ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

そして、カンボジア

そして、カンボジア

 4月1日にサガインを後にし、2日から4日までインドとの国境の町、陸の孤島、プータオというまち。

 今やミャンマー各地から治療を求めて私たちの病院に患者はやってくる。
 そしてこのプータオからも。

 なんと来るのに4日もかかる。
 お金もかかるだろう、多分。

 行ってみた。
 そこはまさに、この世の桃源郷だった。

 住民達は昔ながらの生活をし、質素に生きていた。

 病や奇形無くば、きっと幸せに生涯送ったことだろう。

 この地で1年に、2度でもいいから、手術を子ども達のためにしてみたいと思っている。

 1回に50人くらいの子ども達の手術をできればと。

 

 話し変わって、今カンボジアにいる。
 今来たところだ。
 そして明日、ミャンマーに帰る。

 前回のカンボジアの患者でひとり、未だに術後くすぶっている患者がいる。
 再手術のためだ。
 
 たった一人のためでも時に全力で動く。
 動かないといけないと、自分に言い聞かせやって来た。

 むかし、始めてミャンマーに行ったころたった一人の患者の治療の薬を買うために、片道18時間かけてバスで動いたことを思い出した。
 それでも私は幸せだった。
 たった一人の患者のためにそこまでできるということを、本当に幸せに感じた。

 そして15年たった今も同じように感じている。

 
by japanheart | 2010-04-05 23:48 | 活動記録 | Comments(0)