特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

生後10日の運命

生後10日の運命

 今日、生後10日目の男の子がやってきた。体重は2200g。
 生まれつき肛門がない。ないから便がでない、いわゆる先天性の腸閉塞。

 生まれた村から近くの大きな町の病院に行く。
 いくつか検査をされ、結構お金を使うが、ここでは治療が出来ないといわれ、大都市マンダレーの子ども病院に行くように言われる。
 産後10日目の母親は父親と一緒に、この数百キロの道程を満員バスに乗りやってきた。

 が、、、、。

 医者からこの家族には到底払えないお金の金額を提示される。
 子どものいのちを諦め帰ろうとした。
 ある医者が、私達の存在を教えた。あそこなら手術をしてくれるかもしれない。

 そこから1時間再び、ここまで満員バスでやってきた。

 既に子どものお腹はパンパンに腫れあがり、口からは便臭がしている。
 たぶんギリギリだった。あと1日か2日、遅れていたら多分いのちはなかったかもしれない。

 緊急で人工肛門を造る手術をした。
 たくさんのガスと便がではじめた。

 今は点滴を受けながら、すやすやと眠っている。
 隣では母親が疲れて眠っている。
 そして、近くのベッドで父親が眠っている。

 私といえば、今日、ここにいて良かった。
Commented by haruna at 2009-12-29 04:29 x
この子が助かって本当によかったです。
この話を110と34にもしてみようと思います。
by japanheart | 2009-12-29 03:14 | 活動記録 | Comments(1)