ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外国から患者を日本にーその1

外国から患者を日本にーその1
外国からどうしてもその国の事情で治療が困難な人たちを海外へ連れて行き治療をするということがあります。
今回私はある女の人を連れ出す計画にしていました。年齢は24歳10年近く顔面の腫瘍で苦しんでおり、次第に変形もひどくなり長く人前に出れない状態でした。顔面といっても副鼻腔という顔の中にある箇所から発生し左顔面が変形しています。
この女の人の10歳台から24歳の今までの人生は家族の話を聞くととても同情してもしきれないものがあります。この人は始めてあったときから人に怯えていました。母親の後ろに隠れるその姿はとても24歳の大人ではなく、世間に怯える幼き子どものようです。この女性がどんなにか辛い時間を過ごしてきたかは想像に難くないことが、私にはすぐに分かりました。
Commented by NAO at 2005-12-06 21:22 x
私も女性なので、鏡の中の自分はいつも気になります。
美容院に行って変な髪形になったとき、吹き出物が出来たとき、そんな
些細なことでも人前にでるのが嫌になります。

顔面に腫瘍を抱えて生きるという辛さに、彼女も家族も、もう十分に耐えてきたと思います。1日も早く、彼女に笑顔が戻る日を願っています。
Commented by japanheart at 2005-12-09 23:14
病気の本当の苦しみは当人にしかわからないものだと思います。それが原因でおこる様々な苦しみや悲しみは時に計り知れないものだと思うのです。本当に彼女や家族のために私たちができることは何なのか今も考えています。
by japanheart | 2005-12-03 01:02 | 活動記録 | Comments(2)