ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

脳瘤の子どもたち

情熱大陸でも映し出されていた脳瘤という病気。
この子どもたちをこちらでも手術しはじめた。
驚くべきことに、というところであろうか、しかし既にそんなことは当たり前になってしまったが、
方々からこの病院に、脳瘤の子どもたちが集まってきている。
人から人へうわさが駆け巡り、こんな状況になってしまった。

2月の手術ミッションは、毎日1人づつは脳瘤の子どもを手術しなければいけなくなりそうだ。
なんとなく、複雑な気分だ。
ちょっとストレスを感じているということだろうか。

程度のひどい子は、CTをとり、頭に水頭症のためのチューブを入れ、それからようやく手術という運びになる。もちろんすべての費用は、子どもたちは無料になる。
無料といっても、この病院は私達の病院ではないので、治療費は子どもたちに請求される。
その費用をすべて私達が代わりに払う。
もちろんそのお金の出所は、日本からの寄付ということになる。
このようにしてうまくお金は回っている。

今日、ふと私がもう3人ぐらいいればいいなと思った。
外来を何時間も待って座っている子どもや患者たち、手術を何カ月も待たなくてはいけない患者たち。

こころから申し訳なく思っている。
Commented at 2010-01-27 15:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by モモ at 2010-01-27 15:03 x
先日の『情熱大陸』、見逃してしまいました。職場のカレンダーにメモしておいたにも関わらず、残念です。ただ、皆さんのコメントを見ただけで手に取るようにその厳しい状況が浮かびます。体調管理も万全でいらっしゃることとは存じますが、どうぞお体を大切になさってください。病気の子どもたちとその家族の笑顔が増えますように。日本から応援させていただきます!
Commented by 太田黒真由美 at 2010-01-27 16:56 x
先生の事応援してます。
私は日本でできることをしますので。
Commented by ヤス at 2010-01-28 00:15 x
情熱大陸を見て、自分の存在意義を考えさせられました。
もし今の自分に余裕があれば海外ボラスタに参加してみたいのですが、、、、
Commented at 2010-01-28 07:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 高田勇 at 2010-01-28 09:53 x
吉岡秀人 様
こんにちは。先日愛知県岡崎市で開催された講演会の際にお世話になりました、高田勇と申します。
お名前を覚えていらっしゃるかどうか分かりませんが、お食事の席で写真撮影を申し出たもので、写真をお渡ししたく、コメントを書かせて頂きました。私のBlogの1月15日の『吉岡 秀人 先生』という題の記事に写真がありますので、よろしければご覧下さい。
先日の情熱大陸も見させて頂きました。大袈裟かもしれませんが、私も吉岡先生のような人生を生きてみたいな、と思いました。ありがとうございました。
高田勇
Commented at 2010-01-30 14:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 藤原 at 2011-01-17 15:17 x
私は情熱大陸をいつも見させて頂いていたのですが これほどに心が動かされた回はありませんでした。 医療現場の中でもやはり幼い子供が親からの伝染性でエイズになるという過酷な状況の中、吉岡さんは少しでも多くの命を救いたいと本当に患者さんの親身になられメスを握るだけが医師じゃない。この言葉は吉岡さんの人間性を象徴していると思います。孤児院でこれからの未来を背負っていく子供達、そして国は違っていても生きる力を失ってはいけないと本当に改めて感じました。本当にありがとうございました。これからもお身体に気をつけられてください。
by japanheart | 2010-01-27 11:11 | 子どものこと | Comments(8)