ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

人の”いのち”のつながるところ

人の”いのち”のつながるところ



先日、大阪で久しぶりに財団を通じてジャパンハートの活動を支援していただいているミュージシャンの浜田省吾さんのコンサートによばれていって来た。内容はもちろんすごかった。

 コンサート後も、励ましの言葉を頂き、いつもながらありがたく優しい人柄を実感できた。


 コンサートの中で何度か、この時期だからか、自分自身の運命からなのか、それは私の知る由もないが、戦争や紛争などのシーンが幾度となく映像で流されていた。

 戦争については、ミャンマーでは第二次世界大戦で20万人近い日本人たちがなくなった土地で、そして今もなをその残骸が多く残る国でもあり、私もずっと戦争をいのちという視点で感じ続けてきたことがある。


e0046467_15154785.jpg

 ある視点から見れば、こういう質問もしばしば受けるのだけれども、私が途上国で長い間やっている手術や診療などの活動は果たして、どれほど正しい活動であるのだろうか?


 ある人は、そんな活動をちまちまやっていても救える人数たかだか知れているだろうといい、

 ある人は、外国人が現地で医療をすることは、現地の医療界や社会の秩序のバランスを崩す行為だといい、

 またある人は、患者が死ぬというリスクばかりを強調し思い描き、予期せぬことが起こったときの責任はどうするのだという。


 結論からいうと、私はいつも一生懸命に現実と格闘するだけで、それらの視点からの意見は私にも患者にもどうでもいいことであるということだ。

 また、私は人のいのちを救っているのだと自覚している。

 ミャンマー人やカンボジア人や日本人のいのちを救っているのだとは考えていない。


 私が悩んでいたのはこのように抽象度の低い課題ではなく、もっと大きな視点からの悩みなのだ。


 それは私たちが、通常のミャンマーやカンボジアで人をどんどんさらに効率よく治療していき、多くの人々が助かっていくときに、社会全体の中でのバランスをどう考えるのかという課題であった。

 多くの人々が助かるということは、多くの人々の食料や職業が必要になるということでもあり、私たちがターゲットとしている貧困層の子どもたちが多く助かるということは、貧困層の姉弟は犯罪の予備軍になりやすいために、将来、犯罪発生率をどうコントロールいていけばいいのかというような悩みなのだ。

 たくさんの人を助けるということはさらにそういう課題を社会に生み出すことになる。


e0046467_15163549.jpg


 戦争はいけないことだ。

 人を殺すのは正しくない行為だ。

 は限りなく正解に近いが、

 人を救うは正しい行為だは、それほどには正解には近くはない。

 なぜならば、人を救う行為はさっきの例のごとく、また別の問題を生み出してしまうからだ。

 日本では新生児医療が進み世界で最も低い死亡率を誇っているというが、別の角度から見ると、生涯、人工呼吸器から離脱できない子どもや重度の脳性麻痺の子どもたちもたくさん生み出している。


  それで途上国で医療規模を拡大し、成果をたくさん出し始めていくなかで、その人を救うは正しい行為だという思考をどう位置づけるのかというのが私自身の悩みでもあった。


 そして、数日前、浜田省吾さんのコンサートで、その歌声を聴きながら映像を追い続けていたときに私の意識は別の次元に飛んでいく。

 浜田さんの声は既に遠くに木霊したようになり、ある思考が私の頭を占拠し別の映像が次々に映し出される。


 昭和のはじめ日本の平均寿命は45歳程度であった。

 多産多死。まさに1歳を待たずに死んでいた多くの子どもたち。

 現在、カンボジアでもミャンマーでも、ラオスでも日本よりも明らかに平均寿命は短い。

 ポルポトの時代、虐殺にあっていのちを失った数百万人のカンボジア人たち。

 先日、ラオスで白血病で亡くなった7歳の男の子。


 今のアジアの途上国でも、戦前の日本でも人の死は、現在の日本なんかよりも明らかに身近にある。それは特別で非日常的なことではないのだ。

 

 死が近い。


 私の思考も直感も浜田さんの歌を背景にしながら同じ結論に達したのだ。

 

 死が身近な国や時代は、生(=いのち)は軽くなる、ということだった。


 どんどん戦争が起こるから人がたくさん死に、生が軽いのではない。

 人の生が軽く扱われるから、戦争が起こるのだ。


 だから私はこのときに確信したのだ。

 死をあまりに身近にしないこと。

 人間たちを死から遠ざける作業、すなわち生(=いのち)を救うという行為、生(=いのち)を重んじる行為というのは、最も正解に近いといえる戦争や人を殺すということを、遠ざけ遮断する行いなのだということを。


 死を忘れた生はその密度を失い、死を寄せすぎた生はその存在を失う。


 いのちを救うという行為は様々な重荷を背負っては生み出す行いではある。

 しかしながら、私たちが胸を張っていえる戦争はいけない、人を殺ろしてはいけないという正解と確実につながっている。


 これが、私が浜田省吾さんからもらったメッセージだった。


 

 


Commented by とある外科医 at 2015-12-03 13:26 x
「戦争はいけないことだ」は正解には近くないと思いますが、わかっていて書いておられるのでしょうか。
戦争はいけないと皆が言いながら戦争は起きています。これは戦争は外交の一つの手段であって、合理的に戦争によって得られる実利が大きければ国民は戦争を支持するということです。少なくとも、ロシアとか中国とかを相手に、彼らが「戦争はしたくないが…」などというナイーブな考えを持っている可能性はありません。
勝てない戦争をしてはいけない。勝てる戦争に持ち込まなければいけない。という言葉が正しいと思います。勝って利益のある戦争はするべきだし、実際に経済戦争を日本は勝ちまくっていて、その結果として豊かな現在があるのではないですか。
by japanheart | 2015-11-06 02:44 | いのちの重み | Comments(1)