ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

トラウマ相談

トラウマ相談

小児科医であるうちの妻からいかのメールが届きましたので報告します。


被災地で教員や保育をしている方、子どもをもつ保護者が子どもたちの不安や行動について質問できるサイトを紹介してもらえませんか。
ここをクリックしてください


すでに200通を超えるメール相談が被災地から寄せられているそうです。

被災地でなくとも遠隔地でもメディアによる二次災害が起こっています。
なんども原発のニュースを見たり、津波の爪あとを映像で見ているうちに心の脆弱性がある子どもはPTSDを発症したケースが報告されています。

あと、被災地のこころの支援ですが、まずは病院や避難場所で黙々とがんばっている方々に対するものが必要だと思います。それらの方々はただ来たものを受け入れるばかりで自分の感情を出す場所がありません。
それはいまはいいですが、あとからトラウマを処理するのが大変です。

ひとりでも多くの人の目に留まってほしいと思います。」
Commented by さく at 2011-03-21 13:41 x
質問できるサイトは見つかりませんでしたが、以下のサイトを参考にされては如何でしょうか?

●日本トラウマティック・ストレス学会「大震災支援情報サイト」
http://jstss.blogspot.com/

また、日経メディカル オンラインが今回の震災に当たって、災害医療に関するコンテンツを以下のHPにリンク集としてまとめられております↓

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/hotnews/int/201103/518845.html

ほかに、2004年インド洋津波被害の復旧経験から作業をどのように安全に進めて行くべきかCDCがまとめたリポートを、北里大学医学部衛生学公衆衛生学講師の和田耕治先生が翻訳してご自身のHPに掲載されています↓
http://kojiwada.blogspot.com/
CDCリポートの他にも阪神淡路大震災やカトリーナ台風後の復興からのヒント等も掲載されています。
by japanheart | 2011-03-21 09:49 | 未分類 | Comments(1)