ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

この前、東北で

この前、東北で

 先日、東北に行ったときあるボランティア看護師に
 「先生は、怒りすぎだと思うんです。人は怒られては成長しません。ほめてこそ成長すると思います。」
と言われた。

 そうかな??と私は純粋に思う。
今ではアメリカから入ってきたコーチングが大流行で、ほめることの利点にばかり焦点が当たっているが、元々は日本は、叱ることとあえてほめる機会を少なくすることが主流だったと思うけど。
 それで日本の先人たちが、全く成長もせず、大家や名人たちが出なかったなら別だが、現実は歴史の示すとおり。
 私はほめるという行為を、おいしいものを食べる行為のように理解している。
 毎日おいしいものを食べ続けると、おいしいという感覚が鈍ってくる。
 しょっちゅうほめると、ほめられても当たり前になってくる。
 もっとおいしいものを、もっとおいしいもをという感覚になっている人が今もたくさんいいる。
 そこで粗食など出されたら、食べている間中、多分文句と不平で心とお口は一杯になっているはず。
 ところが逆だとどうなるか。
 普段、質素な食事しか食べたことのない人間が、おいしいものを食べたときは、多分、卒倒するくらい心と体は満たされる。

 要はバランスなのかも知れないが、ほめて育てることはかなりテクニックがいるということだ。
 怒って育てるのには、ほめて育てるのと比べると大してテクニックは必要ないと感じる。
 毎日毎日、満足いくおいしいご馳走を作れといわれたら大変難しい。
 一方、毎日、粗食を作れといわれても、簡単なことだ。
 それと似ている。
 ほめて育てるのは相当高等な技術ということになる。
 

 もう一つ、ミャンマーの現場に行っていないその看護師にはいくら言っても理解できないから言わなかったが、もし自分のせいで子どもが死んだら、その看護師がまともなら、生涯、トラウマをしょうことになるだろう。
 すでに私はそうなっている。
 だから、怒られることくらい軽いものだというのが私の気持ちだ。
 人を自分のせいで殺めてしまったら、生涯、救われないだろう。
 しかし、殺めたことのない人間には、その危機感がない。
 殺すという、その結果が出て初めて、自分の状況を理解することになる。
 時すでに遅し。
 時計は逆には回ってくれない。

 あなたなら、どっちを選ぶ?

 私は間違いなく、ここに近づいたらえらいことになるぞと、叱ってもらう方がありがたい。
 だからそうしている。

 所詮、経験したものにしかわからない世界だ。
 さっきの看護師も、自分がそこにいて地獄を見たらわかるだろう。

 私もほめて人を育てたいものだ。
 現地では、正直、少なくとも私は、そんな余裕はない。
 
 
Commented by スラッシュ at 2012-03-04 22:14 x
要は、受け手側の問題でしょう。

叱られる側が未熟であれば「褒める事が糧」となり、

成熟した人間ならば「叱られることこそが糧」となる。

だとするならば、そこには理という物が存在し、

叱られることが糧とならない人間は未熟である、、

だから、叱られる。故に、それが理解出来ない。この流がループするわけです。

まさに理にかなった話でしょう。

要は、いかにこの世の中は「出来ているつもりでいる人間が多いか」

それが分かるエピソードということでもあるでしょう。

現実として未熟な人間を育てる余裕があるのか、

果たして人命の命にかかわる医療、寸分を争う医療にそんな余裕があるのか、

自分がもし患者の立場ならば、

そんな余裕を気取った医者には診てもらいたくはないですね。


これが患者側の答えです。
Commented by sakamoto at 2012-03-06 00:41 x
確かに、受け手側の問題だと私も思います。
怒られて「むかつく」と思って終わるか
「悔しい、次は同じこと言わせねえ。」って思って
頑張るか。
人それぞれ受け取り方は違いますよね。
私はほめられると逆に不安になります。
自分ができないって分かっているのにほめられても
気遣った嘘なんじゃないかと疑ってしまいます。
1年目、毎日怒られていましたが、
怒ってもらえるのは有り難いと思いました。
年数たって、今更この人に怒っても・・・
って諦められてしまうのが1番の恐怖です。
Commented by モモ at 2012-03-06 11:30 x
いつの時代にも、他人のために本気で怒ってくれる人はとても希少で、怒られた人は有難いと思ってこそ本当で、恨みに思うなんて言語道断です。感謝で感動すると思います、私なら。でも、そんな風に怒ってくださる方には今後お会いできないようで、寂しいです。
Commented by レイコ at 2012-03-06 21:57 x
なぜ「怒る」ことを美徳化するのでしょう。

生死に関わる現場でも、普通に話して通じないものでしょうか。


Commented by 川津 陽介 at 2012-03-10 00:53 x
んー・・・
育てる為に怒るのは素晴らしいと思います。
それは、ただカッとなるのとは違うものですね。
Commented by 旅人 at 2012-03-22 20:04 x
僕は怒られる側の心の問題が大きいかなって思う。
心がパンパンな人に叱ってもさらにパンパンになるだけ。

僕は褒められるのがすき。笑
でも簡単に褒めて欲しくない。。本当に頑張った時に心から
「頑張ったね!!」って言われることがいいんですよ!
その時に自信と嬉しさで心が満たされる。
by japanheart | 2012-03-04 19:54 | 活動記録 | Comments(6)