ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

我が美しき景色

我が美しき景色

 私にはどうしても死ぬときに見ていたい光景がある。
 かつて何度か同じ景色を見て、「ああ、人生あってよかった!」と思ったことがある。

 いくつもすばらしい光景や美しい光景を見てきたが、私にはそれを越える光景はなかった。

 私の第二の故郷、大分で学生時代を過ごしていた頃、いつも授業をサボって夕方近くになると
 近くの温泉に出かけた。
 
 当時、多分今も、大分は温泉の宝庫。
 ただの温泉もまだまだたくさんあると思う。
 私はいつも、大分市の外れ、狭間町にあった、ある温泉に出かけていた。
 1回100円、薄い黄色のとても良い香りのする温泉だった。
 
 秋の夕暮れ、いつも温泉から山道を、ドライブして帰った。
 秋の風は気持ちよく、村々の夕暮れも心地よかった。

 その帰り、いつも多くの田んぼがあった。
 秋の夕方、たわわに実った稲たちが、夕暮れの太陽を浴びて、金色に輝き、風を受け少し揺れていた。
 私は何度かその光景に出会った。
 いつもこころ奪われ、しばし車を止め、日が暮れるまでそこにいた。

 日本にはこんなに美しい景色があるのだと思った。
 お米は不思議な食物だ。
 

 是非この光景を見ながら死にたいといつも思っている。
 だから、多分私が死ぬ季節は、秋かな。
 美しさの中で死ねるなどということは、何と日本人の心を揺さぶるのだろうか?

 そんな光景や場所をみんな持っているのだろうか?
 
 人間、明日死ぬのだと思えば、殆どの欲がはげ落ちてゆくが、その後、何が残るのだろう?

 欲は人のエネルギーだと最近、つくずく良く分かる。
 私は、それほど欲深くないので、何事も、まあこれくらいだってすぐ思ってしまう。
 自分が結構、淡泊なのだと、最近よく分かる。

 若い人たちを見ていると、全く美しくはないけれど、様々な欲望のために邁進しているのを見ると、
 少しうらやましくなる。

 美を備えた人間になるには今何をすればいいのだろうか?
 
 
Commented by yumiko at 2011-10-09 23:00 x
先生の大分講演に行かせていただきました。私は挟間町の隣の団地に住んでいます。今まさに一面の田んぼが黄金色に輝き、今日稲刈りをしているところもありました。本当に心を穏やかにさせてくれる景色です。また大分で講演してくださることを心よりお待ちしています。
Commented by スラッシュ at 2011-10-10 03:27 x
「美を備えた人間になるには今何をすればいいのだろうか?」

と思える貪欲さ、美を欲しがる貪欲さ、

その欲が人を変えるのではないでしょうか。

もしかしたら、欲と言うものは人を成長させるのだと思います。

振り返れば、先生も若い時にその欲があったからこそ、

その欲が無意味だと悟ったのではないでしょうか。

人は、経験則を踏んで成長するものだとするならば、

欲というものもまた、時に必要なのかもしれません。

重要なのは、欲望に埋もれたまま死んでいくのか、

その過程で何かを感じ取ることが出来るのか、

その分岐点なのではないでしょうか。

ならば、その分岐点にて先生は今の道を選べたわけで、

その時点で、先生のこれからの道は、きっと輝くでしょう。

それは誰が思うでもない、

周りの人達が判断することなのですから。

少なくとも、俺は先生にその輝きを感じています。
by japanheart | 2011-10-09 11:31 | 医者の本音 | Comments(2)