特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「今伝えたい、被災地への思い」

「今伝えたい、被災地への思い」

 エキサイトブログ トップページに
 「今週のピックアップブロガー」
 という欄がある。今週は特別企画で「今伝えたい、被災地への思い」と題して何組かのブロガーが取り上げられている。
 その一番手に 私のブログ「発展途上国の子どもを救え! 小児外科医吉岡秀人の戦い」を取り上げていただいた。
 
 ここをクリックしていただくと、様々な方々の今回の震災に対しての働きかけを見ることができる。

震災特別企画「今伝えたい、被災地への思い

 また、同トップページの別の欄に

  ■緊急ピックアップブログ
・被災地で子供たちのために活躍する「小児外科医 吉岡秀人の戦い」

 と題して、同ブログを取り上げて頂いている。

 感謝、感謝。


 今、宮城の気仙沼・石巻周辺で避難所等を回っている小児科医である私の妻から先ほど電話があり(小児の精神的な課題に積極的に取り組んでいる)、やはり子どもの長期的な視点での精神フォローは絶対必要だと言っていた。
 行政・保健・学校などを巻きこんで、ジャパンハートがこの大きな災害に対する取り組みを、子どもという視点でやって行くことになりそうだ。
 先ほども話していて思ったが、例えば、その専門的なアプローチを習得しているのと、していないのでは、全く逆の方向を向いたことをしていることがある。 
 例えば、子どもは大人に依存して存在いることを認識しているので、ショックを受けている大人たちに、それ以上の打撃を与えないように、大人の前では、何も精神的なショックを受けていないように振る舞うとか、実は、子どもの精神的な障害が出始めるのは、直後ではなく、ずっと先の、自分たちが本当に安全だと感じた後だとか、、、。

 やっぱり、いろいろな人たちから力を借りなければならないようだ。

4月4日  第42次隊 派遣   派遣者数 150名

 


 
Commented by omled at 2011-04-04 11:42 x
先生、そこクリックしてもまたココに戻ってきますよ。
以下のURLがそうじゃないですかね。
http://blog.excite.co.jp/pickup/16120632
Commented at 2011-04-05 10:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-04-05 10:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-04-09 09:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ハロ クミコ at 2011-04-14 22:10 x
先生に伺いたいことがあるのですが 現在自主避難勧告又はでていない福島のこどもたちの被曝の状況をどう判断よまれているか ご意見いただけたら 幸いです こどもたちの未来のために活動していこうとしています者です よろしくお願いいたします
Commented by japanheart at 2011-04-19 08:51
現在、原子力は基準が厳し過ぎるくらいで、あまり心配するなという論調には賛同しかねることが多い。政治家も、官僚も実はあまり詳しくしらないのではないかと思う。京大のグループがかなり警告を発している。彼らが以上なのだろうか?長年かけて出てくる被害もあるわけで、今死人が出ていないからという理由で安全だとは言えない。私がもっとも危惧することは、今の原発の状況下で、そこの長期滞在することでもたらされる被害であって、数日や数週間という期間であれば結果がでないかもしれないが、これは数年単位であればどうか?と考えて子どもたちを誘導するべきだと考えます。
健康というものは、私は10年単位で見る視点もいると思っています。
by japanheart | 2011-04-03 23:48 | 活動記録 | Comments(6)