ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Dream Train ー支援方法 あれこれ

Dream Train ー支援方法 あれこれ

 ドリームトレイン支援についていくつかの方法を以下に。

 詳しく知りたい方は、お電話でジャパンハート事務局に直接お問い合わせ頂くこともできます。
 
 電話番号 03-3734-6206です。

また、以下の問い合わせホームからも問い合わせることができます。
 お問い合わせ/ジャパンハート


お金で支援したい人

1)里親になる
 月額 ①3000円 ②4000円 ③5000円という3種類から選べます。
 
  里親についての詳細は、アドレスをクリックしてください。
里親制度

2)寄付をする
 
以下にお願いします。振り込みされるときに希望をお書き下さい。(例えば、子ども衣服、子ども食事、治療費など)

 子ども基金

3)会員になって継続支援する

 会員制度


 物資で支援する

 これの前にどうしても知って頂きたいことがあります。
今、ジャパンハートでは医療物資を手持ちで年間3000キロ持ち込みます。人のいのちがかかっているので、もちろん医療物資が最優先です。
 現在、各航空会社は大変、荷物超過に関しては厳しく、人道支援医療物資として申請しても、タイ航空が10キロまで無料にしてくれますが、その他全ての航空会社には、緊急救援時以外は拒否されます。
 例えば、超過料金は、1キロあたり、ミャンマーまで何と、4200円で、10キロだと42000円取られます。考えられませんよね。私も同感です。高すぎる。
 なお、航空機のエコノミークラスで誰にでも許可される預け荷物は20キロまでです。これを越えると1キロにつき、4200円!
 4200円あれば、沢山の衣服やその他の物資が、現地で格安で買えます。新しいTシャツが1枚300円です。
 上記の事情を考慮された上、しかし、どうしても物資を送ってあげたいという方!、直接現地に!という方のために国際郵便があります。値段を調べました。
 ミャンマーまで 10キロあたり、5500円程度(船便)、10500円(航空便)だそうです。
 以下のアドレスにお願いします。なお、Donation for Non-parental Children( ドリームトレイン)
とお書き下さい。送付アドレスは、以下です。

Japan Heart -Myanmar :

 Yangon Office
No.12,H1,Aye Yeik Thar Street,(7)Ward,8 Miles,MayangoneTownship,Yangon,Myanmar
Tel : ++95-1-665081


さて、ジャパンハートへの寄付控除についてです。
 控除を受ける団体資格には、認定NPOという特別な資格を国税局からもらわなければいけません。(2012年からは法律が変わってもっと簡単になりそうですが。)
 しかし現在は取得は、そこそこ大変で、ジャパンハートはこの資格取得の準備をしています。
5月に資格申請、7~8月取得という形で、準備しています。先日も、団体関係者、団体税理士などで、国税局へ行き話し合いをしてきました。先方としては、問題ないということでしが、ジャパンハートは、法人になってから日が浅いため(2008年11月法人取得)、あとわずかの時間が必要です。
この認定NPO資格は、法人格取得後、最低2年間の会計の報告が必要なんです。
そのため、3月末で2年の会計報告ができあがります。その後、総会を経て、資格申請の運びとなります。

 寄付を税制控除の対象として希望される方は、8月頃(忘れないで下さいね!)もう一度、とれたかどうか事務局にお問い合わせ下さい。
 
 
Commented by 板橋 at 2011-01-19 10:40 x
現地に直接送付し、関税がかかり、かえってご迷惑になるようなことはないでしょうか?
Commented by at 2011-01-20 00:35 x
詳細ありがとうございます。
Commented at 2011-01-20 23:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆい at 2011-01-21 00:44 x
先日の情熱大陸を拝見させて頂きました。とても感銘を受けました。こんな簡単な言葉では片付けられませんが、先生の言動は本当に素敵だと心から感じました。
"何か途上国の方達の力になたい"と漠然と思うだけで行動に移す事が出来なかった自分を恥ずかしく思いました。自分には何が出来るのか、やるべき事は何か、改めて考えようと思います。大きい額の寄付は難しいですが、今後お力になれる時は、是非協力させて下さい。先生の事を知る事が出来て本当によかったです。本当にありがとうございます。先生ご自身もお身体を大切にして頑張って下さい。今後もずっと応援させて頂きます!!
by japanheart | 2011-01-19 02:09 | 活動記録 | Comments(4)