特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

傷が離開の報告

傷が離開の報告

 先日帰国した。
 今日、現地から顔の形成手術をした子どもの傷が開きましたという報告が来た。
 前回やってかえった同じ手術の子どもたちは問題なく治って退院していった。

 今回は同じ手術の術後に、4名の傷が開いた。
 それで、今回何が悪かったのか今からミーティングを開くという内容の報告だった。


 本当に、いい加減にしてほしい。
 もう、相手に伝える言葉も見つからない。何も話したくはない。
 ミーティングなど、勝手にやっていればいい。
 本当に腹が立つ。
 
 あの麻酔が不十分な環境の中で、この手術をするために、患者が背負った「いのちのリスク」を何だと思っているのか?
 親もまだ幼い子どもたちも、麻酔が不十分にしかないと、十分自覚もできないまま、ただ治してもらいたいとだけ念願し、手術を受けたのだ。
 それが何かしらスタッフたちの、特に今回消毒を担当したスタッフの未熟さゆえに傷が離開?
 本当にふざけている。
 しかも今頃?
 
 今まで日本で働いていたときも、そうだったが、何がしかの医療的な失敗が起こると、看護師が私にいつも謝る。
 何で、私に謝るのか、今でもすっきりこない。
 私がせいぜいかぶった被害は、その患者に使った労力が無駄になったくらいのことだ。
 ほとんどの被害は患者だから、患者に謝ればいいのに。

 軽く考えているからこんな失敗を犯す。
 必死になって、いつもおびえながら、、オドオドし患者を看ていないからだ。大した経験もないのに。

 医療者としての根本がなっていない。
by japanheart | 2009-09-04 02:08 | 活動記録 | Comments(0)