ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

繰り返される失敗

繰り返される失敗

 組織には、どんな形にしろ繰り返される失敗をいかに防ぐかという課題がある。

 ジャパンハートの医療活動の中にも,大小様々それがある。

 たとえば、患者の傷が術後に開く。

 現地にいるスタッフに術後の管理を任せているが、どんな時期でも、、、。

 どんな時期でもというのは、何年も活動する関係上、現地に滞在するスタッフは数ヶ月ごとに入れ替わるからという、誰がそこに滞在しようともと言い換えることができる。

 必ず、何々という理由で,傷が開きましたと連絡が入る。

 あるときは、安静が保てない。あるときは感染を起こした。あるときは術中の侵襲のせいで。

 このような報告を,何度も、そして何年もずっと受けている。

 それでいつも苦々しく思うのは、そこに自分のミスや技術的な問題があったという認識がいつもない!

 あたかも運が悪いかごとく。
 あたかも全部患者が原因のごとく。

 だから、本当に悲しくなる。
 ああ、この人たちは日本でもそうやっていつも自分のせいにはしなくて、患者や周りのせいにしてきたんだなと思う。多分それは当たっている。こころの習慣とは,そのようなものだ。

 患者たちは、上手くいかないと、それを背負っていかないといけない。
 しかし、医療者はどうせすぐに忘れる。
 忘れて元気に何もなかったように生きてゆく。

 どうせ忘れるなら,せめてその時は,ミスをしないようなレベルであるのが最低限だ。

 私はミスに対して、個人攻撃をする。
 責任をどう取るつもりかと,責める。
 責任もとれないくせに、ミスを犯すなという。

 結局、個人の経験や手痛い体験が組織に蓄積されていないのだと思う。
 それを伝える人間にも事欠いている。
 その歴史的な積み重ねを知恵というなら、知恵のない組織とは恐ろしい。
 また同じ失敗をしている。
 
 多くは,悲しいかな医療者が本気になって、豊かな医療をするとはどのような,有様か,知らない。

 ただ時間を,一生懸命働くというのでは永遠に、豊かな医療など実現しない。
 時間に追われ、ばたばた働いて,満足しているメンタリティーには、見ていて寂しくなる。
 
 頭を使い、知恵を絞り,時間を生み出す。
 生み出した時間を、患者の質の向上に使う。
 豊かな医療はそうして生み出される。

 頭を使わず、時間に追われる医療は,物量の域を出ない。

 個々人の能力に見合ったパーフォーマンスを発揮し、自己の能力を自覚し、そしてチームプレーに調和してゆく。
 医療も,スポーツも、何でも一緒。そういうチームは強い。

 ああ、こういうチームを作ろうとして,何度失敗してきたことだろう。
 
 
Commented by 松本奈津子 at 2010-07-04 07:54 x
おはようございます。
今は暇で暇で仕方がありませんが、この時期を大切にしたいと思います。たくさん本を読んでみようと思いました。
学校の友達が昨日来てくれました。
久しぶりに会えて、
本当に楽しかったです。

そんな友達がすぐそばにいて
本当に幸せです。
Commented by スラッシュ at 2010-07-05 23:54 x
>私はミスに対して、個人攻撃をする。
>責任をどう取るつもりかと,責める。
>責任もとれないくせに、ミスを犯すなという。


素晴らしいですね。

人が何故怒るのか。

怒られることによって分かる事の重大さ。

それを知らしめることができるのは、

それを知ってる人間だけです。
by japanheart | 2010-07-04 05:11 | 活動記録 | Comments(2)