ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ここから始まる本当の勝負

ここから始まる本当の勝負

 今から16年前の30歳のとき、たった100万円を握り締め単身、どんな政治体制かも知らずにミャンマーという国へ乗り込んだ。
 右も左も全く分からず、ただ医者を志したときから、医療を受けられない人たちのために医療というものを提供したい、それだけを考えてきた。
e0046467_0144445.jpg
(1996年 ミャンマー)

 
 現地では苦労の連続だった。別にそれは今でも変わっていないが、とにかくいつも困難に向かい合い、潰されそうになりながらも、なんとかのらりくらりとここまでたどり着いた。
 気がつけば、数百人の仲間をえ、年間1万人以上の人々に治療をしている。
 
e0046467_0151492.jpg
(1996年 ミャンマー)




 多分、その影響力は今後もしばらくは増え続けることだろう。
 不労所得という言葉があるが、私にとっての所得は、金銭ではなく、本当に医療を必要とする人たちが、医療を受けてくれること。
 
 今私は、国内・海外をいつも動き回る。時に家族と数日休日を過ごすこともある。
 そのとき、私自身は医療をしてはいないけれど、今もこの瞬間も、私の数百人の仲間たちは世界のどこかで医療を誰かのために提供している。
 私はすっかり大富豪のごとき不労所得(=医療提供による患者たちの健康回復)というものを得ているのだ。私は金は全くないけど、既に大富豪になっているかも。

 今回も、一つの困難が私たちの前にやってきた。
 何者かによる石巻市渡波ジャパンハート小児診療所施設の突然の取り壊し。

 でもね、正直言うと、全然堪えてないよ。
 今までこの程度の、痛い目には海外でも国内でも何度もあってきて、まあ、こんなこともあるのかと感じる程度なんだ。本当に嗚咽するくらい苦しいことが今まで何度もあったからね。それに比べればね、大したことない!
それに今回は、日本のみんながついているからね。既に心は大舟に乗っている。

 私たちはね、今まで誰にも頼らず、自分の力で海外でも国内でも一からその分野を切り開いてきた経験がある。
 お金がなくても、資源がなくても、やって見せれるだろうという、得体の知れない自信があるんだ。

 今回の、診療施設取壊しで、心に火がついた。

 じゃ、もっと大きいことをしてやろうじゃん!と。

 そしてその試みは、既に始まった。
 その立ち直りの良さは、私のいいところなんだけど、何と言っても時間がもったいないからね。

 既に、もっと確実で大きな小児医療復活の試みのために動き出している。

 
 成功したら、多分、日本中の人が喜んでくれるだろうな。
 
 そして、震災によって傷ついたこの地域の子どもたちのこころと体の健康は取り戻せると信じている。
Commented by モモ at 2011-05-04 00:18 x
得体の知れない不安が、日本のみならず地球に溢れている気がして、常に不安な気持ちに囚われがちなのですが、私は完全に先生の「得体の知れない自信」のファンです!
今晩のテレビ『毎日放送・TBS系列21:00~22:48 GWファミリー・スペシャル 世界の村がアリガトウ 命を救うニッポン人!』も、もちろん拝見します!
Commented by at 2011-05-04 17:17 x
そうくると思った!そんなジャパンハートをこれからも応援させてください。そしていつか私も行動したいと思います。
Commented by パウダースノー at 2011-05-04 22:59 x
今夜の放送を拝見しました。先生の言葉「遠くの人を助けに行く前に、まず自分の身近な人、地域の人のためにできることをしてほしい」が、心にしみました。私も身近な誰かのためにできることをして生きたいと思います。
Commented by 12262004 at 2011-05-05 06:55 x
取り壊されたと読んでも全然驚かない。むしろ被災地自身の各地自体の対応に侍魂が継承されている日本を誇り観る。ジャパン・ハートはこれから何十年も先に被爆者の認定が難しいなか無償で治療する惟一の団体として必要不可欠な組織になると確信している。未来の日本の子供たちのために私も力を絞って働いて少しでも遺そうと思う。
Commented by ゆりんこ at 2011-05-05 11:47 x
昨日のTV放送を拝見し、感銘を受けました。私自身の「いろいろ考えて感性の命じるままに行動できない」面を恥じました。高校の教員(育休中2児の母)なので、職場復帰したら、吉岡先生のように人の幸せのために全力で突き進むことのできる若者を世に送り出したい。微力ですが、私にできることを、と思います。
Commented by あさみ21歳@兵庫県 at 2011-05-05 13:49 x
はじめまして。
情熱大陸、世界の村…の放送を拝見しました。
「自分の存在価値を再認識するため」 という言葉が胸にとても残っています。

停電になったとき助手の方々が懐中電灯で照らしているのを見て、太陽光で充電出来るライトをいくつかお贈りしたいと考えています。どちらに送れば届くのでしょうか。
ご迷惑でなければいいのですが、、「無駄なことは何一つない」と照栄さんにもおっしゃっていたので、私に出来ることをしたいです。
Commented by けーちゃん先生 at 2011-05-05 23:46 x
昨日のTV放送を拝見し、皆様が感じたと同じように私も感銘を受けました。同じ日本人として誇りを感じ、涙を流すとともに、被災地で診療所が取り壊された事実に怒りを感じました。
先生の困難に立ち向かう気迫のこもった姿に感動すると同時に、先生の勇気と多くの経験が、沢山の魂とともに困難を打ち破っていくんだと感じました。
私もたった一人で、小さな町で25年間子供たちと向きあってきました。
登校拒否の子供、育児拒否をされた子供、学校から見放された子供たちの心に寄り添ってきました。
私ももっともっと自分ができる事があると思いました。
勇気を頂きました。
先生、頑張ってください。応援しています。ありがとうございました。
Commented by toc at 2011-05-06 00:13 x
初めまして。自分もTVを拝見させていただきました。
よく覚えていないですが、最初に思ったその思いを大切にしているというコメントとても心に響きました。自分は今、先生になろうと思っています。アフリカで生まれ、問題意識をもったまま記憶を美化し、行動を起こせずに20代後半になってしまいました。まず自分にできる身近な努力から頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。
by japanheart | 2011-05-03 22:34 | 活動記録 | Comments(8)