特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スマイル-スマイル その2

スマイル-スマイル その2

 ずっと前に書いたブログに、私が日本で小児外科の外科をやっていた頃、ガンの転移で失明して目が見えなくなってしまった子どもがいた。
 4歳か5歳か、そのくらいだったと思う。
普通の大人でもそんな風になったら、一体どれほど動揺するのだろうと思う。
この記憶を引っ張り出すといたたまれなくなるが、話を続けたい。
 この子どもがある日、突然病棟から消えた。
 病棟は上へ下への大騒ぎ。
 みんなでそこら中探した。

 数時間後だと思う。やがて、病棟の倉庫の片隅から、この子が出てきた。
 当時、私の上司は、本当に心配したのだろう。
 本気でこの子を怒鳴って怒った。
 私を含む多くの大人が、この光景を黙ってみていた。
 それが私の後悔。

 どうして、こう言えなかったのかと今でも思う。
「皆でずいぶん探したんだ。どこに隠れていたんだい?全然分からなかったよ。すごいね。」

 目が見えなくなった子どもが、ちょっと隠れんぼをしただけだった。
 毎日、暗闇の中で過ごすたった4歳か5歳の少年が、少しだけ冒険をしたのだ。
 みんなで、この小さなトム・ソーヤを囲んで楽しくいかなければならなかったのだ。

 この子はもうこの世にいない。
 そして私は今でも後悔している。

 この記憶が、スマイル・スマイル事業に反映されている。

 子どもたちの好きなところに行って、好きなことをさせてあげよう!

 大人が大人の価値で決めた場所や冒険ではなく、自分たちがしたい冒険の場所へ。

 がんと戦うたくさんの子どもたちが、これから冒険してゆくだろう。

 それを実現すれば、あの子は少しでも私たち大人を許してくれるだろうか?
 
Commented by モモ at 2011-09-03 05:43 x
ご心配されなくても、きっとその少年は隠れている間、ずっとワクワクとした気持ちで先生方が見つけてくださるのを待っていたと思いますし、見つけられて叱られたことで、なおのこと先生方の愛情を感じ、安心したのではないでしょうか。それに、言葉に出さなくても、先生の気持は雰囲気で伝わっていたでしょう。
大丈夫です、きっと。
少年にとって、とても幸せなひとときだったに違いありません。

Commented by Shinko at 2011-09-07 12:46 x
ご無沙汰しています。

私も過去にこうしてあげればよかった、こう言えばよかった・・・と思う「小さな傷」があります。で、その傷が今の自分を優しく、強くしてくれていることに気がつきます。

ご活躍お祈りしています。
Commented by 内田敬子 at 2011-09-23 09:45 x
小さな塾を始めて25年が経ちました。その間先生の暴力で泣いていた子、親の虐待で泣いていた子、学習障害で皆にいじめられていた子、友人のいじめで自信を失っていた子、ダウン症の子も指導してきました。
やっと最近になって分かった事ですが、どんな事があろうと、強い愛情を持って接すれば、どんなに閉ざされた子供の心も、絶対に溶け出すという事でした。
日数の違いはあっても、子供の心から雲を取り去り、太陽をのぞかせる事が出来ると分かりました。
先生は医療という素晴らしい方法で、子供の心に太陽を戻させていると思います。天国に行ったこの少年にも、先生の想いは伝わっていると思います。
私も預かっている様々な子供たちの心とこれからも真剣に向き合い、たくさんの愛情を与えながら指導していきたいと思います。いつも先生のお話を読みながら、心に手をあて元気をもらっています。有難うございました。
by japanheart | 2011-09-02 13:24 | いのちの重み | Comments(3)