特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

昨日逝った11歳の子ども

昨日逝った11歳の子ども



昨日、11歳の女の子が亡くなった。

生まれつき大腸が二重になっており、人工肛門もある。



ここへ辿りついた時、すでに全身はやせこけ、骨と皮だけになっていた。

お腹だけは大きく膨れ上がっていた。



患者の子どもには家族の思いが宿っている。

傲慢かもしれないが、どうしても助けたかった。



一方の腸に大量に溜まった大きなウンコの塊が悪さをしていた。

お腹を開け、手術をするにはあまりにも全身状態が悪すぎた。

だから、栄養剤を入れながら時間を待った。



しかし、間に合わなかった。



昨日、肛門に指を入れた。

この大きな塊が、お尻と膣を切り開けば取れるくらいの場所に位置しているのを、今更ながら分かった。これならばお腹を開けなくても出来る唯一の手術法だった。

こころが、急く。



手術は上手くいった。

成功した。



しかし、遅すぎた。

術前から、不整脈が連発し始め、術後、数時間後に心臓が鼓動を停止した。

スタッフは何時間も格闘していた。



だが、結局は戻らなかった。



私の医術の目が、もう少し研ぎ澄まされていたら、助かったかもしれない。



いつも自分の能力を悔やむ。
Commented by 松本奈津子 at 2010-08-29 22:52 x
こんばんは。

私も病気になってから、
すごく人の気持ちが
分かるようになりました。

この子の気持ちを考えると
辛くて、辛くて
たまりませんでした。

私には動く体があります。
この子の分まで
精一杯生きたいです!
それが今の私に
出来る事だと思います。

どうか天国で
幸せに楽しく過ごせますように。
by japanheart | 2010-08-27 08:26 | Comments(1)