ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私は神様にいじめられている

私は神様にいじめられている

 テレビや報道を通して、私は大変横柄な人間だと思われている。
 それは否定できない事実かも知れない。

 ジャパンハートのスタッフたちは、私のことをとっても怖い奴と思っているに違いない。
 きっと、ミスをしたらシコタマ絞られる。

 ある人たちは、私のことをどうもS気たっぷりの人間だと思っているようだ。

 しかし、と私は言いたい。

 私は自分の人生を、なんとM気たっぷりな人生なんだと思っている。心の底から。
 私をいじめているのは、あろう事か神なのだ。
 私は神にいじめられている。

 今回も、考えられないような大きな甲状腺腫瘍の女性がやってきた。赤ちゃんの頭くらいの大きさ。
 年齢23才、極度の貧血(Hb 2.7)、普通の人の5分の一から4分の一程度の血液の濃度。
 立って歩けない。もちろん。
 しかも、小さい子どもと若い亭主が心配そうに付き添ってきた。
 子どもは何も知らずにはしゃぎ回り、しかもやんちゃで元気。
 腫瘍は、なぜかしら、破裂していて、大きな穴が開き腐って、中からたくさんのウジ虫が出てくる。

 毎日、腫瘍を洗い、輸血をした。
 すると3日目に、右足がぱんぱんに腫れ上がった。
 調べると足の太い静脈に血栓を作っていた。
 ミャンマーでは、血液は全血で輸血する。日本では、たとえば赤血球とか血小板とか、必要なものだけを輸血する。しかも日本は放射線を照射していたり、してなるべく副作用を起こらないようにしてある。
 調べる術はないが、多分肺にも血栓が飛んでいたと思う。酸素濃度が少し低くなっていた。
 血液を固まりにくくする薬を飲ませれば、逆に止まりにくくなりすぎという状態。
 まあ、しかし何とか1月がんばって、やっと手術へとこぎ着けた。
 本当は、やりたかないけど、私に隠れ場所はない。


 手術が始まり、血が止まりにくい。
 しかも、腫瘍が動脈や静脈とひどく癒着し、はがすのがすごく大変。
 そして時々停電。

 2000CCを越える出血。
 どんどん輸血する。
 用意していた1000CCの輸血はあっという間になくなり、A型の血液の人いますか??
 とスタッフたちに声をかけると、皆快く、応えてくれる。
 こういうときに普段さんざん飯を食っていて、太ってしまった人間に限って、血液型が違っているのが、おぞましい。

 どんどん進む局面の中で、私は地球の中心からこう叫ぶのだ。

 ああ、神様、なんでこんなに出血させるんですか???
 ああ、神様、なんでこの大きな動脈がこんなにひっついているんですか??
 ああ、神様、なんでこういうときに限って点滴のラインが詰まるんですか??

 そしてだんだん、腹が立ってきて、最後はいつもこうなる。
  「ああ、神様、なんで、なんで、こんな目に私をあわせる訳!! ??」
  今までも、何度もこころで叫んだ私の言葉。
 

  俺って、もしかしてついてない?

  
  若い亭主は、どたばたとして、たくさん運び込まれる血液を見ては不安をかき立てられ
  手術室の外で、そわそわ歩き回る。
  子どもは何も知らずに、看護師たちと遊んでいる。

 そして、 5時間後。
 すっきりした首になった23才の若い母親は、意識を取り戻しながらゆっくり手術室から運び出された。

 今日は手術後3日目、朝から座ってご飯を食べている。

 子どもは相変わらすやんちゃに忙しい。
 
 亭主は、にこにこしてご機嫌がいいようだ。

 私は、こんな経験は二度とゴメン被りたい願っている。
 いつものことながら。
 
 だけど、神様は、また私をいじめにくるはずだ。
 なんか対抗手段を講じないと。
  
  
  
Commented by モモ at 2011-07-27 08:25 x
神様なんていないと感じます。
設備の整わないなかで可能な限りの準備をされ、細心の注意を払われて手術に臨み、たくさんの想定内外のアクシデントを切り抜け、そのうえ外で待つ患者の家族の心までに気を配られ…、そして、見事に手術を成功させておられる、先生ご自身が神様ではないですか。間違いなくそう思います。責任感と強い意志がなければ、普通は体力・気力が持ちません。いつも、お疲れさまです。お祈りしています。
Commented at 2011-07-28 21:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by CHIKO at 2011-07-29 10:21 x
神様なのかわからないけど、その時々に波、波動、リズムのような、運命的な、何か今、必要なことが与えられているように思います。
初めてこのブログに出会ったとき6歳・3歳だった子供が
もう12歳・9歳になります。
あの頃、離島で暮らしていましたが、夫の母の看病で大阪へ引っ越してきました(昨年亡くなりました)。我が家の子供の成長に合わせるようにどんどん大きくなるジャパンハートの活動を見ながら、そろそろ短期研修なら、行けるかなあ?と思い出した頃に、東北の震災。その頃我が家は長男のOP前でした。6月上旬にようやく3泊4日で本吉に行ってきました。やっと自分の時間が取りやすくなってきました。これからも、出来る範囲で寄付や参加ができればと思います。
こうありたいと思いながら、自分の思いと同じだったり違ったり、でも、こうあるべきという方向にちゃんと導かれているような気がします。導かれれいるのか、自分がそう進んでいるのか、どちらなのでしょうか。

Commented by 神の味噌汁 at 2011-07-29 11:26 x
私は先生は神様に好かれていると思いますし
先生の中にも神様は居る気がします。

そしてジャパンハートと云うネーミングのセンスがイマイチと
思ってる人も居るかも知れませんが私はナカナカ良い名前だと思います。
産婦人科医の故荻野久作先生もご自身が手術で使われるメスを
『日本丸』って命名されていたのではなかったでしょうか?
(少し記憶が曖昧なんですが)
同じ様な祈りとセンスで命名されたと思いますよ。
Commented by はまる at 2011-08-01 09:35 x
『神は真実なお方ですから、あなたがたを耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます』
聖書(新約聖書・Ⅰコリント10:13)の言葉です。

対抗手段を・・・と強気であればあるほど、神は先生に試練を
与え続けると思います。
それが、神にとっても先生にとっても患者さんにとっても、そして
この世界にとって必要なことだからだと思います。

すみません、引用が宗教的になってしまいました。

私たちは、先生が神から与えられる多くの試練と闘う姿を
期待し応援しています。
ですから、その勇士を長く見られますように、吉岡先生の健康も
守ってくださいと神に祈ります。
Commented by ようこ at 2013-04-10 16:27 x
この日のブログ大好きです。先生が神様に首根っこつかまれて「次はこれをやってみなさい。」とかって言われてる姿をナゼか想像しちゃいました。そして神様に指名されてしまうくらいの神がかったチャーミングな吉岡先生、大好き!
by japanheart | 2011-07-27 02:46 | 活動記録 | Comments(6)