人生甘くはないが、そのチャレンジのうち1つ、上手くいくだけで人生が動き始める。
とにかくきっかけだ。
人生はきっかけが全てなのだ。

とにかく人生にフックを掛けろ!

私はよく子どもの頃を思い出せばいいという。
例えば、今、医者でも世間でもてはやされている人間たちの子どもの頃を、一度みんなでのぞきに行きたいものだ。
きっと今は結構、威張っているが子どもの頃は、運動ができなかったり、気が弱かったり、影が薄かった人間が結構いると思う。
その人間たちがなぜ今や、こんなに自信に満ち、威張っているのかを考えてみたらどうだろう。
彼らにもきっとしょぼかった自分から今の自分へのターニングポイントがあるはずだ。
そのポイントはほとんどの場合、ちょっとしたきっかけなのだ。
少しほめられたとか、たまたま上手くいったとか、その程度のものだ。
生まれてからずっとすごい人間なんて一体、何パーセントいると思う。
たいていの人間は、何かのきっかけでのし上がってきているだけでしょ。

だとすると今の自分を変えるのはきっかけをどうゲットできるかにかかっている。

高い山を登るには方法は二つある。
1つは、低い山を乗り越えて体力を徐々に付けて高い山に挑んでいくやり方。
2つ目は、いきなり高い山に登り、挫折して、己を知って、そしてそこを目標に日日努力して行くやり方。

私は2つ目のやり方を好むが、それをできない人は、1つ目のやり方で行くしかない。

まずは低い山を選べ。
とにかく低い山を失敗しても、次から次へと登っていくやり方がいい。

e0046467_19175345.jpg

やがて人生にフックがかかる瞬間が訪れる。
その瞬間に、2つ目のやり方に切り替えてみるのもいい。

ところで、もうひとつアドバイスがある。
それは人生は目標を目指してそれを手に入れるよりも、失敗しようが成功しようが、もしかしたらその過程で手に入れるものの方がもしかしたら価値がある、
ということだ。
これを私は、副作用の法則と呼んでいる。

プロ野球の選手を目指して努力する(目標=主作用)。結果、プロ野球の選手になれなかったとする。即ち失敗だ。
しかし、その過程で得たもの(=副作用)はなんだろう?
努力する価値。人並み以上の体力と忍耐力。挫折を味わった人生観。すばらしい仲間たち。
野球のすばらしさの理解。得たものは、その他数え切れないほどあるに違いない。
実はこちらのほうが長い人生にとって価値があるかもしれないのだ。

そう、チャレンジするということは副作用の宝庫へのアクセスなのだ。






by japanheart | 2015-12-27 00:49 | 医者の本音 | Comments(0)