特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

未来のイメージを絞る

未来のイメージを絞る


 日々、同じ時間を過ごしていると段々退屈になる。
 人間というのは、一旦、征服してしまうと山でも、男女関係でも、手技でも、国家でも、、、。
 興味が半減してくる。

 そこで生まれる余力というか、未消化感というかそういうものが先へ進むエネルギーになっていくのだろうが。

 先日、約2週間の間に、200件ほどの手術をチームで行った。
 もちろん若いスタッフは、医師も看護師もがんばっていて大変充実した時間を過ごしていたに違いない。
 ところが私はというと、確かに体は年々きついが、この未消化感が強く、満足などしない。
 あるおいしい食べ物を食べ続けると、何度目にかは、
 「うん、おいしい。この味、この味。こんな感じ。」という程度の事態になるが、私のとっての200件の不朽の2週間はそれとさして換わらない。

 そこで生まれてきたこの余力を集めて、ある形にしていく。
 それが未来の目標ということになる。
 だから、日常をサボっていたり、目の前の事態に振り回され続けている人間には、未来の目標は生まれにくい。
 
 最近気付いたのだが、そのときにはじめの未来の目標というかそれと、ある未来の時点にたったときのその現実との乖離があまりに大きくなっているのはなぜか?
 どうして想像した、あるいは希望した未来と現実がこうもずれまくってしまうのか?

 この原因は一体?

 その答えが少し分かり始めた。

 それは今の自分という存在や思考の認識のイメージが現実とずれているからなのだ。
 それを修正しなければ未来は、時間と共にどんどんずれはじめて、ある一定時間がたてばすっかり現実が希望や想像とずれていることになる。
 それはそれでいいと言う人もいるかもしれないが。
 
 これを修正する方法を私なりにすでに考案をしているが、今日は書かない。
 灯台下暗しだが、誰もしていない方法で、少々、アイドリングに手間取るが誰にでもできるといえば誰でもできる方法だと思う。

 ヒントをひとつ。

 聖書の言葉。
 はじめに言葉ありき!
 をかみ締めよ。


Commented by スラッシュ at 2014-05-09 17:30 x
多分この話は、先生が前の記事で語っていた、

日々の微々たる変化に気付くことが重要だという話にも繋がっていますよね。

つまり、思い描いたイメージがずれると言っても、

それはある日を境に白から黒になるという極端な話ではないですからね。

やはり置かれている立場やその時の状況等により少しずつずれていく、、

というのが正解のような気がします。

人は一人では生きていけない以上、それぞれの目的だって、

一人では達成できないものですよね。

多くの場合、他人はその人に対し間接的な妥協を促します。

時には妥協を見せないようにそこに誘導する場合もあるでしょう。

さもそれこそが目的を達成する為の筋道であるかのようにです。

とは言っても別に悪意は無いでしょう。

ただその目的に対しての思いが、

当人が1番である以上、それ以外の人は、

2番以降でしかないという事実がそうさせるのだと思います。

目的を達成するには他人を誘導するような、

そんな貪欲さ(悪どさ)が重要なんじゃないでしょうか。

誘導しなければ誘導されるだけ、たったそれだけのことじゃないでしょうか。
by japanheart | 2014-05-09 10:28 | 活動記録 | Comments(1)