特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

副作用の法則

副作用の法則

 薬剤には、知っての通り、「主作用」と「副作用」がある。

 痛み止めの薬を飲むとき、痛みが止まるという働きが、主作用。
 胃が痛くなったり、じんま疹が出たりというのが副作用。

 人生ではこの副作用がきわめて重要になる。
 最近、このことに気づいて、にんまりしている。


 もう少し詳しく。

 たとえば、医者になりたいと行って、勉強をはじめ、大学に合格し、国家試験に合格し晴れて医者になったというのが、主作用(主目的)。
 その課程で、勤勉さや忍耐を身につけたり、大学でいい友達や恋人ができたり、将来の妻に出合ったり、クラブ活動でいい経験を持てたりというのが副作用(非主目的)。

 こういうことになる。

 さて人生でどっちが重要??
 答えは、ケース・バイ・ケース。時に収穫は副作用の方が遙かに大きい。

 だから、失敗しても、まずチャレンジしてみる価値がある。
 何せ、人生におけるこの副作用の法則に気づけば、やらない手はない。

 時に、目的は達成できないこともある。全線全勝の人生はあり得ないから、多くは失敗や徒労に終わる。
 それは誰もが経験済み。
 この副作用という、予想外のびっくり箱をひっくり返してみてはどうか?

 これを生み出す秘訣はただひとつ。
 ダメ元でもいい、目標を立て、チャレンジしてみること。

 行動する、しない。
 これにかかっている。
 ただそれだけ。たったそれだけ。
 あらゆる可能性の扉は、行動によって開かれる。

  びっくり箱をひっくり返せ!

 この私、それに気づいてから、大口たたいて、とにかくやってみる。

 この副作用を期待して。
 主作用は、まあ達成できたらうれしいかな、と考えている。
Commented by Asian Hope at 2010-06-29 11:39 x
なにも恐れることなく進めそうな気持ちになります。
チャレンジすることは大切であると考えるので素晴らしいなと感じました。
Commented by 松本奈津子 at 2010-06-30 20:03 x
こんばんは。
今私は入院していて正直、受験生なのに
学校に行けないのは凄く辛いし、不安です。
だけど、病院で出来る事を
今はしっかりやっておこう
と思っています。
高校生になったら、真剣に
勉強を頑張ろうと思っています。
そうする為には 犠牲にしていかなければ ならない事もあると思いますが
自分の限界まで頑張って
みようと思っています。

自分が病気になって、
今までたくさんの人たちに
支えられ、助けられました。

なので次は自分が人の為に何かしてあげられたら…と思っています。
by japanheart | 2010-06-29 00:19 | 基本 | Comments(2)