特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自分のことでないことなどあるのだろうか?ーその2

自分のことでないことなどあるのだろうか?ーその2

 前回の話には続きがある。
 
 たとえば好きで飛び込んだ世界でいつしか囚われの身になり、あるいはそれに近いような状況、戦争やビジネスの世界などよくある話だが、誰かに無理矢理、何かをを押しつけられたとしよう。

 そこでは、どんな自分のためがあるのかというと、戦争ではそれを聞かなければ殺されるか、それ以上にヒドイ目にあわされる、ビジネスでは命までは取られることはないかもしれないが、確実にひどい目にはある。
 そこに働く深層心理は、挫折する自分を認めたくない、他人に評価されない事実を受け入れたくない等々の心理が働くから、敢えて嫌々でも働き続ける。
 そう考えれば、無理矢理とはいうものの自分のために、自分の身や心を守るためにという打算が働いていることになる。
 突き詰めれば、誰のためでもなく自分のためにということになる。

 子どもが飢える。
 母親が自分の食料を分け与え死んでゆく。
 それすら母親が望んだことだから、彼女自身の大切な子どものために自己犠牲を背負ったよろこびの行為であるとすれば、すなわち自分のためだといえる。

 しかし、上の2つの例は、それを行う人間の満足度に大きな差がある。
 いったい何か?

 何が同じ自分の行為として発せられたものなのに、こんなにも大きくその満足度をわけているのだろうか?

  行為の因が自らの意志で発せられたか、否か。
  これがすべてだと思う。


  私が、人は何かをするとき自らの意志で一歩を踏み出さないといけないという故である。

 誰かに強制されてやり始めるなど自分の人生にあってはならないことだと誰もが認識している。
 私もそう思う。

 しかし、恐ろしいのは、知らない間にそう思い込まされ強制されていることは多いのだと気づく必要がある。

 いい大学を出たら幸せになれる。
 本当か?
 いい大学とはどんな大学なのだ?
 まさか偏差値が高い大学ではあるまい。
 有名な出身者が多いことではあるまい。それとあなたが有名になることは何も関係ない。
 もし出ても幸せになれる保証がどこにある?
 お金が人より多く稼げれば幸せだと誰が決めた?
 少しのお金でも幸せに暮らしている人はごまんといる。その逆も数え切れない。

 政府系組織や公務員は安定している?
 何が安定というのだ?
 毎日決まった仕事をすることか?
 首を切られないことか?
 つぶれないことか?
 それを幸せと誰が決めたのか?
 そこに働くことにステータスを持つことは勝手だが、ステータスなど社会が無理矢理はめ込んだ鎖だと理解すべきだ。

 多くの人間が尊敬してやまない坂本龍馬や西郷隆盛や織田信長は、安定の中に生きた人だったか?
 毎日同じ仕事をすることを望んでいたのか?

 どこで働いてもいい。
 嫌々でなく、強制されるわけでもなく、自らの意志でいつも一歩出て働くことが人生の質を変える。
 政府系の組織にいようがそうでなかろうが、お金をたくさんもらおうがそうでなかろうが、関係ない。
 
 すべてが自分のための行動なのだ。
 だからもし他人に強制されて始まった行動だとしたら、意識していようが、無意識にそうしていようが人生乗っ取られてしまっているということだ。
 戦争捕虜のように。
 奴隷のように。
 それを気持ちいいとか、安定していると感じていることを、奴隷根性が染みついたという。
 
 私がアドバイスあることがあるとしたら、まずすべては自分のためにやっていると認めること。
 そして安定したり、安心したり、世間の評価にあわせて組織を見たりしたら、危ないと認識することだ。
 私は本当はどう思っているのだろうか?こんな安定を得て、それで何がしたいのだと考え続けることだ。

