ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

子どもたちの手術

子どもたちの手術

 私ひとりではどうしても太刀打ちが十分できないような数々の病気を持つ子どもたちがいる。

 麻酔が十分かけることができない環境の中では、大きな手術はなかなかできない。

 こんな子どもたちを集めて今回ミャンマーで手術を行った。

 日本から小児外科医3名と小児科医2名、看護師1名がチームを作って参加してくれた。


 朝から晩までみんなでがんばって、20数名の子どもたちが手術を受けることができた。

 本当にうれしい気持ちになる。

 何のための医療の技術か?
 何のための医者であり、看護師なのか?

 多くの医療者が自分のお金と休みを使ってこのような活動に参加しようとするときですら、邪魔をする上司が多い。

 一般の常識では信じられないだろうが、なんだかんだと言って参加をやめるように説得する。

 意味不明の、管理という。

 ヨーロッパやアメリカではおそらく、同じようなことをするときっと社会的には賞賛され尊敬もされるだろう。
 この日本社会。
 このずれ。

 それを貧しさという。
 社会の遅れという。文明の低さという。

 これから若い世代は、古い人々や慣習に振り回されずに世界を相手に動いてほしいと切に願う。

 それほど世界は狭くなっている。
 

 
Commented by ミチ at 2011-01-16 23:58 x
情熱大陸、拝見しました。

先生の自分が信じた道をぶれる事なく進む精神に心うたれました。
私にも何かお手伝い出来る事があれば…と思います。
Commented by まや at 2011-01-16 23:58 x
情熱大陸みました。本当に尊敬します。なにもできない自分が情けないです。なにかできることありませんか?力になりたいです
Commented at 2011-01-17 00:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2011-01-17 00:19 x
テレビ拝見しました。先生の活動を存じ上げなかったことを恥ずかしく思います。これから小額ながら毎月寄付をさせてもらいます。
私は子どもが3人いますが、ミャンマーの子どもも、我が家の子どもも変わらない命です。もう少し自分に余裕が出てきたら、里親制度にも協力させてください。
Commented by 1児の母 at 2011-01-17 19:40 x
昨日の情熱大陸を見て、心打たれたと同時に色々と考えさせられました。虐待を受けていたと言う兄弟。それなのに強く生きていて、あの素敵な笑顔が忘れられません。微力ながら、出来ることを見つけてみたいと思います。
Commented at 2011-01-17 20:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by japanheart | 2011-01-16 03:45 | 活動記録 | Comments(6)