ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

病院のまわりの子どもたち

病院のまわりの子どもたち
e0046467_2345324.jpg

病院のまわりにもたくさんの子どもたちがすんでいます。彼らは公園もなにもないこのような土地で一体何をして一日を過ごしているのだろうかと思います。私にはよくわかりませんが、子どもというものは何かしらして遊んでいるものだと思います。いわゆる私がよく見かけるのはかくれんぼ・凧揚げ・ゴム跳び・けんけんぱのような遊びです。これに野球を入れたら本当に昔の日本と、僕らが子どもの頃と同じではないかという感じです。みな楽しそうで、大人の私から見ても羨ましくなります。日本の子どもたちがもしこんな風だったらさぞかし大人たちは心温まることでしょう。遊びを通した子ども同士の関係の中からきっとたくさんのことを学んでいるのだろうと思います。そういうことはテレビゲームからは決して教わらないことなのだろうと思います。年長に対する尊敬や日本語の敬語のこと、或いは仲間と協調すること、遊びの中にはそのようなことがたくさん詰まっているように思います。

by japanheart | 2005-09-30 23:54 | 子どものこと | Comments(0)