 鎖を解き放ってこそ、本当に自分のために生きてゆける。
Commented by モモ at 2010-02-17 06:46 x
どんなときも自分の心に忠実にと心がけていますが、自分の未熟さゆえに毎日もがいています。ただ、辛くても前向きにもがき続けることを止めないように、これまで以上によく考えながら歩きたいです。もっとシンプルに、かつ真剣に。
Commented by さら at 2010-02-17 09:24 x
吉岡先生のお言葉、ひとつひとつが胸に響きます。
先日、先生の講演会が行われたとのことですが、
そのころは大学受験が終わっていなかったので足を運べませんでした。
近々、また講演会をよろしくお願いします!
楽しみに待っております。
Commented by 高田 勇 at 2010-02-17 09:28 x
こんにちは。高田です。
今回のBlogには非常に感銘を受けまして共感しまして
勝手ではありますが私のBlogに引用させて頂き
かつトラックバックもさせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。
Commented by やました at 2010-02-18 00:38 x
お疲れ様です。コメントさせて頂きます。
様々なアドバタイジングから解放され、信頼できる情報を嗅ぎ分け獲得し、自分の頭で考え判断し行動することが大切かと思いました。私はこれから、そうするように心がけます。
きっかけを頂きました。ありがとうございます。
Commented by 藤川奈々 at 2010-02-18 01:38 x
吉岡先生。

いつも人々に勇気と元気をありがとうございます!!
Commented by あお at 2010-02-19 21:17 x
自分はいま大学受験の途中です
自分の気持ちに素直に生きていきたいです!
一言一言がすてきです!
ありがとうございます!
Commented by 藤川奈々 at 2010-02-20 07:26 x
吉岡先生。

おはようございます。

お忙しい先生、ご自愛下さい。。。。。。。。

いつも、元気とパワーをありがとうございます。
Commented by スラッシュ at 2010-02-23 15:33 x
安定とは「精神の安定」ではないでしょうか。
価値観と言う物が人それぞれであるとするならば、
精神の安定とは何を持って安定なのか、それも人それぞれなのは当然の話です。

首を切られない、つぶれない等の、
「安定した場所」で精神の安定を満たされる人もいるとするならば、
そうじゃない人もいる。

人それぞれの価値観の違いというものを見ることが出来た時、
吉岡先生は更なる飛躍を遂げることでしょう。

これからも多くの子供たちを救ってあげてください。
応援しています。
Commented by ジャンメダイ at 2010-02-26 16:09 x
「すべてが自分のための行動」
しかり。まさにおっしゃる通りです。

ついでに言えば、すべての人は、自分が生きたいように生きています。
ただ、そのことを忘れているだけ。
そのことを思い出さない人が、環境や他人の犠牲者として振舞うのです。

それもまた、犠牲者として振る舞いたいから振舞っているだけとも言えます。
つまり、犠牲者もまた生きたいように生きているのですよね。

自分を出発点にすれば、何をやっても、どんな環境でも幸せになれます。
あとは、自分がどうしたいのかを決めれば良いだけのこと。
環境や出来事は、「自分とは何か」を決めるためのきっかけです。
それに気づけば、出てくるものは「感謝」しかあり得ません。

4月8日(木)にタイで講演されるとのこと。
もし行けたら、お話を伺いたいと思っています。
Commented by ST at 2010-03-03 22:59 x
勉強になりました。ありがとうございます。
Commented by ゆこ at 2010-03-15 06:17 x
初めまして。
母が 国際ソロプチミスト大阪―いずみ の会員であることから、こちらのブログの存在を知り、少しずつ遡って、「うんうん!」とうなずき、同時に、大変励まされながら読ませて頂いています。
私は訳あって日本での仕事を辞め、カナダの大学で心理学を勉強しました。自閉症の子供たちと働くことに大きな意義を感じていますが、やはり「経済効果」が根底におかれたシステムがしかれており、子供の視点、立場に立った対応をする事が、大変難しい。
やはり背に腹はかえられないのか。。。。?いわゆる妥協の道も探り始めるべきかどうか、不安が募る中、思案し始めたところであったので、吉岡先生の要点を突いたブログに叱咤激励された気持ちです。
心が突き動かされる感じ、ご無沙汰していました。
ありがとうございます!
そして、規模は小さくとも、先生と同じ視点、価値観に立って、これからも人生の選択をして行きたいな。と思います。
どうぞお体お大切に、今後ともご活躍なさって下さい。
Commented by Download at 2011-06-20 10:50 x
Thanks for the helpful information
by japanheart | 2010-02-17 00:09 | 基本 | Comments(12)