ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いざ!出陣 with 息子たち

いざ!出陣 with 息子たち

 この4月から我が家は,ヤンゴン在住。
 息子たちは日本人学校へ。 一クラス多くて10名。在学者がいない学年もある。

 そしてもうすぐ夏休み。
 妻は日本へと一足先に今日帰国。

 あまりなき組み合わせ。父親と息子二人。(今までは、いつもばあさんがそばにいたから)

 そして18日朝から,この愚息二人、7歳と5歳を引き連れ、活動地サガインへ初見参する。

 戦国の昔は,初陣というのがあって、武将たちはある年齢になったら息子たちを戦場に連れて行った。

 日本の父親は息子に働く姿を見せることがないだろう、今時。
 それができればすこしは家族関係が変わるかもしれない。

 私は,やりたい放題なので息子を本当は学校など行かせずに,ずっと活動地でお手伝いをさせたいが、
 妻に反対されて,今はあきらめている。

 そこで、夏休み+妻不在=やりたい放題 という環境を利用して、息子たちを,私の戦場、そしてジャパンハートの最前線、ミャンマーワッチェの慈善病院に連れて行く。

 そこで、同じように生活をさせ、活動の足を引っぱらない程度にお手伝いをさせる。

 父親などというのは,結局、背中で語るしかない。
 特に、小学生の頃にしっかり背中を見せておくと、素直に彼らの脳裏に沈んでくれる。

 それが今すぐにではなくても,将来、彼らの目に見えぬ力になったり、目標になったりするかもしれない。
 男同士の教育は、頭ではなく,肉体や五感を通して行われていく。
 

 私は親になったら,子どもにその働く姿を見てもらわないとと思っている。
 ジャパンハートのスタッフも,親になったら皆、子どもを連れて活動に参加すべし!
 子どもの見てる前ならば,いい加減な姿やかっこわるい姿は見せられない。

 子どもにとっても,親にとっても,最高の学びの場になるはず。

 これからはもちろん、ジャパンハートという団体が、親子でボランティアで共に学ぶという,そういう場所になればいい。

 ではさっそく、その第一号として,吉岡家が突入させて頂きます!

 
Commented by あきこ at 2012-07-18 01:03 x
はじめてコメントさせていただきます。今看護師2年目になります。国際医療、人の役に立ちたいという思いから国際医療のある病院に就職しました。
1年目に比べて仕事にも慣れたきましたが、その慣れとともにインシデントも多々おこしてます。人の役に立ちたいとおもっていたのに、患者さんから力を貰っており、自分がいかに何もできない無力な人間であって、その上患者さんを殺してしまうんではないかと怖くて仕方がありません。
また、最近では日々の業務をミスなくおえるのか必死です。なんのためにこの仕事をしてるのかわからなくなってきました。同じ志しをもった先輩は、そういう時期もあったけど、何のために看護師目指したか、初心に戻って気持ち入れ替えて、耐える時間も大切だという言葉を貰いました、確かにと思う反面、耐える時間がもったいないとおもってしまう自分もいます。最終的に決めるのも行動するのも自分だっていうこたは分かっているのですが、今の自分を自分で把握し切れていない。何が自分の進むべき道なのか。病院で死にたくないのに病気で残りわずかの時間を過ごしている患者さんをみていると、何してるんだ自分!思うけれど、考えても考えても答えはでてきません。
Commented by CHIKO at 2012-07-19 14:06 x
素敵なことです、、。海外のボランティア団体によっては家族でボランティアOKと行ってくれるところもありますが(もちろん、参加可能な国は限定されますし乳児は不可ですが)ようやく、日本の団体もそれが可能になるかもしれない、、んですね。我が家の息子たちは現在4年生と中学1年。次男が中学に入るのを待って、海外の団体で参加しようかと密かに計画中でした。その頃には長男は高校生なのでボランティアとして参加可能ですし、、もしかしたら、ジャパンハートも受け入れOKになっているかもしれませんね。私は先生と同世代なので、、その頃には、体力的にはかなり厳しいですが(失礼しました)楽しみにしています。
Commented by レイコ at 2012-07-22 13:37 x
息子さんたちにその種が引き継がれる瞬間ですね。
手を繋ぎあう世界が見えるようです。
by japanheart | 2012-07-16 23:19 | 子どものこと | Comments(3)