特定非営利活動法人ジャパンハート ファウンダー・最高顧問。1995年より国際協力医療活動をはじめ、ミャンマー・カンボジアなどで、これまで1万人以上の子どもたちに手術を行ってきた。


by japanheart
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リスクを見極める

リスクを見極める

 こんな状況のなかの医療活動だから、いつも診断機器より、自分の経験と感性を信じている。

 昨日、ヘルニアの陥頓(腸などが体の穴ーたとえば筋肉や筋膜などでできた穴ーの間にはまり込むこと)で5日間もたってからやってきた1歳の子どもを緊急で手術した。
 手術が上手くいった。
が今日、39度から40度の熱が続く。

 腸が破れているのか?
 お腹の中へ戻した腸が腐っているのか?

 もし破れたり、腐っていたら今日明日にも命が危なくなる。
 もう少し様子を見るか?
 早めに手術をして確かめ、いざとなったら腸を切り取るか?

 子どもは体力的に余裕は無い。
 
 私たちにその状態を確かめることができる機器も無い。
 命のリスクを犯して様子を見るか?
 ?どうする?
 心は、少し重たい現実に腰が引けている。

 しかし、今から緊急で開腹手術をしよう。
 こういうところでは、少し遅れるとそれが命取りになる。

 腐っているのか、そうでないのか。
 破れているのか、そうでないのか。

 私のエネルギーを点に凝集するように、一気にお腹を開け、腸を調べた。
 腐ってはいない。
 破れてもいない。
 
 子どもは大丈夫だ。
 すぐにお腹を閉じる

 開腹からわずか15分、閉腹。
 局所麻酔と最小量の血管麻酔。
 子どもは、お母さんを目で探している。

 多分、感染による熱か?
 抗生剤でこれから攻める。

 2週間後、この子どもが元気に帰る姿を想像する。
Commented by K.F. at 2009-07-22 17:55 x
感染にしては少し早すぎるような気がしますが・・・
腸が壊死してなかったのであれば、
嵌頓していた腸が炎症を起こした発熱か、または全身麻酔の影響による発熱が一番考えやすいと思います。
日本であれば対症療法のみで様子を見たいとこですが・・・
Commented by 田原光一郎 at 2009-07-23 01:07 x
感染にしては早すぎるという意味がわかりません。感染は既に起こっているのです。術後の発熱は通常3日までは当たり前でしょう。嵌頓していた腸が炎症を起こしているのは当たり前で、嵌頓解除で血中に放出されたサイトカインによる全身性の炎症反応で発熱したと考えるべきでしょう。全身麻酔で40度の発熱が起こるなどという理屈はどこで習ったか知りませんが、ナンセンスです。もう一度勉強しなおしたほうが良いですよ。手術までに5日嵌頓していれば通常腸管は壊死しているはずですが、肉眼で壊死がないと判断できたわけですから解除後に壊死が進むほうが不自然です。日本ならCTなどで発熱原因を検索できたところですが、現地では検査方法がなく致し方がなかったのではないでしょうか?しかしやはり、術後に40度の発熱を見たら通常の感覚の外科医なら何かとんでもないこと(腸管壊死、穿孔、腹膜炎など)が起こったと考えるのが常識的で、日本であれば対処療法でなどと呑気な事を言っているK.F.には現場の状況がわかっていらっしゃらない、というか外科医としてのセンスのなさを感じます。むしろ開腹してまで確認しようとした現場のスタッフの熱意に感服します。
by japanheart | 2009-07-22 03:14 | 活動記録 | Comments(2)