特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私の中の「原因」

私の中の「原因」

 私の行う医療の現場で亡くなる人たち。
 多分どんな医療現場でも、多くの小さなミスがその治療の陰に交差する。
 もし常に最高の治療を繰り返していると豪語する医療者がいれば、それはウソだと言わざるを得ない。最高の治療とは、ベストのことを行うことであり、ベストだったとあとで思い込むことではない。
 一つ一つのベストが、最高の結果を生み出すとも限らないかもしれないが。
 
 医療をやっていて、ああすれば良かったのでは、こうすればよかったのかもしれないなどどと思ったことは数知れず。他人の手術を見ていても、私はああすればいいのにと思うことが多い。
どっちがいいかはわからないが。

 そして結果が、いい方に転べば、誰も何も言わないし、自分がした治療はベストだったと思いがちだ。しかし、結果的に治療がうまくいかず、死を迎えねばならなかったり、治療そのものが元の木阿弥だったりした場合、どうだろうか?

 患者の病気の発見が遅れたとき、ある医者が、診断医療そのものの限界です、と家族に言ったとする。そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

 そして、結果的に患者が亡くなる。もしかしたら、あくまでももしかしたら、発見が少し早ければ何らかの手が打てたかもしれない。

 多分、そのとき医者たちはベストを出したと、納得するだろう。

 本当にベストだったのか、そうでなかったのか。
 
 
 あるとき、術後の患者が死んだ。
 ベスト?の手術だった。
 顔面の奇形の手術。
 術後、高い熱が出た。ベスト?の抗生剤を投与し、その日の朝も回診をし、ほとんど熱以外は問題なかった。ミャンマーではそれ以上はないだろう。血液検査をしても、別に治療が変わるわけではない。ベスト?の抗生剤はすでに処方済みだ。
 患者の様態が昼頃急変する。
 1時間の間に呼吸停止、心停止まで行ってしまう。
 人口換気し、日本と変わらないベスト?の蘇生の方法を力をあわせて成し遂げた。
 しかし、患者は亡くなる。

 多くのスタッフは訳はわからず、しかしベスト?を尽くしたと信じている。
 患者の死は、悲しくないわけはないが、しかし訳がわからない。
 
 時間がたち、少しづつ皆の中で過去の記憶として記憶のかなたに遠ざかってゆく。

 
 幾つも言い訳めいた理由は、思いつく。
 真実は、どうかはわからないが。


 しかし、本当にそれでいいのだろうか?
 医療者たちは、それでいいのだろうか?
 医療者というものはいくら自分でベスト?を尽くしたように思っていても、いくらでも患者を傷つけている。程度の差はあれ。しかも知らない間に。
 だからこそ、謙虚さがいるのだ。
 他人の問題ではなく、自分の問題なのだ。

 
 私の中に求める「原因」。
 それを求め続けている。
 完璧などと、自己弁護しないで、思い込まないで。
 二度と知らぬ間に、同じ流れに乗らないように。

 今まで生き様の何が悪かったのか?
 日々の生活の何かが悪かったのではないか?
 朝起きてからの自分に問題なかったか?
 
 些細な出来事から危険を察知できなかったのか?
 もしかしたら、どこかにヒントがあったのではないか?
 風の音はいつもと違っていなかったか?河の色がおかしく見えなかったか?
 手術をやっているときの自分の感覚や指先は変ではなかったのか?
 何でもいい。
 何でもいいのだ。

 この患者を死なせずにすんだ何かのヒントが、どこかになかったのか?
 
 私はそう自分に向き合っている。
 全部自分の問題として引き受けている。当たり前だが。

 スタッフにもそれを望む。

 なぜなら、治療に関わる皆が、そういう境地になったとき初めてこの患者のような死が、可能性を小さくしてゆくと信じているからだ。
 ある患者の全ての責任は自分にあると認識しろ、というのはそういうことだ。
 
 患者が死んだとき、それは全て医者の責任か?
 医者は患者を治そうと治療しているのだ。別に殺そうとしているわけではない。
 看護師のそれと同じ。単に役割分担に過ぎない。
 看護師は医者の言いなりになる必要なない。
 一生懸命、勉強して、医者以上の知識を持つ自由は保証されている。
 だから医者が、自分の知識に照らして、おかしな治療すれば、治療への参加をしっかり理由を述べ拒否すればいい。共犯になる必要なない。
 しかし、いったん参加すれば、やはりともに責任を負わねばならないだろう。
 事故でも、ミスでも同じ。
 医療者とは、そういうものなのだ。
 そういう仕事なのだ。

 いつも言っているではないか。
 チーム医療。チーム医療と、自ら。
 チームというのは、別に何かあったときに誰かに責任を負いかぶせて逃げる人たちの集団を指すのではない。
 たとえ誰かのせいで何かあっても、皆でその結果を受ける単位のことだ。
 
 本当のチームを実現したいものだ。
 そうしなければ自分たちを信じて、命を預けてくれる患者たちに申し訳ない。

 私がおかしいのか?
 そういうのには付いていけませんという、世の中がおかしいのか?

 私が意見をもらいたいのは、どうすればそういう患者の死をもっと的確に知ることができるのかというアドバイスなのだ。
 
 
 
 
Commented by さんたにやん at 2009-10-30 12:07 x
これは、医療だけに限らず、良心的献身的な教育、保育、療育現場でも似たような状況の下、現場の方々(チーム?)のトップが遭遇する悩みの一つです。私の知り合いの保育現場のトップの方々に時々申し上げるのは、「トップが指導力を発揮するのはもちろんですが風通しを良くしてください」ということです。ここでは書ききれませんが、いろんなケースがありましたが、医療現場は特に大変かとは思いますが(結果が死ということもあるので)、うまく文章で表現できませんが、何事でもこういうジレンマは
よくあることです。製造業にしろ、特に最近はPL法というのがあり、大変神経を使っています。それでも欠陥とか事故というのは、つきまとうものです。少し距離をおいて物事を考えるのも一つの方法かとは思います。
Commented at 2009-10-30 21:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-10-31 09:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by クミコ at 2009-11-01 09:45 x
ミャンマーから連れていらしたお子さんの手術無事終わり経過も順調の様子。彼の明るい未来、健やかな成長をお祈りしています。
by japanheart | 2009-10-30 00:45 | 随想 | Comments(4)