ジャパンハートの代表。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

家族のこころ

家族のこころ

 今日は2009年最後の日。
 この年の終わりに、少しだけいい話をプレゼント。

 先日妻から届いたメールの中身を紹介したい。

 先日、小児科医であるの妻の病院で、ある子どもが亡くなったそうだ。
 その子は、小さい頃、ベッドからうつ伏せに落ちて、家族が気づくのが遅く、脳性麻痺になったしまった。
 父親も母親も、祖母も本当に悔やんでいて、いつも悲しんでいたそうだ。
 その日からずっと、一生懸命に皆で、その子の事を看病していた。
 しかし、先日亡くなったしまった。残念ながら。


 昨年7月、私が情熱大陸の放送でで最後に語った言葉を覚えているだろうか?
 先生が目指す医療とは?という問いに、私はこう答えたのだ。

 「たとえ死んでも、こころが救われている医療。」
 「助かっても助からなくても、その人の事を大切に扱う。大切に扱われるでけで、人はきっと生まれてきて良かったと思える。、、、、、、」

 この子の家族は、その言葉が、その亡くなった子どもからのメッセージに聞こえて、皆で泣いた。
 子どもは、父親や母親、祖母やみんなに感謝していると感じたそうである。

 私は今まで多くの患者に接してきて、そして死にざまを見送ってきた。
 きっとの子は、私を通じてこの家族にメッセージを届けたんだと思う。
 子どもは、感謝している。そう感じる。
 子どもがそうなったのは、誰のせいでもない。その子ども自身の運命のように、そうなったのだ。
 誰も自分を責める必要ない。
 そうなった自分の為に、家族はずっと寄り添ってくれた。尽くしてくれた。
 それ以上、何を望むだろう?
 満足している。その子は満足して、あの世に帰って行ったのだと思う。
 
 子どもが死んでちょうど49日目のその日、この家族がそろって、私が出た情熱大陸を見たのは決して偶然ではないだろう。

 そして私を通じて、子どもはメッセージを送ったのだ。

     「長い間、ありがとう!」
Commented by Asian hope at 2010-01-02 18:28 x
「たとえ死んでも、こころが救われている医療。」
 
素晴らしい指針であると思います。
応援しております。
Commented by eringi at 2010-01-03 01:31 x
先生のような医者になるのが私の夢なのです。
私もこころが救われるような医療をしたいですが、
今回の記事でこころが救われる医療がどういったものか、具体的にわかりました。
現在高校2年生ですが、しっかり勉強し絶対に医者になりたいです。
by japanheart | 2009-12-31 16:53 | いのちの重み | Comments(2)