ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

変化する安定

変化する安定


 人は上手く自分を誘導しなければ努力などしない。
 世のほとんどの人間は、大体、怠け者に生まれついている。
 たとえばかつてブログに書いたマイノリティーマインドを持つように環境設定するのは有効な方法だと思う。
 とにかく外国に行かなければ自分がマイノリティーになれないわけではない。
 国内でも、学校でもそれはコンセプト次第で可能となる。
 医師や看護師にも、若いうちは2年長くても3年くらいで職場を変わるように勧めている。
 人間3年も同じ場所にいると慣れてしまって、ついつい初心を忘れ怠惰に時間を生きるようになる。

 こういう変化を嫌ったり、恐れる理由は安定の喪失にある。
 しかし、今日と明日同じでありたいと願う。
 明日と明後日同じでありたいと願う。来る日も来る日も同じでありたいと願うが、それは不可能だと知っている。
 人の世は自己の肉体のように遷ろう。
 というか、肉体もこの世の定めのひとつに過ぎない。
 同じであると思っていた今日は、昨日とは違う。明日とも違う。
 人に肉体が、日日朽ちていくように、形あるものはそれが完成したときから崩壊へ向かう。
 私たちが願う安定は、その状態がずっと継続してほしいという願いは、この世に存在しないものを欲していることだと知らねばならない。
 もしそれがあるならばそれは、死かもしれない

 安定とは、常に変化するある秩序をもった状態のようなものだ。
 コップに入った水は、激しく分子がぶつかり動き回る。しかし、静かの表面の水面をたたえている。

 すべてものは変化する中に安定を形成する。
 だからこそ変化を恐れてはいけないのだ。
 変化を恐れることは、死を求めることだ。
 
 常に変化しようと心に意識している状態は、常に生命力を開花しようとしていることと同じことだ。
 変化を恐れない。
 変化を求める。
 変化の中の安定を知る。
 
 それが、そういう状態そのものが、生きているということなのだ。
e0046467_19315927.jpg

Commented by モモ at 2015-04-13 04:22 x
「肉体もこの世の定めのひとつに過ぎない」

昨日、12日は父の月命日でした。
骨になった父をみたとき、「あー、人間ってこうなんだなぁ」と。
スーパーなどで父にそっくりな方を見つけたとき、思わず追いかけてしまうのですが、やっぱり違っててがっかりしながらも、あー、人間って骨に肉がついてて目があって鼻があって、でもいつかはみんな父のようになるんだなと。

いま、仕事で韓国に来ています。今日の午後には帰国します。こちらに来て初めての雨が降っていて心地いいです。
韓国に興味を持ち、初めてひとり旅して韓国語の勉強を始めてから3年目にして、思いがけず仕事で来れる機会を与えていただくことになり、本当に不思議です。

他部署のスタッフの方々や、他機関の方々と仕事させていただき、肉体的にしんどい作業もありましたが、とても有意義で楽しい時間でした。

変化のなかにある安定、私は若者ではないですが、そういうことが、父のことや仕事を通じて、とても身にしみてわかる今日この頃です。
by japanheart | 2015-03-31 19:45 | 活動記録 | Comments(1)